• 2015.12.09
  •   献血ならず・・・の巻






    今日のお昼。




    大学の講義を終え、教室を出たところに献血車両が。




    前回献血したのが今年の1月だから、
    久々に献血しよう・・・と受付に。



    丁度、血液センターに勤める友人が今日の担当。



    いつも通り、テントの下で簡単な問診に答え、
    さて、献血車両に乗り込もう・・・とすると、
    10メートル先から若いお姉さんが
    私に向かって一直線に歩いてくる。



    「すみません~。〇〇テレビですけど、
    献血される様子を撮らせていただいてよろしいでしょうか~?」




    何故だか知らないけれど、
    私は結構な確率で、こうしたインタビューを受ける。




    なので、過去にテレビや新聞に何度も登場した。

    新聞は必ず年齢まで載せるので気に入らないんだけど。




    インタビュアーの人たちって、私に声をかけたら
    二つ返事で了解してくれる・・・ってわかるんだろうか?



    以前、あるテレビ局のアナウンサーの
    講演を聴きに行ったことがあり、
    彼女が言うには松江の人というのは、
    カメラを向けてもインタビューになかなか
    OKを出してもらえないのだという。



    私はぜ~んぜん平気なんだけどな。


    別に映りたいわけじゃないですが。


    ということで、



    「いいですよ~!どうぞどうぞ。」



    と、献血バスに乗り込んだ。 



    そしてお決まりの、医師による
    さらなる問診と、血圧測定。




    ここでまさかの展開が~! 




    「あらら~。血圧高いね~。ええ~。
    ちょっと、もう一回測ってみよう。」




    数値を見て驚く医師を見て驚く私。





    マジですか~。




    そして、再度測ってもやはり高い。




    「今日は献血はできないよ。こりゃ
    病院に行ってみてもらいなさい。」




    まさかの献血却下。      



    バスの中では友人も笑ってる。



    そりゃそうだよね~。




    もう、テレビ局に撮影してもらうどころじゃない。



    実は昨晩はテストの採点に夜中の3時前までかかり、
    そのままコタツで撃沈・・・。


    あまり睡眠もとらず、朝食も食べずに
    立ちっぱなしで講義をして、
    そのまま献血に行ったので、
    普段よりも高い数値になったに違いない。



    医者は心配していろいろ話かけてくる。



    友人は笑いながら、



    「お互い、そういう年齢になってきたってことよ~」




    ということで、献血も何もしてないのに、
    落ち込んでる私を可哀想に思ったのか、友人が




    「はい、これ。」




    と、ペットボトルのお茶をくれた。



    講師控室では同僚ら数人が、
    私の血はお酒飲み過ぎて
    ドロドロで却下になってたりして~
    なんてからかっているところに、
    私がドアを開けて入ってきて、




    「献血、却下でしたわ」



    って言ったもんだから、大爆笑。




    酒のせいじゃないけどね。




    その後は真面目に健康管理を諭され、
    この1年のわが身を振り返る。




    いや~、いかんわ。



    睡眠不足は大敵。




    目標は半年後。



    リベンジ献血。







    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    一度

    専門医に診察してもらったほうがいいですよv-237

    ありますよ

    yamanoさん

    専門医に診察してもらったこともありますが、
    結局のところ、原因をつきとめることはできず、
    他の多くの病院がそうであるように、降圧剤を
    処方して、それをず~っと飲み続けるように・・・
    ということくらいしかしてくれないですよね。

    体調管理、かなり油断して無理していましたので、
    今回のことは自業自得と肝に銘じ、生活リズムや
    食生活を整えることから始めます。

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード