• 2018.02.17
  •   決断のとき






    K1の入試は無事に終わり。



    県外の高校の通信課程を選び、高校受験をしていない
    K1にとっては、大学受験は初めての大きな受験。



    今回、K1は4校受験し、その結果、
    3校の合格通知をもらったけれど、
    本命だった大学は、残念ながら不合格。



    2016年から始まった文科省による、
    都心の私大合格者数制限で、
    かなり厳しい中での挑戦。



    本命の大学は、入試に手ごたえを
    感じていたらしく、「不合格」の通知を
    受け取ってからはさすがに落ち込んでいた。



    毎晩、夜中の2時、3時に突然、私のところに来ては、




    「眠れない」


    「これからどうしよう」




    本命の大学には行けないけれど、
    他の大学は合格したわけだし、
    すぐにでも入学手続きをしないといけない。



    それでも、本人の気持ちは固まらず。




    「浪人して、もう一度大学選びから全部、
    リセットして挑戦したい。」




    ろ、浪人~!




    いや、せっかく合格した大学は・・・どうすんの?




    そこから何度も話し合いが続く。



    K1と私たち親、



    K1の通うサポート校の講師やアドバイザー、



    みな、できればせっかく合格した大学へ
    行った方がいいのでは・・・との考え。



    けれど、当然ながら決めるのはK1。



    彼の人生なのだから、私たちが無理強いできない。




    これはもう、最後の砦であるK1の恩師、
    コバヤシ先生に登場していただくしかない。




    朝のうちに、合格した大学に速達で
    入学手続きをしなければ
    もう間に合わないという日の前夜




    K1とコバヤシ先生は、夜中まで語り合った。




    結果。





    「K1君の浪人して来年また挑戦したい
    という気持ちは揺るぎませんでした。

    普通であれば、苦しい大学受験勉強を
    またやるより、さっさと合格した大学に
    入学してしまう子の方がほとんどでしょう。

    僕はむしろ、彼のしっかりとした考え、
    純粋な思いに感動して涙が出そうでした。」




    コバヤシ先生というフィルターを通して、
    それでもK1の意志が揺るがないというのであれば、
    これはもう、誰が何といおうと変わることはない。




    K1の人生、K1の意志を尊重してやるしかない。
    親ができることは、そのサポート。




    合格した大学への入学申請の期日当日、
    夫が出勤する直前、K1に最後の確認。




    「今日が締切だぞ。本当にいいんだな。」



    すると、K1は頷き、玄関まで降りて来て、



    「ありがとう」


    とひとこと、夫に言った。




    少し前の私のブログ、K1との別れがつらいと、
    さんざん落ち込んでいたのが、こうして
    もう1年一緒にいることに。何やら可笑しい。



    これからの1年はK1にとっては試練の1年。
    私にとって、たからものの1年。



  • 2018.02.15
  •   波乱の2月  パーキンソンの法則は・・・







    仕事帰り、先日オープンしたパン屋に
    また買いに行き、レジで会計をする際・・・




    財布がないっ!



    またやってしまった~。




    こうしたときにお金を忍ばせているスマホケースも





    そういや、前回財布を忘れた時に、
    緊急用の紙幣を使ったんだった・・・。




    幸い、先日のおしゃべりで顔を覚えてもらっていたので、
    後ほど代金を持っていくことにして、メロンパンを取り置き。




    今日は大学の成績評価提出の締めきりなのに、
    夫が車を使っているため、夕方まで動けない。




    なんだかなぁ。




    パーキンソンの法則・・・全然活かされてない。



    でもね。




    2月に入ってから、何とも落ち着かない日々が続き。




    長男K1の進学について。



    何度も夜中に語り合い。



    それもつい先日、先の光が見えてきた。
    詳細は次のブログで・・・・・・。



    スィーツ005





  • 2018.02.14
  •   久しぶりのランチ Jasmin






    久しぶりに、去年はなかなか会えなかった友人とランチ。



    これまた久しぶりのジャスミンで飲茶コース。




    カフェ150


    カフェ151




    私よりも年上のこの友人、いつ会っても
    全然老けていないし、会話が弾む。



    プロのカウンセラー&アドバイザーであり、
    モデルやDJも経験していた女性。




    思うに、若さの源はやはり、内側から・・・
    それも、常に好奇心旺盛だということかも。





    日本の商業ベースのバレンタインデーが
    嫌いな私、今日が14日だということも忘れていたら、




    「はい、バレンタインデーだから。」



    と、彼女からチョコレートを頂いた。



    この気配りも彼女の魅力のひとつ。




    私の周りには、カッコいい生き方をする
    先輩女性たちがたくさんいる。




  • 2018.02.13
  •   IGGY'S SHOP






    近所で、工務店らしき店が閉店してから
    ずっと空き店舗になっていた場所に、
    あっという間にパン屋が出来た。



    IGGY'S SHOP




    ショップ001





    お店のカラーはかなり好み。



    友人によると、ドンクで働いていた
    若い夫婦のお店だとのこと。



    開店初日であった3連休には
    大勢のお客さんで、あっという間に
    パンが無くなってしまったらしい。



    人込みの嫌いな私は平日におじゃま。




    広いスペースに思っていた以上に
    いろんな種類のパンが並んでいる。



    ショップ002




    聞くと、若い旦那さんがひとりで焼いていると。



    私のお気に入りの店、パサージュもそうだけど、
    ひとりで厨房を切り盛りするって・・・
    休む間もないだろうなぁと思う。




    お店の看板にもなっている猫のデザイン。
    店の名前、イギーは飼い猫の名前だそうな。



    猫話で盛り上がっていると、
    ぽつぽつとお客さんが入ってきたので
    お店をあとにした。




    店主はすぐ横の小学校出身。
    Uターンしての開店となる。



    若い人たちの起業、地域で応援してあげよう。



    ショップ003



    営業時間 08:30~18:00
    定休日 月、第2・4火曜日
    駐車場   店の前に2台~3台可




  • 2018.02.12
  •   ハッピー・ホルモン






    寒い夜中、24時間スーパーの入り口で
    野良猫を保護してから丸2年。



    保健所、警察署に届け出て、
    3か月間、飼い主が現れるのを待ち、
    その後に里親となった。



    名前は、保護した場所のスーパーにちなんで、


    ディオ。




    結局いまだに実年齢はわからない・・・。




    小さい頃から猫を飼っていたけれど、
    成人して家を出てからは飼える環境になく、
    猫との生活は30年近くぶり。



    毎日顔を見ているだけで癒される。



    飽きることなく。



    ただ、ただ、かわいい。




    甘えてスリスリしてきたりなんかしたらもう。



    で、あちらさんも、ゴロゴロと喉を鳴らす。



    このゴロゴロ。




    猫のゴロゴロと喉を鳴らす音の
    周波数は20~50hzの低周波。



    これはその音を聞いている人のセロトニン、
    別名ハッピー・ホルモンの分泌を促すらしい。


    ハッピー・ホルモンが分泌されると、
    副交感神経を優位にすることで
    自律神経やホルモンのバランスを整え、
    ストレスを軽減させるのだと。



    フランスではゴロゴロ・セラピーというのもあり、
    実際それで病気を治療しているのだとか。




    イイこと尽くしじゃないか。




    あの2年前の寒空の下で拾われたディオより、
    私たちの方が、ディオのおかげでシアワセになってるなぁ。



    ディオ017



    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード