• 2017.03.12
  •   青臭い思い出






    週末、ディオを病院へ連れていくのに、
    診察券が見つからず、引き出しを片っ端から捜索。



    とうとう見つからない診察券。




    いつも、肝心な時に探し物が見つからない。



    昔から整理整頓が大の苦手で、
    特に書類関係はもうめちゃくちゃ。




    我ながらいい加減にこの状態にウンザリし、
    一気に断捨離をすることにした。




    部屋中に山積みになる本や書類、雑貨を見ながら、
    長男が冷ややかな顔をして、




    「そういうのはね、毎日少しずつやるんだよ。わかる?」




    言い返そうにも言い返せない。



    何故なら彼は、ものすごく整理整頓が上手で、
    我が家の中で一番ぴかぴかなのは彼の部屋。



    大量の本には囲まれているけれど、あとはすっきり。



    いざ断捨離・・・と片っ端から本棚や引き出しから
    古いものを取り出していくと・・・



    懐かしいものを見つけては手が止まる。




    いかん。



    いかん・・・が、懐かしい。何十年も目にしていないものもある。




    その1つに、こんなものを見つけた。



    アメリカ02




    今から30年も前の、決意表明。



    アメリカに留学するための軍資金稼ぎに
    明け暮れていた20歳の頃。


    何としてでも夢の実現をするべく、
    自分を鼓舞するために書いたと思われる。



    茶色く変色したA4の紙に書かれていたのは・・・





    AMERICA


    アメリカに行ってカレッジを卒業するという事は、
    私にとって大きな挑戦である。

    出来る筈である事を黙って見ている事程
    つまらない物はない。

    何かをやり遂げた時の喜びを私は味わいたい。

    アメリカは私にとって夢である。

    しかもそれは手に届く所に待っている。

    自信がなければ「自信がある」と言って
    それを本当に自信にしていくのが私のやり方だ。

    自分の弱さはよくわかる。

    だから負けたくはない。

    これから先、何が起こるか誰にもわからない。

    今出来る事は今しなければならない。
    出来ないことは何もない。

    人がどうあろうと、何をいおうと私には関係ない。

    人のための人生ではない。

    自分が判断を下すのだ。





    ・・・なんて青臭い。



    だけど、なんていとおしい。


    あのころの自分がいとおしい。
    20歳の頃の、一生懸命だった自分がいとおしい。



    時に揺らぎそうになる気持ちを鼓舞していたんだろうなぁ。



    まだ見ぬアメリカという国に、
    あこがれと不安を抱いていたんだろうなぁ。



    小学校の頃からの夢だった、
    英語を使う仕事や、海外移住。



    その一歩を踏み出したあのころ。




    だから今の私がある。




    点と点はつながる。



    スティーブ・ジョブズのことば。



    アメリカ01




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード