• 2015.09.13
  •   またまたデモ行進



    土曜日。


    先週末に引き続き、島根県弁護士会主催の集会&デモ、
    その後に行われた平和フォーラムの集会&デモに参加。



    まずは4時、駅前集合↓

    デモ06



    デモ07




    こうして集会&デモに何度か参加していると、
    以前からの知り合いに加え、デモを
    通して顔なじみになっていく人が増えてきた。



    今回の集会&デモには、お知らせを送った
    友人たちも何人か参加してくれて、デモ行進デビュー


    みんな、このまま何もしないではいられないと参加を決意。



    いつもの顔なじみさんとは、



    デモ友だね~」



    と。



    おばちゃんたちからは、



    「いつもデモでお会いするけど、
    あなたたち、素敵な恰好されてて
    どういう所属団体の方たちなの?」




    「子どもを持つ主婦仲間です~!」




    友人も私もいつも通り華やか色の服を
    来て参加しているので、目立つそうな。




    雨の降る中の行進。



    駅前から北へ向かい橋を渡り、カラコロ広場へ↓

    デモ08


    デモ09


    デモ10



    その後は末次公園へ移動し、5時半から
    別団体が主催する集会&デモへ↓

    デモ11






    デモ行進をする様々な年代の方々の声が、
    いつも以上に力強い。



    どうせ強行採決されるから・・・ではなく、
    強行採決の先を見据えて、あきらめるどころか、
    参加する人々の声はますます力強くなっている気がする。





    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    「熱い」って短所なの?

    政策論は別として、
    あきらめずに、粘り強く、勇気をもって
    自分の意見を熱く語ってほしいですね。
    ネット上では語る(入力する)ことができるのに
    実際に口に出したり、議論したり、表現したりする勇気のない
    人がこの国には多すぎますね!
    言葉遣いがおかしかったり、相手に伝わらなかったりは
    しかたがないことなので、もっと熱い議論が国全体で高まってほしいです。
    あらゆることについて。
    そのために、絶えず勉強しないとね。



    正直なところ

    先週のデモは体育祭と重なってなかったら本当に行きたかったんだけど、なぜか今回のデモは行こうと思ったら行けないわけじゃなかったのに、あまり気が進まなくて行かなかった。 なんだろ、美穂さんには怒られそうだけど、いくらデモをしたところでアベは聞く耳を持たないし、デモに参加することは、ただの自己満足なんじゃなかろうかと思えたりして、弱気になってる。 橋下や石原のように、デモの動員数を「たったこれだけの人数」とか、デモなんてまったくのムダとか言う人たちがいて、悔しいけど、実際、アベを含めてそういう人たちに対しては、デモというやり方では効果があまりないんじゃないかと思えて・・・いや、違うかな、今回のデモは先週に比べて動員数があまり多くなさそうだったからかな。 県庁前でも学生や若者中心にデモをしたらしいけど、動員数40名って新聞に載ってて、40名は淋しいなと思った。 人数の問題じゃないよ、って言われそうだけど、きっと安保法案を推し進める人たちにとっては、たったこれだけでしかないんだろうなと思う。 朝日新聞には末次公園でのデモは記事にもなってなかった。他社の新聞には載ってたんだろうけど、でも、報道されなきゃ本当にただの自己満足なんじゃなかろうかと思える。
    美穂さん、どうかこの弱気になってる私に喝を入れておくれ。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    常に勉強

    ワイルドN氏、

    常に学ぶ姿勢でいたいと思います。

    そして、いろいろな意見に耳を傾けることのできる
    柔軟性も持っていたい。

    ワイルドN氏のおっしゃる通り、議論のできない人が
    多すぎ。というより、主義主張がない人が多い。

    今回のことも、どこか他人事でいる人がまだまだたくさん。

    感受性、共感力も欠落している大人が多すぎです。

    結果よりプロセス。

    K子さん、

    めずらしく弱気になってんな~。

    そんなK子さんにこそ、前々回のプラバホールでの集会に来てほしかった。というのは、まさにそんな弱気になりそうな心に喝を入れてくれる熱い集会だったから。

    結論から言うと、私は自己満足のどこが悪い・・・と思うよ。人間、所詮自己満足だよ。自己満足ということは、自分の思うところを形にできたときに感じることでしょ。いいじゃない。あのデモに参加している人たちの生き生きとした顔を見ていると、自己満足がある。もちろんそれだけではないだろうけど。

    K子さんは結果、おそらくこうなるであろう・・・ということで、無駄なんじゃないかと思っているかもしれないけど、結果がどうであれ、戦うそのプロセスが大事なんじゃないかな。少なくとも私はそう思う。

    自分が思う正義が必ずしもいつも達成されるわけではなく、いや、それよりむしろ理不尽な事のほうが多いのが世の中。

    今回のことに限ったことではないよね。学校教育しかり、ママ友の世界しかり、職場環境しかり。

    だからって、声を上げないでいいってことではないと思う。たとえ周りのほとんどが声を上げなくても関係ないじゃん。

    私は私。K子さんはK子さん。

    そしてさ、こうしてデモ抗議活動をしていることは絶対に
    無駄じゃない。何かの動きをするということは、必ず何らかの影響をもたらすでしょ。

    私がブログに書いたように、闘いはまだスタートラインに立ったばかりだよ。おそらく無理やり法案が通過するでしょう。そこからが本当の闘いなのだと思う。あきらめた時点で終わりさ。要はどこまで本気で反対してるかだな。

    そしてそして、K子さん、デモ活動は国民の権利であって、義務ではない。だからK子さんが参加したい気分じゃなければ、参加しなくていいし、それで自分に負い目を持つ必要もないさ。

    そんなときもあるだろうし、また立ち上がるのかもしれないし、別の形で行動を起こすかもしれないし。デモだけがひょげん方法ではないと思う。

    私は、デモ行進することで、街道を行く運転者や歩行者にも何らかの影響を与えると思っている。無関心なhとの中には、私たちのデモ行進を目にすることによって、あれあれ、もしかしたらほんとに大変なことが起こってるのかも~、と、その程度でもいいと思うし。

    「どうせやっても無駄」という気持ち、一生懸命な人ほど虚しさを感じるのかもしれないね。もっと気軽でいいじゃん。

    オラ~、安倍の野郎、馬鹿野郎~で、大声で怒鳴ってさ。

    私なんて、9号線とプラバホールの交差点を、警察車両とともに、堂々と声を上げて行進できたこと、ワクワクしたよ。一生忘れない。

    自分のこれから生きていく日本だものね。

    まだまだ書き足りない気がするし、伝わるような話ができたかも怪しいけど(笑)、これくらいにするわ。また語ろう!

    そうね

    少ない人数のデモでは自分が満足できなかったってことかな。 たったこれだけの人数と言わせないようなデモに参加したかったんだ。 参院で強行採決されたら、また居ても立っても居られなくなるかもしれないから、その時は自分の気持ちに従って行動を起こす。
    この流れで、次の選挙では安倍政権は敗北するんだろうか。支持率が下がったといっても前回よりほんの数パーセント下がっただけで、私は納得がいかない。強行採決で支持率は更に下がるだろうか。 万が一、今国会での成立を断念したら、支持率は持ち直すんだろうか。
    強行採決は許されないけど、支持率は下げたい。 この矛盾。 

    この先のこと

    K子さん、

    採決されてしまったけど、これから先のことは、
    国民の動きにかかっていると思う。

    かつては、どれだけ熱くなっても、結局は自民圧勝で
    失望するばかりだったけど、今回ばかりは今の政治を
    変える可能性がある気がする。

    というより、そう信じて声を上げ続けるしかない。
    あきらめたらそこで終わり。長いものに巻かれて終わり。

    さすがの自民党もここまでの反対は想像していなかったと
    思うし、今の流れでは、賛成票を入れた議員を全部落選
    させろという全国の流れになっているよね。

    この熱さを持ち続け、是非そうさせていきたいものだわ。

    デモの人数ねぇ・・・。難しいところだね。

    私は、一人でも参加することに意義があると思っているので、
    そりゃ、多くの方が越したことはないけれど、
    この松江でここまでの動きになっていること自体は
    素晴らしいと思ってるんでね。

    今もまだまだ無関心な人が多いし、相変わらずこの、
    日本が大きく変わる時に、な~んも考えてない(であろう)
    人がたくさんいるのも事実。

    国や国民を変えることは一夜にしてはならんよ。

    K子さん、人数に不満があるならもう、この際、
    主催者側に回るってのはどうだ(笑)。

    私たちはいつも、お膳立てしてもらっているところへ
    乗っかっていくという、簡単な参加をしているけど、
    K子さんが理想とする、もっともっと多くの人を
    巻き込んでのデモをするためのマーケティングというか、
    戦略を、一緒になって理想のデモ行進を実現してはどうだ?!

    母親たちをもっともっと巻き込まんとね。

    あイタタ・・・

    自分でもわかってんだよ。 もっと大規模なデモじゃないと行く気がしないなんて、いかに不真面目なこと言ってるかってこと。 お前が行動起こして大きなデモにしろってね。

    デモに参加したあの日の充実感は本物だったのに、今の自分の変化は自分でもよく説明できない。

    世論調査で安保法案は反対が賛成を大きく上回ってるのに、支持政党はいまだに自民党が野党全部合わせた数の倍くらいあるんだよ。 これはどういうこと? これだけデモは広がってるというのに。 今度こそ変えられる、って思いたくてもなかなかそう楽観的になれない。 あきらめるな、と言われたら、私はあきらめてるわけじゃないよ。 ずっとこの問題には関心を持ち続けてるし必ず選挙にも行く。 子供たちとも食卓で話題にして一緒に考えるようにしてる。 デモも、また参加したくなったら参加する。

    また会う日まで

    K子さん、

    私も毎回、毎回、デモに参加してるわけじゃない。

    ゆる~く、なが~くやっていこうと思ってる。

    これからは、この国民の流れを悪用しようとする
    政治的な動きも出てくるだろうし、
    きちんと見極めて、共感できるものには参加するし、
    都合が悪けりゃ行かない。

    長丁場になるだろうからね。これから何年も。


    しかし、それにしてもマスコミは情報操作されてるし
    偏り過ぎているから、自分で何が正しいかを
    見極めていくためには、たくさん勉強しなきゃなって思う。

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード