• 2015.08.13
  •    似た者同士 




    昨日から今日にかけてのドタバタ。


    朝、病院からの電話。


    「お母さんが今、救急外来に来ておられますので、
    娘さんも今から来てください。」



    どうやら、具合が悪くなり、救急車で病院へ運ばれたらしい。


    先週から体調がすぐれなくて病院で
    脳波からなにから検査をしてもらったばかり。


    結果は特に異常がなく、
    疲れからの不良だろうということで、
    本人も大丈夫だ、と言ってた。


    数日前、何度電話をしても通じない。
    夜になってやっと受話器を取った母、


    「自治会の仕事が朝からあって、
    今やっと帰ったところだわ。」


    それを聞いて怒り心頭。



    「体調が悪い、悪いと言ってて、
    何が朝からこんな夜まで用事だと?
    自分の体調は自分で管理しなさいよ!」


    こういうことを娘に言われて、
    しょげかえるような母親ではない。


    「あんたね!そんなこと言ったって
    お母ちゃんが役員だけん、
    やらんといけんことがいっぱいあるわね!」



    ということで、着地点のない口論に
    なることは目に見えてるので、
    早々に電話を切った。



    その矢先の救急車騒ぎ。




    結局、そのまま入院することになり、
    今も点滴を打っている。



    午後からは、入院に必要な身の回り品を取りに実家へ。



    一緒に住んでいないので、
    どこになにがあるか、メモしてきた
    ものを頼りに袋にどんどん入れていく。



    病院へ持って行ったあとは、
    今度はお付き合いのあるご近所回り。





    私が生まれ育ったのは、市営アパートで、
    11棟も並ぶ、市営アパートでも大きな集合体。



    母は今もそこに一人で住んでいる。



    同じアパートの人には、昭和30年代に
    このアパートが建設された当時から、
    つまり、私が小さい頃から住んでいる
    人たちも少なくない。




    当時は家族数人で住んでいた人たちも、
    今では子どもが出て行き、配偶者に先立たれ、
    私の母同様、独居老人も多い。


    だから、お互い助け合いながら、
    様子を気遣いながら生活している。



    母の様子を知らせるために
    挨拶に回ると、皆が口々に言われる。





    「お母さんは頼まれたら断わらん人だけんねぇ。」


    「私らがやれんけん、みんなあのさんが
    やってくれて、無理させてしまって」


    「無理するじゃないよ、って言っても、
    いっつも動いとられたけんねぇ」



    …何やら聞いたことのあるような台詞。




    …何やら言われたことのあるような台詞。




    そう言えば母もまた、私が小学生の頃、
    6年間、PTA役員をしたと言ってたな。



    「頼まれごとは試されごと」



    母から受け継いでしまったか。




    父亡き後、父に大変世話になったから、と
    母のことを気にかけてくれて、しょっちゅう一緒にいるKさんという、
    母より少し年下の男性がいる。


    救急車で運ばれた直後から、病院に行ってくれたらしい。



    このKさんと母、はたから見ると
    いつも喧嘩しているように見える。


    2人とも、我が道を行く性分で、
    人の言うことストレートにきかない。



    それでも、何だかんだ言いながら、
    悪態付き合いながら、Kさんは
    父への恩義もあるからなのか、
    一緒にいることが多いようだ。



    そのKさん、私と母の仲の悪さも
    よく知っている。



    夕方、Kさんと母の入院に至る
    過労について話していたところ、




    「美穂さん、あんま、カリカリするじゃないで~」



    と、釘をさされた。



    見透かされてるわ。




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード