• 2016.04.17
  •   また同じ光景。PTA役員選出





    金曜の夜。



    中学校のPTA役員選出の日。



    昨年度、学級&学年委員長をつとめたので、
    今年度の2年生のクラス役員選びの
    司会進行をしてくださいとの依頼。



    来た来た。



    毎年、同じような光景。




    出席保護者はわずか10名程度。


    他のクラスも同じようなものだったらしい。


    出席者の中から立候補の有無を尋ねるが、
    当然のごとく、誰一人手を上げる保護者はいない。




    だよね。




    「立候補がないということは、では、
    どのように決めましょうか。」



    まずはそうやって保護者にたずねる。



    が、相変わらず教室はし~んとしている。





    こうなると、委任状を提出して欠席している保護者も含めて、
    あみだくじをするのが慣例となっている。




    担任の先生と一緒に、不公平がないように
    注意を払いながらあみだを作成。




    なんといっても、欠席の保護者のほうが
    圧倒的に多いので、代理としてひとりひとりの名前を書いていく。




    結果、4人の役職はすべて、
    委任状を出して欠席している保護者たち。




    さてさて、ここからが大変。




    この、委任状を出している保護者たちに
    電話をかけ、役員に決まったことを伝える。




    4人から承諾の返事があるまで、
    出席している保護者も帰ることができない。





    教室の空気は・・・決して良くない。




    早く帰りたくて、あからさまに不満顔の保護者も出てくる。




    いや・・・はっきり言って、こちらは
    あくまでお手伝いに来ているだけだし。





    本来は自主的にみなさんでやることでしょうに。




    電話をかけるといっても、繋がらない場合も多い。
    中には、委任状を出しているにもかかわらず、
    引き受けたくない・・・という保護者もいる。




    予想通り、電話をかけても繋がらない。




    実はこの夜、8時前の15分程度、
    私的な用事で席を外さなければならなくなった。




    まだ保護者に電話連絡が繋がらない中、
    教員はPTA役員選出に関して、
    電話をかけることができないらしく、
    こまった状況となった。



    PTAの役員の1人であるT(ティーチャー)
    なんで電話をかけられないのかわからないけど。
    (今度の家庭訪問で質問してみるつもり)




    「誰か、15分だけ小豆澤さんに代わって
    保護者への電話をかけてくださいませんか?」




    教員が、教室にいる10人の保護者に
    声をかけるも、誰一人手を挙げない。




    まじか?




    し~んとした中、1分くらい過ぎていく。



    私は席を外さなきゃいけない
    時間が迫っている。誰もいないのか?!
    ちょこっと代わりに電話をして、
    役員が決まりましたので・・・と


    伝えるだけのことを、
    誰一人、手伝いを代わってくれないのか?!




    再度、担任が尋ねる。



    「誰か・・・お願いできないですか。
    少しの間だけですけど?」



    黙ったまま、誰も手を挙げない。




    さみしい人間模様だね。




    私ならすぐに手を挙げるわ。




    たったこれだけのこと、10人もいて、
    みんな、他力本願なのか。




    少々腹が立ってきた。



    むすっとして、迷惑そうにしている保護者の
    顔を見ていると、情けなくなってきた。



    が、ここは我慢。




    「・・・私でよければ・・・やりましょうか・・・?」





    沈黙の中、近所に住むとても物静かな
    顔見知りの保護者が声を上げてくれた。




    とてもおとなしい方で、
    決してしゃしゃり出る方ではないその女性、
    さすがにこの空気はよくないと思われたようで。



    ありがたかった。



    こういう人もいるのだと、
    さっきまでの腹立ちが薄らいだ。



    15分ほど、私が席を外している間に
    彼女が電話連絡を代わってくれた。





    積極的な人、消極的な人、
    人と話すのが苦手な人、緊張する人、
    人それぞれ状況が違うのはよくわかる。




    が、



    こういうことがあるたびに、
    私の人生、教室にいるあの
    9人のようにはなりたくないと思う。




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    一年前を思い出した…💧

    去年、役員決めの進行して、同じこと思った一人…(  ̄▽ ̄)

    『今ここに、私がいたら「私がやります」って言ってくれるのに…』ww

    たかが一年間の役員決めで、あんな雰囲気になってしまうことが不思議でならない…💧

    ちなみに我がクラスの役員決めは四人しか来てなかったらしい…(  ̄▽ ̄)

    小中が同じ日にずらして役員決めがあるってのはわざとかな?

    それも不思議だ…(  ̄▽ ̄)




    遅くなってごめん

    K子さん、

    また改名した(笑)?

    返信が遅くなってごめん。さすがにほとぼりが冷めたけど、あの夜はイラッときたね~。

    先週、家庭訪問があって、先生が言ってた。「小豆澤さんがいなかったら多分あのまましーんとしてずっと決まってなかったでしょうね。」って。

    もうさ~、他力本願はほんと、やめてほしい。役員になったところで大した仕事もないでしょうに。年にせいぜい1、2回集まって活動するくらいだよ?それでもいやなんか。

    これってさ、男性だけの集まりだったら決してこんな状況にならないと思うんだわ。現に、奥さんの代わりに・・・って男性が混じる時は、大抵、「よくわからないですけど、やりましょうか?」って言われるもんね。

    で、家に帰ってから、「なんで引き受けたのよ~!」って怒られたりして。

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード