• 2018.07.15
  •   若者が熱い! Dance Showcase Event SCRUMBLE Vo.29



    休日のキャンパス。




    学生11




    炎天下。




    暑っ!





    お約束通り、教え子の出演する
    ダンス・パフォーマンスを見に大学へ。



    学生10


    学生09





    会場へ着くと、丁度、教え子のタクミ君の
    パフォーマンスが始まった直後。



    ところが、各自3~5分程度のパフォーマンス中は、
    会場のドアからの出入りは出来ないのだという。



    え~、残念!と、受付で立っていると、女子学生が、




    「あ!たくみ君のお母さんですか!」



    また間違えられたよ。



    「いや、母じゃなく、英語の先生なんだけどさ、
    たくみ君を見に来たのよ~。残念。」



    すると、



    「え~!どうぞどうぞ!入ってくださいよ!!」




    と、特別に入場させてもらうことに。



    中へ入ると・・・・・・



    学生08



    想像以上の熱気。




    今回は他大学・・・鳥取大学の医学部の
    ダンス・サークルとのバトルなどもあり、
    ステージ上ではカッコいいダンスが
    繰り広げられていて大盛り上がり。




    休憩時間、何人もの学生から声をかけられた。




    こちらにもあちらにも、教え子が!




    なんだかねぇ~、




    教室にいたときより、活き活きしてるじゃんか。



    この子もあの子も、ダンスやってるんだ~と、
    その、教え子の数の大さにびっくり。




    若いっていいねぇ~


    彼らのエネルギーを直に受け、
    こちらも10歳くらい若返ったわ。



    学生07




    たくみ君の創作パフォーマンスも見事。


    学生12












    会場は、外の熱気の何倍もすごかった。






  • 2018.07.14
  •   個室へ






    結局、母は退院するどころか、
    別の病棟の個室へと移された。




    退院したくてしたくて、ずっと医者や
    看護師にそう言っていたらしく、
    自分でひとり家に帰っても大丈夫だと
    言ってきかなかったらしい。



    そんな中で、結局のところ、
    同じ病室の人たちに諭されて、
    どうやら頑固な母も退院を
    思いとどまって、医者の言うように
    もう少し入院生活を続けることになったと。




    この殺人的な暑さの中、
    入院生活を送ってもらっていた方が
    身内としてはありがたい。




    ガーデニング67




  • 2018.07.13
  •   Dance Showcase Event SCRUMBLE Vo.29





    教え子の出演するダンス・イベント。




    フライヤー08





    めちゃめちゃダンスのうまい学生です。


    島大キャンパス内の
    大学会館3階ですが、
    一般の方の入場OK。


    入場無料。




    7月14日(土)  
    開場 12:30
    開始 12:45



    ご興味のある方は是非。



  • 2018.07.12
  •   exterminator





    朝の英語サークルの生徒さん。



    先日、エアコンの室外機の中にハチの巣を発見。
    そこからハチが飛び出してくるのを見て、
    放っておくわけにいかず、最終的に
    業者に頼んで駆除してもらったらしい。


    ハチは怖いよね~なんて話をしながら、
    帰宅して、ベランダの片づけをしていたところ、




    なんと!



    我が家にもハチの巣発見。



    ハチ06



    しかも、ベランダへの出入り口すぐそばに。
    しかもしかも、巣には合計20匹くらいのハチ!




    気づかないうちにこんな巣を作っていたとは。



    近づくと、ブンブン飛んでくる。




    これは早急に駆除せねば。



    でもなぁ。




    今朝の生徒さんの話では、業者に
    駆除してもらった費用は税込5,400円




    う~ん。もったいない。




    何でも自分でやりたがりの私としては、
    ここは、人生初挑戦のハチの巣駆除を敢行。




    しかし近づけば巣から何匹も飛び出してくる。



    ヘタに刺されてアナフィラキシーショックで
    死んでしまってはシャレにならない。




    数分間、窓越しにハチの巣を睨みながら、
    いいアイディアを思いついた。




    ペットボトル作戦。





    ペットボトルの上半分を切って、
    これを巣の上からパカッとかぶせる。



    ハチ01



    で、キャップに小さな穴を開けておいて、



    ハチ02



    そこから殺虫剤のノズルを入れて、
    一気にプシュ~っと。



    ハチ04



    しかしだな。




    これ、真剣勝負。一度きりでなければ。




    もし、一度に全員を収容しなければ、
    ハチに逆襲されること確実。




    なんとか刺されずに一気にパカッと
    ふたをするにはどうしたら・・・




    で。



    思いついた。




    100均で買ってから放置していた例の、





    マジックハンド。



    ハチ07





    役に立つときが来たではないか。




    つるりと滑り落ちないように、
    ペットボトルとマジックハンドを
    ガムテープで固定し、



    ハチ08




    いざ、一本勝負。




    パカッ



    ハチ09




    やった。




    一気に殺虫剤を噴霧。




    人生初のハチの巣駆除は
    あっけなく終了し、
    お亡くなりになったハチたちを処分。



    ハチ10





    やれやれ、これで安心・・・





    と、思いきや。




    ・・・実働部隊が帰ってきた。




    1匹・・・2匹・・・と、


    さっきまで存在していた巣を目指して、
    我が家のベランダにやってくる。



    窓越しにず~っと観察していると、
    中には口に何かエサをくわえて
    帰還したメンバーもいる。



    で、




    「あれ?家はどこだ?どこいっちゃったんだ?」




    と思っているだろう、巣のあったあたりを
    グルグルとしつこく回っている。




    口に餌をくわえながら。



    何だかそれを見ていたら
    可哀そうになって、ジンとした。



    一生懸命働いて我が家に帰ってきたら、
    跡形もなく仲間も家も消えていたなんて。




    すまん。




    が、あんたたちと共存はできないのだ。




    もう戻ってくるなよ。







  • 2018.07.11
  •   学生たちの帰省






    キャンパス正門前で、以前の教え子にバッタリ。




    学生06





    「センセ、自慢していい?いい?」



    なにやらめちゃめちゃ嬉しそう。




    「うん、何、何?」




    「あのね、この間、2級建築士合格したよ。
    しかもね、トップの成績で。」




    すごい~!!



    彼との出会いは彼が大学1回生の時。


    その時から、「建築士になる」と言っていた。

    1級の前段階の2級、けっして容易な試験ではなく、
    今回の合格率は3割程度だったらしい。



    それをトップの成績で合格。
    よかった、よかった。





    今日はある学生が、授業のあとで教壇にやってきて、



    「実は実家が今回の大雨で被災して・・・。
    もしかしたら来週は授業に来れないかもしれません。」




    別のクラスでも、家が被災して、
    しばらく休みます・・・という学生が。



    今月末には期末試験が控えている彼ら。




    気の毒でならない。






    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード