• 2015.08.07
  •   むのたけじ





    夕方、何とはなしにテレビで観ていたニュースで、
    むのたけじさんという100歳の現役ジャーナリストが
    特集されていた。


    むのたけじさんは戦時中、従軍記者として
    戦争での軍の非道、地獄絵を目の当たりにされてきた方。



    ジャーナリストとして、国の方針により
    記事が捻じ曲げられていくことに耐えられず、
    終戦のその日、勤めていた朝日新聞社を自ら去った。



    テレビのニュースでは、むのたけじさんが
    高校生たちを前に、平和憲法を守り、
    平和な日本を・・・と熱く語られていた。



    ある女子高校生が、むのたけじさんに質問した。



    「これから、戦争反対の声を上げていくのに、
    どうしていったらいいか、アドバイスをお願いします」



    むのたけじさんはこう答えた。



    「アドバイスをもらおうという考えを捨てなさい。
    自分がどう思うか、自分で動いていきなさい。」





    昨年1月、東京で開催された、
    秘密保護法廃止、安倍退陣を求める共同行動の記者会見の様子を
    You Tubeで観た。当時99歳。すごい人だ。



    安倍総理、人は自分の言葉で、毅然と顔を上げ、
    魂を込めて訴えるからこそ、人の心に響くんだよ。


    官僚が書いた原稿を、
    顔も上げずに棒読みしているようじゃ、
    なにも心に残りゃしない。


    むのたけじさんの魂の叫びを聴きなさい。







    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    私も見ました。
    100歳になっても尚自分の生きる意味として
    声を上げ続けている姿に脱帽です。
    今日はナガサキの日。お休みだったので、式典の様子と
    特別番組を全部見ました。
    生き証人が減りつつある昨今私たちの息子世代が後を
    受け継ごうと行動している時代に入ったようで
    はっとしました。美穂さんがブログで発信したり
    行動したり、されているように私たちも何か役目があるはずですよね。

    やれることを

    きらきらきら☆

    いろんな考えがあるけれど、そして、いろんな発信の仕方、表現の仕方があるけれど、とにかく自分の今いる位置で、自分にやれることをやるしかない・・・そう思いますね。

    傍観者でいることだけはしたくないです。
    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード