• 2016.05.30
  •   無事を祈るばかり


      


    ここ数日、数時間毎にスマホの
    最新ニュースをチェックしている。


    気になるのは、
    28日から行方不明になっている、
    北海道の小学2年生の男児。



    いまだ見つからない。



    ほんの一瞬の判断の誤りが、
    この父親にとって、一生
    十字架を背負うことになるかもしれない。



    置き去りにされた大和くんの
    恐怖はいかばかりかと思う。
    それを思うといたたまれないけれど、
    父親のとった行動は、親として
    理解不能なことではないと
    思ってしまう自分がいる。



    山に置き去りにはしないまでも、
    感情に任せ、子どもを罰したことなど、
    子育て中には何度もあった。



    苦い記憶。



    あのときはごめんねという思いは、
    子どもの寝顔を見ては、いまだに
    思い出し、恐らく一生忘れない。



    もし、このまま大和くんが見つからなかったら、
    あるいは最悪の事態となったら、
    私がこの父親なら、この先生きていけないかもしれない。




    どうか無事で発見されますように。



    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード