• 2016.12.30
  •   年の瀬






    スティーブン、後日談があり。



    壊された家電の代替品を持ってきてもらい、
    一件落着・・・かと思いきや。



    今朝、またもスティーブンから電話が入り、




    「もうね、次から次へといろんなことが起こるから、
    ちょっと心を落ち着かせないと・・・。

    今度はね、テレビが突然つかなくなった。」




    なんと。



    100万ボルトかどこかに電話をして、
    修理の人を派遣してほしい・・・というスティーブンに、




    「ちょっと待って。これはきっと、一昨日の
    電気系統のトラブルと関係があると思う。

    私が今から中電に電話するから待って。」




    そう言って電話をかけるも、もう30日。
    オフィスは誰も電話に応答しない。



    名刺の裏に、「停電等の緊急時は24時間対応」
    という、フリーダイアルがあったので、そこへかける。



    オペレーターの男性に詳細を伝える。



    「年末だっていうのはわかってるけど、
    何としてでも今年中に問題解決してもらわないと困るのよ。」



    ちょっと語気を強め、すぐに対応するように依頼。



    10分後、例の下請けから電話が入る。



    スティーブンの家に再度行って、
    壊れたテレビを何とかしてくれと伝える。



    数時間後。



    スティーブンの家には新品のテレビが届いたそうな。




    今回のことで、下請けさん、どれだけ出費があったことか。



    電話機、
    電気カーペット、
    インターネットモデム、

    そして・・・


    テレビ。



    まさか修理を担当したおまぬけな若者が
    費用負担することはないと思うけど、
    この年の瀬に相当怒られてるだろうなぁ。




    ともあれ、大晦日にスティーブンが
    あったかいカーペットの上で、
    テレビを観ることができて私も一安心。





    数日前に、久しぶりにK1の恩師の
    小林先生が我が家に。



    K1と一緒に夕食を・・・ということで、
    2人は揃って出かけていった。



    小学校を卒業してもうすぐ6年。
    小林先生とK1との友情はずっと続いている。



    いろいろあった小中学校時代。
    一番の宝は、小林先生と出会ったこと。


    K1の人生は、先生との出会いから
    劇的に変わっていった。



    ご縁に感謝。




    年始に・・・と、先生に素敵な花を頂いた。



    花02




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード