• 2016.04.03
  •   若桜町へ






    週末、青春してきた。





    18きっぷで。




    先日のブログにも書いた、
    JRの期間限定、青春18きっぷ
    まだ残っているというので、
    残りの2枚を使って夫と日帰りで若桜町へ。




    そう。



    若桜には・・・



    3年前に弟がオープンした店が。




    身内なのに、
    出不精の私は、
    まだ一度も行ったことがないという・・・。





    朝8時半に出発。




    電車を3回乗り継ぎ、最後は
    最近ローカルニュースで話題の
    私鉄の若桜鉄道



    若桜01





    途中の駅には人影もまばらで、
    にぎやかしのためなのか、
    等身大の人形が。


    怖っ。


    若桜02



    午後1時過ぎ、約4時間半後に若桜へ到着。



    若桜03



    想像はしていたものの、
    それ以上にひっそりとした街並み。



    観光客以外・・・ローカルピープルの姿をほとんど見ない。



    若桜04



    駅から歩いて数分、
    道の駅の向かい側に
    弟の店を発見。



    若桜05



    元々役場だった場所を
    弟が一人で大改装したらしい。



    エントランス。


    若桜06



    レトロな内装。



    廃材や、譲り受けた木材で
    なんと、ドアまでDIYだそうな。


    若桜07





    小さい頃から手先が器用で
    プラモデル少年だったけれど、
    この内装を自分で全部手掛けたとは。



    お見事。


    若桜08



    店内には革製品の体験スペースもあり、
    暖炉も作ってある。


    若桜09



    カフェのようなカウンターの向こう側は
    工房となっている。広くて羨ましいぞ。



    若桜10



    若桜11



    弟のお店、町の寄り合い所のように、
    いろんな人たちが遊びにやってくるらしい。




    ご縁あって、3年前に移り住んだ若桜町。



    弟の口から何度となく出て来た言葉、




    「若桜の人にはほんと、よくしてもらってる。
    いい人ばっかりだよ。」




    2014年、一般公募で選ばれ、若桜鉄道の
    社長となった山田和昭氏とも、
    弟は親しくさせていただいている。



    東京生まれで元IT会社で働いていた山田氏、
    早稲田大学では鉄道同好会に所属していた。




    赤字続きの若桜線を立て直すべく、
    いろんな仕掛けをされているのを
    テレビや新聞で何度も拝見している。



    先月21日からは隼ラッピング列車の運行がスタート。
    全国から集まったSUZUKI隼のライダーたちが、
    隼号とともに走る姿はニュースで大きく取り上げられた。



    若桜13




    そして来月1日は、恋の日(5月1日)ということで、
    1日から8日までの期間限定で、なんと、
    ピンクの蒸気機関車を走らせるという。




    わずか2時間半の滞在後、
    また4時間半かけて松江へ。




    山桜を眺める弟と夫。



    若桜12




    駅には若桜鉄道の山田社長が
    わざわざ見送りに来てくださった。


    なんともアットホームな雰囲気の鉄道。



    若桜14



    車で行けば2時間半。
    しかしのんびり揺られる
    鉄道の旅も悪くない。



    若桜町未体験の方、
    ピンクのSLを見に是非。


    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード