• 2016.12.22
  •   ファーゴ






    1996年に公開された映画「ファーゴ」の製作・総指揮、
    コーエン兄弟が、映画から着想して製作した同名のドラマシリーズ。



    アメリカでは2014年4月に初回放送され、
    アメリカのメジャーな賞を数多く獲得した。



    シーズン1で登場する名優で、
    アンジェリーナ・ジョリーの元夫、
    ビリー・ボブ・ソーントンも
    ゴールデングローブ賞・主演男優賞を獲得。




    そのシーズン1&2は現在、Huluで配信中。


    今日はシーズン1の第2話の中での会話。




    事件の容疑者を巡って、署長と対立する
    副署長のモリー。立場上、威圧的な署長の
    命令に従わざるを得ず、事件の担当を外され、
    署長が去ったあとで、思わずモリーが呟いたたセリフ。



    "Drills and needles."




    字幕では、



    「世界はハードね。」




    ドラマ03



    こういうところに、英語学習のむずかしさがある。
    字幕スーパーからは想像もできないセリフ。




    イディオムとして一般的ではないようだけど、
    ドリル・アンド・ニードル・・・ドリル(穴あけ工具)と針

    つまりは、ドリルや針でガツンと穴を開けられ、
    チクチクと刺され・・・という、なんともキツイ状況。




    ドラマの中では結局は彼女の推理が当たってるんだけどね。




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード