• 2016.01.12
  •   デビッド・ボウイ





    「お母さん、これ聞いたらショック受けるよ。
    俺と誕生日が一緒のアーティストが亡くなったよ。」




    誕生日が一緒って・・・・・・知らんがな。




    「ちょうどそのアーティスト、誕生日にニューアルバムを
    リリースしたばかりで、俺、買う予定だったのに。」





    誰だろう?



    K1はなかなか教えてくれない。

    ヒントを辿っていって・・・・・・






    ウソでしょ・・・・・・





    デビッド・ボウイが亡くなった?!





    衝撃・・・・・・




    時を同じくして、K1の中学3年の時の
    担任のM先生からもラインが。





    「悲しすぎて何も手につかないんです。
    この気持ちをシェアできる人、周りにいなくて。

    小豆澤さんにはわかってもらえると思って。」




    M先生にとって、デビッド・ボウイは青春そのものだったそうだ。



    デビッド・ボウイを知って、イギリスへのあこがれも芽生え、
    いつも彼の曲を聴いていたと。




    そうだなぁ。




    ビートルズをはじめ、
    デビッド・ボウイ
    ベイシティ・ローラーズ(はい、ミーハーでした)、
    クイーンやローリング・ストーンズ・・・



    私も小学校時代、ブリティッシュ・ロックが好きで、
    中学になるとパンク・ロックに目覚め、


    ピストルズのアナーキー・イン・ザ・UKなんかを聴いていた。

    だから、小中学校の時の夢は、




    イギリス移住。




    それが途中からアメリカへシフトしたけど。




    ロックと子供時代は切り離せない。



    常に音楽が傍にあった。




    わけのわからない英語を必死で覚え、
    日常からの現実逃避。




    昨日からずっと、デビッド・ボウイのこの曲が
    頭から離れない。



    素晴らしい音楽と夢をありがとう。


    R.I.P, David.





    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    意外×意外

    あの頃、聴いてたなぁ~。
    はじめて伸ばした髪の毛を気にしていた中3でした。
    チャイナガールのほうが好きだったっけ。
    当時のお気に入りは、何といってもフラッシュダンス。
    ジャーニー、エイジア、ビリー等も聴いてたなぁ。
    頭には脳みその代わりに筋肉が詰まっていたっけ。

    当時は知る由もなかったですが、このPVはシドニー郊外で
    撮られていますね。知ったところがいくつか出てきてなつかしかったり。

    そう言えば、本日意外な方から、姉さん撮影のプラバホールのDVDをいただきました。


    Re: 意外×意外

    80年代の音楽、私は一番好きだなぁ。いまだに聴いている。

    70年代から80年代って、自分の青春時代そのものだから、
    よけいに忘れられないのかな。
    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード