• 2016.08.15
  •   入院4日目



    ブログに、美味しい珈琲が飲みたいだの、
    肉が食べたいだの、病院食がまずいだのと
    書いたものだから、心やさしい方々が朝から
    飲み物や食べ物の差し入れをしてくださった。




    入院04




    マブダチは、なんとステーキを焼いて持ってきた。



    入院05




    あれだけブログに肉・肉・肉と書いたもんだから。 




    午前も午後も、友人たちが見舞いに来てくれて、
    華やかでにぎやかな一日となった。




    事故のことをブログに書けば、
    心配したり気を使わせてしまうだろうなぁと、
    当初は書こうか、書くまいか迷ったけれど、
    結局、ブロガーとしては、
    この、交通事故&入院という初体験
    やはり書き留めておかねば・・・と思い。



    ま、要はネタとして面白いかなぁと。


    転んでもタダでは起きないという・・・。




    今日からリハビリがスタート。



    24歳の若い男性療法士が部屋へ迎えに来た。




    入院07





    リハビリ室に入って、椅子に座るなり、若い療法士が、




    「52歳なんですね。」



    「ええ、そうですよ。」



    しかし、彼はその後、数秒間沈黙。




    おいおい、年齢だけ言って、で、何か?


    年齢より若く見えますよ、とかなんとか、言ってくれるのか?



    すると、




    「・・・僕のお母さんも52歳なんです。」



    「あら~、そうなの~。」




    で、また数秒沈黙。




    で?お母さんより若そうですねとか、言ってくれるのかい?




    すると、





    「お母さんと同い年だから、何だか僕、
    お母さんにリハビリしているようで、
    緊張してやりにくいです。」



    って、知らんがな!





    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード