• 2016.12.06
  •   ロンネフェルト ティーハウス





    本日は、女子3人で優雅な空間でランチ。



    場所は、ヴィーナス・ガーデン内にある、
    紅茶専門店・ロンネフェルト・ティーハウス。




    日本国内に、ロンネフェルト紅茶専門店は数あれど、
    なんと、ティーハウスはこの松江のお店だけらしい。




    なぜに松江に?




    今日は限定10食のランチを注文。




    友人ふたりは何度かこの店に来ている。


    私はというと、ロンネフェルトの紅茶は
    何度も飲んだことがあるけれど、
    ティーハウスでの食事は初めて。


    お店に入った途端、ヨーロピアンな
    インテリアに目を奪われる。



    食べ物40




    そして、スタッフの男性も、
    都会のホテル並みに丁寧な接客。




    すぐに限定ランチが運ばれてきた。



    アフタヌーン・ティーのように、
    2段のケーキスタンドで運ばれてくる。


    喋るのに夢中で、今回の写真はいまひとつ。



    食べ物41


    ソーセージ、キッシュ、グラタン、
    サンドイッチ、クロワッサン・・・などなど。



    ランチセットの紅茶は1ポット650円の中から好きな葉を選ぶことができる。
    700円、800円の紅茶も、それぞれ差額を払えばこちらも選べる。


    私が飲んだのは、ハーブのブレンドティー。

    ペパーミント、マリーゴールド、ローズヒップ、
    バラの花、矢車菊、ブラックベリーの葉、
    アオゼニアオイ、イチゴの葉など8種類のブレンド。




    たっぷりポットで提供され、これに
    デザートもセットになっていて、1620円。



    食べ物42



    いつものように、この3人が集まると、
    3人ともアメリカンドラマ好きで、英語好き。
    新作ドラマや映画の話、
    友人の一人はミュージシャンで、
    彼女は宗教や哲学も詳しい。


    「私ね、最後は仏教だと思う。」


    この言葉の意味するところを
    次回はもっと深く語りたい。



    この年齢になると、当然、健康話はもれなくついてくる。
    私が、血圧のためにも、最近は「怒らない」ようにしてると話すと、




    「美穂さんが、怒らない~?!」



    と、笑われた。



    どんだけ怒ってるイメージだ?私。






    気づけばランチタイムはとっくに過ぎていたのでお開きに。




    焼き肉ランチも好きだけど、
    たまにはこんな優雅な場所での
    プチ・贅沢ランチもいい。




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード