• 2017.01.22
  •   沈黙 - サイレンス -



    一昨日の講義終了後。


    マニアックなほどに映画好きの男子学生が、
    自分は自転車と電車を乗り継いで、
    朝早くから出発し、出雲まで映画を観に行く・・・
    と言っていた。


    本物の映画好きだな。



    同じ日の夜、夫が



    「久しぶりに出雲で映画観る気ないか?」


    と聞いて来た。



    封切り初日に、楽しみに待っていた
    スコセッシ監督の映画、「沈黙」を観たいのだと。



    映画03




    私を誘った理由はというと・・・



    夫婦50割引というのがあって、
    夫婦のどちらかが50歳以上だと、
    2人で2,200円。これ、かなりの割引。


    そういえばもう何年も前に、
    スティーブンと一緒に映画を観に行ったとき、
    何も言わないのに売り場の兄ちゃんが
    勝手に私たちのチケットをこの割引にしたことがあり、
    一体どっちが50歳以上に見えたんだよ?!と
    憤慨したこともあったなぁ。しかも夫婦じゃないし。



    というわけで出雲へ。



    評判も高く、先日もNHKで特集が組まれていたこの映画。
    スコセッシ監督、名だたる日本の俳優陣・・・となれば、
    かなりの観客数か・・・と思っていたのに、
    初日だというのに人はまばら



    ホントにみんな映画を観なくなったんだなぁ。



    約3時間の長編映画。私は原作を読んでいないけれど、
    遠藤周作のこの小説は、史実に基づいた、
    実際の人物をモデルにして書かれたものらしい。


    ちなみに、重要人物の1人であるキチジローは
    遠藤周作自身を投影させたものだとか。



    映画の内容はネタバレになってしまうので
    書かないけれど、浅野忠信とイッセー・尾形の
    英語の上手さには驚いた。
    話し方の抑揚がとても自然で発音もきれい。


    彼らが英語を話すのはわかるけど、
    村人の多くまでが英語を話す。

    あの時代にこれだけ英語が流ちょうだという
    設定は無理があるんじゃないの?とも思うけど。


    ま、字幕スーパー嫌いのアメリカ人向けには
    こうするしか仕方ないのかもねぇ。



    イッセー尾形の目の演技は見事。
    その、変化の激しい感情表現を
    目だけですでに演じている。



    中でも、ぞぞっとしたシーンがあるんだけど、
    これも、ここで書いてしまっては興ざめなので。



    浅野忠信は惚れ惚れするほど男前だし、
    キチジロー役の窪塚洋介もはまり役。

    キチジローという存在は、いろいろと
    考えさせられるものがある。


    ちなみに彼は、最初のオーディションでは
    受ける以前に、部屋に入った途端、
    ガムを噛んでいたその態度に、


    「マーティンはお前みたいなヤツが大嫌いなんだよ。」


    と、すぐに退室させられたらしい。




    信じる宗教というものを持っていない私には
    自分がどこまでこの映画を理解できたかはわからない。


    この映画はクリスチャンが観たら
    どう思うのかと聞いてみたい。



    布教にやってきた宣教師と改宗した日本人たちへの
    迫害の歴史。宗教が異なるというだけで、
    徹底的に信者を棄教あるいは処刑してきた歴史。


    映画ではかなりリアルにその様子が書かれている。
    ISを思わせる斬首シーンも出てくるし、
    スコセッシの描く日本の役人たちは、容赦なく
    村人たちを殺していく、非情な人間として描かれている。


    あの当時の日本人にとってのキリスト教とは
    何だったのかということも描かれている。



    でも映画ではなぜ、キリスト教が禁止されたのかという
    側からは詳しく描かれていない。あくまで、
    宣教師の視点から一方的に描かれている。





    あのキリスト教弾圧の歴史がなかったら、日本は、
    今の日本とは全く違う国になっていたかもしれない。

    植民地化されずにすんだ・・・という
    考え方もできると思う。



    赦し、欺瞞、信仰・・・奥の深い映画ではあった。



    とにもかくにも、自分の歴史知識の未熟さ故、
    もう一回、日本史を勉強しようか・・・と、
    映画の内容とは別の感想を持った。




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    なんと!アカデミー⁉

    この映画で、イッセー尾形がアカデミー助演男優賞にノミネートされるんじゃないか?と言われているらしいよ!一部でね。(笑)

    いいね~!

    Billy the kid,

    久しぶりのコメント、ありがとう!

    そうなったらいいね~。いつ発表だっけ?もう今週中かしら?

    じっくりと彼の演技を観たことがなかったので、こんなにうまい役者さんだとは驚いたよ。

    顔の表情、身体で演技をしてる。セリフはいらない(笑)。
    もうね、見事だった。誰の演技より輝いていたな~。

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード