• 2017.08.04
  •   シカゴ・ファイア シーズン3




    AXNで絶賛放送中のアメリカン・ドラマ、
    シカゴ・ファイアのシーズン3。



    主要キャストのひとり、ケリー・セブライトのセリフから。

    ちなみに、海外ドラマファンはよく知っているだろうけど、
    セブライト演じるテイラー・キニーはレディー・ガガの元カレ。



    出火現場に駆け付けると、
    炎の燃えさかる窓から
    真っ先に逃げ出してきた、夫。


    セブライトたちは家の中に取り残された
    妻を救出すべく、炎の中へ飛び込んでいく。



    無事に2人を救出したのち、
    妻を置いて先に逃げ出してきた夫が、
    まるでヒーローのようにテレビの
    ニュースのインタビューにこたえているのを見て、
    救出作業にあたった消防隊員たちは
    夫のことを「妻を置いて我先に逃げ出したくせに」と、
    皆で笑いものにしていた。


    数日後、夫が消防署を尋ねてくる。
    救出にあたった消防隊員たちに
    感謝を述べるけれど、
    どの面を下げてやってきたんだ、と
    隊員たちは白けた顔で出迎える。


    そこで、「・・・実は・・・」と、夫が
    着ていたシャツを脱ぐと、彼の身体には
    大やけどの痕が。


    子どもの頃、火事に巻き込まれ、
    大やけどをおったトラウマから、
    パニックになり、妻を置いて
    真っ先に逃げ出してしまったのだと。



    それを聞いた隊員たちの顔からは嘲笑が消えた。



    彼が立ち去った後、セブライトが
    他の隊員たちに向けて言ったセリフがこちら。



    ドラマ06



    字幕では、「大変な経験をしたんだ」
    となっているけど、実際の英語のセリフは、


    "walk a mile."


    「ウォーク・ア・マイル」、直訳すると、
    「1マイルを歩く」という意。


    実はこの表現は、


    walk a mile in someone's shoes



    を、短く言ったもの。



    walk a mile in someone's shoes を直訳すると、
    「誰かの靴を履いて、1マイルを歩く」ということ。


    そこから、


    「相手の立場になって考える」


    という意味となる。



    それを知ったうえで、
    自分ならどんな日本語字幕にするか
    考えるのもまた楽しいというもの。








    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード