• 2011.07.04
  •   チーム・ドラゴンの哀れ






    よく腹を立てる私だけれど、今朝は怒り心頭だった。



    そう。松本復興大臣のバカ発言



    まず松本大臣、村井宮城県知事が自分を出迎えるべく、先に
    部屋に入っていなかったことに立腹。



    「あとから自分(村井知事に対して)、入ってきたけど、
    お客さんがくるときは、自分が入ってきてからお客さんを呼べ。
    いいか。長幼の序がわかっている自衛隊なら
    そんなことやるぞ。わかった?」



    松本よ・・・お前は何様じゃ!!



    自分を「お客さん」と呼ぶ、その人間としての薄さ加減に、
    怒りを通り越して唖然とした。



    未曽有の災害を受け、日本国民のみならず、
    世界の人々も復興を目指し、自分にできることで
    精いっぱい活動している中で、
    アンタは何をしているのだと。



    何を根拠に、大臣の方が知事よりエライというのか。
    いや、アンタ、同じことを
    避難所で苦しんでいる被災者の前で言えるんか!



    毎日、毎晩、不自由な暮らしを強いられている人々に、
    心身ともに疲れ切り、不条理の中、何とか生きようとしている人々の前で、



    「俺は客として来た。敬意を払え。」



    なんて言えるんか。言えるもんなら言ってみろ!



    アホか、お前は。




    宮城入りする前の岩手でも、



    「知恵を出したところは助けるが、知恵を出さないヤツは助けない。」


    「九州の人間だから、東北の何市がどこの県とかわからない。」




    などなど、知性を疑う、立場をわきまえない発言の数々。



    挙句の果てには、


    「しっかりやれよ。今の最後の言葉はオフレコです。
    書いたらその社はもう終わりだから。」



    と、脅しで終わった。




    テレビで観ていた限り、この暴言を受けた
    村井宮城県知事は、笑顔で対応していた。


    その後、夕方になって記者会見し、


    「もっと平等な立場でのモノの言い方をしてほしかった」


    というようなことを言っていた。



    私はこれも気に入らない。
    (昨日、ソクラテスの言葉を書いたばかりだけど・・・。)



    なぜ、あの場所で断固として抗議しなかったのか。
    立場を思ってぐっとこらえたのか。
    それがあの、ヘラヘラした笑顔につながったのか。



    あれだけ無礼な態度を取られ、何故黙っているのか。
    そんだけ国が偉いのか。



    機嫌を損ねたら、反論したら、援助が得られないとでもいうのか。



    そしたら断固、戦えばいいじゃないか。
    そんな理不尽がまかり通ろうとするのなら、
    東北代表として、被災者代表として、そして、
    この災害で亡くなられた全ての人々の名誉のためにも、
    断固として発言撤回要求をすればいいじゃないか。



    何がお客を出迎えるだ、ふざけるな!



    未曽有の事態、災害はどんな時に、誰のところに降りかかるかわからない。
    国民すべての問題なのだから、堂々としてれいばいい。


    駆け引きなんて関係ない。



    今日になって、自分の発言が、

    「B型で短絡的だから」

    「九州の人間なので、言葉足らずだった」


    などと、幼稚な釈明をしていた。

    結局、自分の非を認めてはいない。
    悪かったのは、九州の人間であり、B型だからと。



    こんな程度の人間がお大臣になれる日本。


    いますぐ辞任すべき。


    大臣よ、部落解放運動家だった父・松本英一氏が、
    草葉の陰で泣いてるぞ。





    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    はぁ~

    結局こいつも世襲だよ。所詮。
    わたしゃとにかく世襲だけはきらいだね。

    怒った、怒った!

    いいぞ、いいぞ、その調子!
    国民みんなで怒ろうぜ!

    私は今朝、新聞でこの記事を読んで、この勘違い野郎にも
    腹立ったけど、美穂さん同様、そんな態度に物言えぬ
    腰抜け知事にも腹立ったね。
    新聞には、面会後、知事は記者団に、
    「地元のことをよくわかっている方が大臣に就任して喜んでいます」
    なんて、松本のことを評価してたって書いてあって、アホだこいつは、
    と思ったね。 後になって松本に対する嫌みを言ってたらしいけど、
    面と向かって正々堂々と抗議しろっ!

    まったく日本にはろくな政治家がおらん。
    これって国民の責任でもあるんだろうね。
    ほんと、恥ずかしい。

    あの発言は

    誰もなり手の無かった嫌々で受けた大臣職だったから わざと辞任するために言ったような気がしてますよ!

    違う角度でコメントします。

    俺様大臣はもう辞任の意向だそうです。
    “そりゃそうだろう”そんな人を選んだことが間違っているんだから。。。

    今回、この記事とコメントを読ませていただいて、セレンさんもお友だちも「スパッと」自分の意見をその場で言える人だな~。キレる方々だな~と思いました。そういう人に憧れます。
    でもね、宮城県知事まで非難しないであげて欲しいです。
    なぜなら、私もこの知事と同じ対応をするだろうなと思うから。
    知事の顔は、笑顔は作っていましたが、決して心からの笑顔ではなかったのは見て分かりましたよ。
    きっと、その場でスパッと言えない立場・・・または性格の人もいるのではないかと、私は思います。

    言葉は出してしまうと、取消が出来ません。
    私の場合ですが、思わず言ってしまったことで、人を傷つけたことが何度もあります。
    だから、良く聞いてから自分の言葉を選ばないと発言が出来ないと思うので、どうしても必要でない限りは、言葉少なになってしまうので、それは自分のコンプレックスでもあり、思い通りに機転の利いた話っぷりをする方には、心底憧れます。
    また最近では、自分の書く力が大したことないな~と、こうしたコメントを書いていると感じるのです。
    でも、だからこそ広報やってたんだろうなと思います。
    自分の伝えたいことを何度も書き直すことが出来るからこそ、私向きなんだろうな。って実感したところです。(笑)
    …と、余談でした。どうでもいい私の場合を書いてごめんなさい。
    ちょっと、心が痛かったので、知事をフォローしました。

    いつの世も、どの国も

    kuniさん

    日本だけでなく、アメリカも世襲制がまかり通ってるし、
    中東などは世襲制どころか独裁制。
    一体、誰のための政治なのか。

    権力志向・・・人間の本能でしょうか。むなしい。

    辞めるみたいだね

    K子さん

    大人、辞めるみたいだね。昨日の時点では続行と言っていたのに、
    辞任・・・みっともない。

    私もあとになって、大臣を皮肉った発言をしていらっしゃるのを聞いた
    けど、それって如何なものかと思う。面と向かって言えないのに、
    あとで非難するってね。そっちの方が簡単だから。

    大臣だろうが、知事だろうが、そもそも誰の代表として、誰を
    代弁するため、誰のために戦っているのか、しっかりしてほしい。

    そうらしいですね~

    ruikosutaさん

    私も昨日のニュースで、この人そもそもこのポストを引き受けたく
    なかったって公言してたと知りました。

    意図的だとは私は思いませんが、もしも意図的にこのような
    混乱を招いたのであれば、国民を愚弄するにも程があります。
    もっと悪質です。化けの皮が、つい口が滑って剥げてしまった
    というほうがまだ人間らしい。

    再び、私の思いです

    hiroさん

    久々の熱いコメント、ありがとうございます。ようこそバトル・フィールドへ(笑)。

    hiroさんの書かれていることもよ~くわかります。
    そして、一理ある、と思います。

    が、今回のことに関しては、私はやっぱり自分がブログに厳しく
    書いた通りの思いです。

    私も、笑顔がひきつっていたのは観ましたよ。そして私、
    ブログを書く前に、このニュースを、いろんなテレビ局が
    扱っているのを殆どすべて、
    何度も再生してみました。大臣の後ろにいる取り巻きの顔も、
    全員、どんな風に変化していくのか観ました。
    そして、報道記者、カメラマンたちの様子も、県の職員の顔も。

    殆どニュートラルか、あるいは凍りついて何も言えない状態で、
    ただ大臣に合わせて笑いを返していましたね。

    これって、相手を傷つけないためのベストな状況でしょうか。
    私は、見るべきところは、この人たちは誰のためにこの会合を
    持っているのか・・・だと思うんですね。

    あれをテレビで観ていた被災地の人たち、どんな思いがしたでしょう。
    「レベルが低過ぎて憤りを通りこした」「バカにしている」などの
    反応がテレビでは映されていましたが、あのニュースを観ていた
    多くの被災地で未だに避難所生活をしている人たち、どんな思いで
    あれを御覧になったでしょう。

    私は、だからこそ、知事は断固として反論すべきだったと思うんです。
    百歩譲って、反論せずとも、「笑顔を返してはいけない!」

    笑顔を返すのであれば、夕方になってからの昨日の大臣を非難する
    記者会見を持つべきではない、と強く思います。

    hiroさんのおっしゃる、「言葉は言ってしまったらおしまい、人を
    傷つける」というの、よくわかります。私も何度も失敗してますし、
    失敗したことのない人はいないと思いますよ。

    でもだからこそ、大臣、あの立場であの言葉は取り返しがつかない
    んです。そしてね、あの歳になってもあれだけ呆れた暴言を吐けると
    いうことは、これまでの人生で本当の意味で自分の発言の重みを
    感じたことがないのでしょうし、誰も苦言を呈す側近、友人がいなかった
    ということではないでしょうか。

    そして今回も、あの場に何十人もいい大人がいて、誰一人「ちょっと
    待った!」と言えない。これは日本人特有なことでもあるでしょうが、
    「その場ではなにも言わない」。本当は言うべきことも、言わない。
    だから、言った相手は事の重大さがいくつ歳を重ねてもわからない。
    で、また同じことを繰り返す。

    ある程度の年齢になり、ある程度の重責を持った人間が、あの程度
    の発言をするということは、「叱られてこなかった人生」だからだと
    思います。上から目線でものを言う人間は、下の人間から、反撃に
    あったことがないんだと思います。

    知事に対して、このブログの記事や、コメントがかわいそう・・・と
    思うhiroさんは、もし自分が知事の立場だったら、どういう対応がベスト
    だったと思いますか?公の人間となり、マスメディアに全てさらけ
    出される立場として、どうしたらよかったと思います?

    知事がとった行動・・・あの場では笑顔で笑い返し、
    夕方からの記者会見で、嫌味を言って反撃する・・・これって、
    世間の後押しがあったから強気に出た・・・ってことかもしれません。

    もしかしたら、hiroさんのおっしゃる通り、スパッとものが言えない
    性格の知事なのかもしれない。
    でもね、立場上・・・とhiroさんは書いておられたけど、本当は
    立場をわきまえたら、断固として反論すべきだ、と私は思うんです。
    実際、後になってから大臣を批判しているわけですから。マスメディア
    を使ってね。

    その時は堂々と皮肉を言っていらっしゃる。

    じゃあ、あの場でものを言えなかったのはなぜでしょう?立場上・・・
    というより、保身ではないか・・・とも思えてしまうのです。


    誰も、強くて怖い相手に意見をするのはとても勇気のいる
    ことですからね。他人と意見が衝突する・・・というのは、
    ものすごくエネルギーと覚悟がいることだから。

    たとえ孤立無援になろうとも、たとえ支持者がいなかろうと、
    信念を貫く・・・そんな人に私は敬意を表するし、自分もそうでありたい
    と思います。

    黙っていることが、最良の解決法だとはどうしても思えないんですよね。
    だって、この日本はそうして、出る杭を打ち、和を乱すものを排除し、
    意にそぐわないものを村八分にしてきたんですから。

    確かに、言った言葉は取り返しがつかないです。私も何度も失敗
    している。でも、だから黙ってしまおうとは思わない。失敗することは
    いけないことではない。もし相手をそれにより傷つけてしまい、
    こちらに非がある時は心からの謝罪をする。発言を恐れて黙って
    しまってはダメだと思うんですよね。

    達観して、意見を言わなくなるのと、相手を傷つけたり自分が
    傷つくのが怖くて本音を言わないのとは違う。

    私は、オフレコだと脅されたにもかかわらず、今回真っ先にテレビで
    あの会見を暴露したテレビ局にエールを送りたいし、それを
    記事にした記者たちも記者魂を持っていると思う。

    彼らこそ、口から出す言葉ではなく、彼らの書く文章を武器に
    戦っているのですから。

    難しいですよね。hiroさんのおっしゃることもよくわかる。
    ケースバイケースですね。だから、知事のことを悪く言うのがよくない
    シチュエーションもあると思う。

    だけど今回は、私は国はお客じゃない!というところが、ものすごく
    重要なポイントで、あれは知事が代表する県民全てを愚弄する
    言葉だと思ってます。国の施策が正しかったのか。国と地方は
    共に全力で復興への道を歩んで行くべきです。それを、国から
    来た俺は客だ、そして、ちゃんとしないなら助けないぞ、って、
    憤りが収まりませんよ、私。

    あの愚弄ののちのジョークに笑顔で
    返し、大臣のいないところで皮肉る知事・・・、一般人ならともかく、
    これが県の代表者のとるべき行動だったでしょうか。つらいお立場だ
    というのもわからないではないですが。少なくともカリスマ的に引っ張って
    行ける人ではないですね。

    あれを観て、県民、被災者の方々がどう感じたか・・・これが
    今回のことについては答えではないか・・・と思います。

    別の角度からのご意見、参考になりました。ありがとうございます。
    言い悪いは別として、本音でブログを書いて、こうして
    いろんな方がそれぞれ違ったコメントを下さる。
    ディスカッションできるっていいです。

    まるで・・・

    あなたの言葉を読んでいたら、まるで、村上春樹のエルサレムのスピーチのような気がして来ましたよ。
    私はあれを聞いて涙が出ました(いつもの事ですが・・・)

    私はいつでも壁(体性)に向かって投げつけこわれる卵(少数の弱者)でありたい。常にそちら側に立っていたい。
    でしたっけ・・。




    字をまちがえた

    i-184体性じゃなくって、体制ですね。

    恐れおおいです・・・

    kuniさん

     「高くて、固い壁があり、それにぶつかって壊れる卵があるとしたら、私は常に卵側に立つ」・・・ですね。


    とてもあの方のような高貴な意志を持っているわけじゃないですが、
    体制に逆らう勇気は失いたくないです。

    今は平和な(とも言い難いですが)日本だけれど、本当の意味で
    個人の自由や言論の自由が奪われる時代となったら、
    こんな甘いこと言ってられないでしょうけど・・・それでも、
    逆らう勇気、声を出す勇気を理想として生き続けたいです。

    ここに村上氏のスピーチ全文が載ってます↓
    http://www.47news.jp/47topics/e/93925.php

    良い切っ掛けぐらいにはなれたでしょうか?

    腹を据えてのコメじゃなかったので、正直戸惑っています。
    まず、バトルなどする気もサラサラないし・・・。
    ただ、知事を気の毒と思った。それだけポロッとコメして何だかどうお返事していいのやら・・・。
    お返事を読んで思ったことは、「セレンさんが政治家なら良いのに。こんな政治家がいたらこの国も良くなるだろう。」ということです。
    政治のことをわからずへなちょこなコメして、ディスカッションにもならず、ごめんなさいです。
    この件に関して熱い思いがあれば、すぐに返事が書けたと思いますが、やっぱり時間がかかりました。
    でも、この“へなちょこ”を機会に思いは存分に書かれたかとお見受けしました。それだけでも書いたかいがあったかと思っています。
    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード