• 2017.05.25
  •   見えない力




    今日のお昼は長男K1が在宅しているので、
    仕事帰りにお昼ご飯を買って帰ることに。




    コンビニに行こうか、ハンバーガーを
    買って帰ろうかと迷った結果、
    バーガーキングに決定。



    いつもならドライブ・スルーで注文するけれど、
    今日はなんとなく、車を停めて店内へ。



    注文の品を受け取り、店を出ようとしたところ、
    数年ぶりに、ある人とバッタリ出会った。



    この人とは20歳の頃に出会い、
    まあ、正直言っていろいろと振り回された。




    その後、私はアメリカへ移り住み、
    連絡は途絶えたけれど、
    狭い松江、帰国後は何年に1度かは、
    どこかのイベントで出会ったり、
    共通の友人を通して顔を
    合わせることはあった。



    会うたびに、以前会った時とは全く違う
    職に就いていたり、言うことがかわったりしていたので、
    正直言ってあまり親しく付き合いたい相手ではなくなっていた。





    数年ぶりに再会し、バーガーキングの店内で、
    当たり障りのない挨拶を交わしていたら、突然、



    「若い頃の自分は、本当にひどい人間だった。
    あの時、迷惑をかけて、申し訳なく思ってる。
    本当に迷惑かけて、悪かったと、最近
    いろんな人に対してそう思っているんだ。」



    唐突なカミングアウトに驚いた。




    まさか、そんな反省を口にするような
    性格ではないと思っていたから。




    お互い、歳をとったなぁと思う。




    歳をとり、自分の人生を振り返る。




    今だからこそ、愚かだった自分に気づく。
    私にも同じ思いがあるから、よくわかる。




    「終わりよければすべてよし・・・でいいじゃない。
    あの頃、あんなことがあったから、今の私があるし。

    物事はすべて、意味があって起こると思うよ。」




    本心からそう伝えた。



    「あの頃の美穂さん、正義感が強かったよね。
    今も同じ目をしてるよ。」



    彼がそう言った。



    あの頃の私は、向こう見ずで、
    自分を過大評価し、
    自己主張ばかりしていた。



    そんな私を優しく見守ってくれた人や、
    許してくれた人がいたからこそ、
    今の幸せな私がいる。




    人との出会いも別れも、意味があってのこと。




    コンビニを止めて、バーガーキングへ行かなければ、
    会うこともなかっただろうし、ましてやドライブ・スルーを
    使っていたら、同じ時間に同じ空間にいたにもかかわらず、
    気づかず通り過ぎていた。出会わなければ、
    この謝罪の言葉を聞くこともなかった。



    彼には、私に謝罪する機会を、
    そして私にはそれを受け入れる機会を、
    見えない何かの力が与えてくれたのだと思う。



    ディオ08







    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード