• 2016.08.22
  •   入院11日目





    今日のお昼はイタガキ君が差し入れてくれた
    モスバーガー




    「入院中はジャンクフードが食べたくなるよね~。」


    と、イタガキ君。



    ほんと。何たって、毎日

    ひじき➡ワカメ➡高野豆腐➡ひじき...だから。




    入院003





    食堂へ行って、2人で食べた。

    病院食に手をつけていないのを見つかり、
    補助員のおばちゃんに目線で叱られた。





    さて、病室の心優しい陽気なおばちゃんが退院し、
    今度は高齢の、とても上品なおばあちゃんも、
    別の病棟に移られることになった。


    「せっかく楽しいお仲間に出会えたのにさみしいわぁ。」



    おばあちゃん、本当に悲しそうにされていた。



    おばあちゃん担当の理学療法士に、



    「この方は、とても繊細な方なので、
    担当が代わられるときは、
    くれぐれも穏やかな療法士さんをお願いね。」



    と、念を押しておいた。





    かたや、ハトポッポさんは・・・



    う~ん。今日も一日中、
    歌のような独り言のようなのを
    延々と続けていらっしゃった。


    お見舞いに来た友人たちも、
    そのなま歌に苦笑い。



    今日の歌は、ハトポッポどころではない
    かなりリアルな歌だった・・・・・・




    看護婦さん、は~らへった~
    看護婦さん、は~らへった~
     



    これが延々と・・・。


    その後は、


    ま~だですか~、ま~だですか~
    ま~だですか~、ま~だですか~
     



    そして、


    さかな~、さ~か~な~、
    さかな~、さ~か~な~
     



    が・・・・・・食べたいのか?





    もう・・・・・・



    笑うに笑えない。





    私はどうしたらいいのだろう?




    こんなシュールな世界の中で、
    私は血圧が上がり続けている。




    午後に、遠方から友人が見舞いにやってきた。
    前から食べてみたかった、チアシード・蒟蒻ゼリー!




    入院004




    これ、おいしい~!




    入院以来、いつも食べている
    チアシードが食べられなかったので嬉しい。



    ピーチ味のあま~い香りに癒され、
    同じくいただいたアサイー・ドリンクを飲みながら、
    しばし、リラックスし、優雅な時間を味わっていると、
    ハトポッポおばさんがカーテン越しにデカイ声で言った。



    「あ~、ションベンがちかて、いけんわ。」





    私は泣きたい。






    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード