• 2015.09.21
  •   憲法破壊と集団的自衛権の行使を認めない緊急集会・・・そしてその後のハチャメチャ飲み会




    このところ毎週のルーティンに
    なっているかのような、集会&デモ行進。



    デモ14




    今日は中学時代の同級生、イタガキ君とフルセ君も参加。


    デモ15



    4時からの集会、4時半からは
    カラコロ広場へ向けて行進。


    面白いのが、各主催団体によって、
    シュプレヒコールが少し異なること。



    リズムも。



    今回の、島根県弁護士会のは
    割とゆっくりと掛け声をかけて行進する。



    デモ16



    終着点のカラコロ広場で、
    いつもデモに参加している
    人たちとしばし語り合う。



    デモ18



    デモ17





    デモ終了後は、また徒歩で駅近くまで戻り、
    後で合流した中学時代の同級生たちと飲み会。




    飲み会開始の6時半までまだ一時間。



    ということで、デモ中にしきりに




    「あとで寄って一杯飲んでくださいよ~」



    と言っていた、ワインデポ・アンへ。



    6本しか入荷できなかったという、
    シュナンブランのペティアン(微発泡酒)を
    3人で一本空ける。

    時間を経るごとに香りも味も変化する、
    それを楽しんでほしいとオーナー、



    「ゆっくり飲んでくださいよ」



    が、私たちはこの後から飲み会。

    30分で1本を空けた。


    ボトルの最後の方はまだ澱があり、
    最初の一口とは全く違う味わい。


    飲み会06


    ワインデポ・アンを後にし、
    飲み会の場所、LOFTへ。



    マックス10人のお店に、
    私たち6人が入り、お店はぎゅうぎゅう詰め。



    飲み会07



    同級生というのは、本当にそれだけでもう、
    長い間会っていなくても、すぐに打ち解けあう。



    飲み会08


    飲み会09



    飲み会12


    オヤジの中に一応女性は私ひとり。


    まあ、オヤジの1人として飲み会のメンバーに
    入っているのだと思う。うん。


    途中、偶然にもコバヤシ先生もお店に。


    飲み会13


    世界各国のビール、ラム酒や焼酎と、
    しばらくみんなで飲んだあと、
    今度はカラオケで洋楽オンパレード。



    飲み会10



    夜はこれで終わりかと思いきや、
    最後の〆はやっぱラーメンでしょう~、ということで、
    数年ぶりに夜中のラーメン。




    そのラーメン屋でなんと事件が。



    ラーメンを食べていたフルセ君、
    携帯がないことに気づき、

    みんなで大捜索。



    お店の人も心配して、店内を
    探してくれたけれど見当たらず。



    カラオケボックスに置き忘れたかもということで、
    ラーメン屋から再び戻る。



    が、私たちが使っていた部屋には
    すでにお客さんが入っていて、
    部屋の中を確認することはできないと。


    ちょっとでいいから覗いてみてよ~、という
    私たちに、アルバイトの子は頑なに、



    「だめです。すでにお客様が入っていますから。」


    の一点張り。



    「じゃあ、私が突然、乱入して探すってのは?」



    半分冗談交じりに言ったところ、



    「そういうことをされたら通報します。」


        



    ったく、融通がきかないわねぇ~と、
    ブツブツ言いながら、一応交番へ届けることに。




    フルセ君、酔っぱらうと財布や携帯を
    よく置き忘れる常習犯らしい。



    真夜中の交番。




    「戦争させるな」、「9条こわすな」、「安倍政治を許さない」

    そんなプラカードを手に、交番の中に入る。


    さすがに元気がないかに見えるフルセ君↓

    飲み会11



    女性警察官が、フルセ君に
    紛失した時の状況を細かく尋ねる。




    いつ頃、紛失されましたか?」




    その質問に対し、フルセ君、
    私たちが予想だにしなかった返答を・・・



    「え~っと・・・わりと最近ですね。」




    お、お、おぇ~!ちょっと待った~!




    「わりと最近」て、あなた、




    たった、紛失したばっかりでしょうに。




    それを聞いてた私たち、
    笑いが止まらなくなり、
    夜中の交番で大爆笑。




    あまりにも笑いが止まらず、
    このまま笑い続けていると
    逮捕されそうな気配に外へ退散。



    フルセ君を残して交番の外に出ても、
    お腹を押さえながらひたすら笑う。



    「わりと最近」て・・・。




    今でしょ?




    タクシーの中でもみんなで笑い続け、
    フルセ君の家の前に着いたとたん、
    仲間の一人の携帯が鳴り響く。




    なんとなんと、別のタクシーに乗って
    帰宅の途についていた同級生のポケットに、
    フルセ君の携帯が入っていたらしい。





    なぜだ?



    あれだけ一緒に探し回ったのに。



    なんでポケットに?



    ということで、最後の最後まで
    笑いが止まらない夜だった。




    レジェンド誕生。








    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    事実は・・・

    事実は小説より奇なり。 奇跡的な展開と小林先生との「縁」。そして何より古瀬の口から出た台詞。「わりと最近です」 日常から非日常へそして再び日常へ・・・その結末は友人のKが握っていた。 今年一番の短編小説完成ですね。 )^o^(

    フルちゃん素晴らしい!(笑)

    初めて自発的にデモ参加したなぁ。
    向かう電車の中で一人盛り上がって来て、高まっていたよ!
    あの後、アンでワイン飲みながらみんなを待つ時間は中々よかった。
    LOFTも好きな店の一つになった。♪( ´▽`)
    小林先生にもお逢い出来たし!
    いい夜だったな〜。

    それにしても、フルちゃんの
    「わりと最近」は素晴らしいよね!
    それまでの何もかもが全部吹っ飛んだくらい!!(笑)

    又、ワイワイやろ~(o^^o)

    小説は続編へ

    ミヤちゃん、

    日常の中の非日常は不可欠。明日の活力。

    どうやらこの小説はシリーズ化されていきそうです。

    古瀬君、どうぞこのまま変わりませんように。
    続編に期待しましょう。

    吹っ飛んだ、吹っ飛んだ

    板垣くん、

    最高の締めくくりとなったよね~。

    あのセリフは絶対狙って発言できるもんじゃない!

    古瀬君の感性に乾杯だわっ!

    めっちゃ楽しい夜だった。5年後も10年後も
    語り継がれるだろうね~。

    いつまでもああして大笑いしていたいね~、人生。
    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード