• 2016.09.09
  •   古巣へ






    入院中、しばらく同室だった89歳のおばあちゃん。



    施設で転倒して骨折し入院していた。




    入院中のブログにも書いた通り、とても上品な方で、もの静か。




    途中で部屋が変わられてからも、
    時々おばあちゃんの部屋へ顔を出していた。




    今日は、退院してから初めて、
    会いに行くことに。




    病院で貸し出された色鉛筆が、
    5本しかなく、それがほとんど赤系の色で・・・
    と、嘆いていらっしゃったので、



    大人用の塗り絵と、24色色鉛筆を持って病室を尋ねた。




    が。





    すでにめでたく退院されていた。



    施設に帰りたい・・・と、最初の頃は
    施設から尋ねて来ていた職員に
    涙声で話されていたから、
    今頃は慣れた環境に戻り、安心していると思う。




    もう一人、会いたかった人がいる。



    同い年で、大阪出身の女性。



    年齢が同じということもあり、気が合い、
    談話コーナーでよく話をしていた。




    同じ日に、同じく骨折で運び込まれていた。




    その彼女もあと1週間もすれば退院らしい。




    入院中同様、今日も看護師も交えて、
    大阪弁で小気味よくジョークを飛ばし、
    みんな泣くほど大笑いした。




    「救急車で運ばれるとき、私のことを
    男性ですか~、女性ですか~って
    聞いてんねんで!失礼な!



    仕事場でもな、お客さんから、
    「ちょっと、お兄さん」って声かけられて!
    ホンマに~!女子のおばちゃんやて!」



    入院27





    こういう明るい人、大好きだ。


    彼女が退院したら、職場に会いに行く約束をした。




    退院したら、ヒョウ柄でラメ入りの服を着るらしい。




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード