• 2017.06.06
  •   怒り指数MAX






    最近では、国会中継での安倍総理の顔を見ようと、
    相次ぐテロ事件のニュースを聞いても、
    怒りエネルギーを放出しないようにしていた。



    穏やかに、穏やか~に日々を送る。



    で、血圧も安定すると。 




    が、しかし。





    久しぶりに堪忍袋の緒が切れた。     


    まあ、もとも堪え性がないので、
    堪忍の袋など持っていないけど。




    現在、通院治療中の歯科で、
    歯医者とその医者担当の歯科衛生士が、
    あまりにも横柄な言動をしたため、




    ブチ切れた。     



    大体、この1年の私は、
    心穏やかに・・・を目指しているので、
    イラッとすることがあっても、
    軌道修正するようにしていた。



    この歯科医と衛生士の2人の以前からの
    対応のひどさにも、まあまあ
    しょうがないわな・・・と、文句も言わず
    これまでも我慢してきた。



    私に対してだけではなく、この2人に関しては
    あちこちで、その対応の横柄さを漏れ聞く。



    が。



    今回ばかりは聞き捨てならない物言いに、
    その場で医者と衛生士に対して反論をした。



    反論をした結果、
    さらに横柄な態度を取られ。




    もうね、私の中のスイッチが入ってしまった。



    医者がどんだけ偉いんじゃ!




    診察終了後、代金を払い、
    その足でこの病院に勤める友人の
    看護師に会いに行き、




    「この病院のトップに今すぐ
    会いたいんだけど、誰?
    会う段取りしてもらいたいの。」



    いくつかの部署に電話を入れてもらい、
    まずは歯科の所長という方と
    お話をさせてもらうことに。



    今回の経緯・・・詳しくは書かないけれど、
    事情を説明したところ、医師の発言に
    呆れていらっしゃった。




    そして、お話をするうちに、
    今回の問題の根底にある
    もっと根深い問題がわかってきた。



    1時間ばかり話をし、
    次は常任理事の元へ。




    どうしても、伝達ではなく、
    たった今起こった出来事を
    自分の口から説明したかったので、
    さらにトップの肩書の方に
    同じように詳細を説明。



    「今回の件につきまして、早急に
    面談を行い、状況を調べ、
    ご連絡を差し上げます。

    今回の苦情について、できれば
    書面にして病院へ出していただけないでしょうか。

    書面にしていただければ、きちんと
    形として受付処理もされますし。」



    喜んで。



    この病院では、患者からの苦情を入れる
    箱が、院内の数か所に設置されている。



    患者からの文書による苦情は、
    病院側の回答とともに貼りだされる。


    苦情の多くは匿名で出されるけれど、
    私はしっかりと自分の名前を書く。



    自宅に帰り、A4にして4枚の抗議と
    提案書を作成し、今朝、直接手渡した。



    今回の発言の本人たちを呼んで、
    私と、管理職在席の元、今回の言動について
    どう考えているのかを説明していただく
    時間を作っていただきたいという要望も出した。




    肩書を持つ人間が、それに胡坐をかいて、
    自分が偉くなったような錯覚をしてはおしまい。




    医者が患者を下にみるような高圧的な言動をとるようなら、
    医療の世界にいる資格はない。



    「あの人たちは医者になることを選んで
    医者になったってこと。

    私たちは、医者になることを選ばなかった・・・
    ということ。たったそれだけの違いよ。」



    友人からそんなことを言われ、
    妙に納得した。



    ホントに。たったそれだけのこと。



    間違っていると思うことは、
    相手が誰であろうと、
    正々堂々と発言する。


    そこがぶれたらおしまい。




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード