• 2017.06.17
  •   ケサラ 越路吹雪





    今夜のウォーキングのお供は、


    越路吹雪のケサラ。



    夕日で空がオレンジ色になり、
    それがだんだんと暗くなっていく夜空を見ながら、
    越路吹雪のケサラを聴いていたら、
    何だか胸が熱くなって、泣きそうになった。



    たった一人、ヘッドホンを通して聴いていたから
    余計に歌詞が身に染みたのかもしれないし、
    夜空にセンチメンタルになったのかもしれない。



    ウォーキングには合わない曲だったけど、
    帰り道、10回以上再生しながら歩いた。




    私の中ではずっと、若い頃から
    ある言葉が胸に残っている。



    アメリカで働いていた時、
    政治亡命してアメリカに移住した
    イラン人の上司から言われた言葉。



    「人生で変わらないものは何もない。」



    20代で聞いたその言葉が、
    50代になった今、余計に身に染みる。




    動画を貼り付けようと、You Tubeを検索したけど、
    さすがに越路吹雪がこの曲を歌う動画は古すぎて見つからない。



    で、気づいたのだけど、
    この曲はいろんな人がカバーしていて、
    しかも歌詞も多様に訳されている。



    いろいろ聴いてみたけれど、
    やはり私は越路吹雪のバージョン、
    岩谷時子という人が訳している歌詞がいい。





    ケサラ


    平和で美しい国
    信じあえる人ばかり
    だけどあしたはどうなることやら
    だれもわかりはしないさ

    ケ・サラ サラ クエル ケ・サラ
    私たちの人生は
    階段を手探りで歩くようなもの
    ケ・サラ サラ クエル ケ・サラ

    固く結ばれて
    誓い交わした友だち
    だけど 背きあうことも
    きっとあるだろう
    だれもわかりはしないさ

    ケ・サラ サラ クエル ケ・サラ
    私たちの人生は
    涙とギター道連れにして
    夢見ていればいいのさ

    アモーレ・ミオ 口づけした
    初めての激しい恋
    だけどいつかは冷たくなるのさ
    だれもわかりはしないさ

    ケ・サラ サラ クエル ケ・サラ
    私たちの人生は
    涙とギター道連れにして
    夢見ていればいいのさ

    ケ・サラ サラ クエル ケ・サラ
    私たちの人生は
    階段を手探りで歩くようなもの
    ケ・サラ サラ クエル ケ・サラ

    ケ・サラ サラ クエル ケ・サラ
    私たちの人生は
    涙とギター道連れにして
    夢見ていればいいのさ



    書きながら、聴きながらまたジ~ンとしてきた。







    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード