• 2015.08.31
  •   ほぼカニ





    近所のスーパーで、息子たちの好きな
    浜田の赤天を買っていた時、そばにあったこの商品。



    食べ物01


    うわぁ~、まさにカニの爪肉。


    名前を見ると、「ほぼカニ」。



    へぇ~、この蒲鉾、カニ身がほとんどなんだ~と、
    パッケージをよくよく見ると・・・



    ん?


    ほぼカニと、でっかい商品名の横に、



    食べ物02




    * 「カニではありません」





    わざわざまで付けて。




    魚肉100%とは書いてある。




    でもさぁ~、いいのか、こんなネーミング?




    確信犯だよね。





    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No one perfect!

    コーシャーにはぴったり!
    多いですよ~、戒律の厳しい国では、この手の商品が。
    おいしいって知っているのなら、食べればいいのにと思ってしまいます。

    矛盾が一つ。どうして彼らはエビ、カニが美味しいと知っているの?
    食べたことあるってこと?
    とは、決して直接は聞けませんがね。

    宗教家の方、ごめんなさい!

    カニかま

    ワイルドN氏、

    カニかまはヨーロッパでもそのままのネーミングで
    販売されて人気らしいですね。

    コーシャ・フード、意外にも身近な食品にも認定が
    たくさんされていてびっくりしました。

    しかし、添加物バリバリのものもあるし、何を基準に
    決めてるんでしょうねぇ。

    そうそう、アメリカに渡った方たちも、国が違えばで、
    結構アバウトになっている人もいるし、厳しい戒律を
    頑なに守る人もいるし、いろいろですよね。

    しかし、知りたい。何を基準にコーシャ認定するのか。
    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード