• 2015.07.19
  •   手から手へ




    私がアクセサリー制作を始めて10年。



    その最初の頃からずっと、
    私のアクセサリーを
    使い続けてこられたお客さんの1人、Yさん。



    作品展には毎回、開場前から一番乗りをされ、
    年に何度も我が家へ来られていたけれど、
    ここ数年はなかなかお会いできずにいる。




    どうしておられるのかなぁと時々
    Yさんのことを思い出していた。



    先日の女子会で、そのYさんの話が出た。



    ここ数年、生活に大きな変化があり、
    とてもお忙しい日々を送っておられるらしい。




    歳を重ねていくと、
    子どもの成長、親の介護、
    職場環境の変化・・・と、
    自分を取り巻くもの事の変化に
    対応せざるを得なくなる。




    もう私のアクセサリーを付けてもらうことも
    少なくなっているのだろうなあと思っていたところ、
    友人がこう話してくれた。




    「Yさんね、美穂の作ったアクセサリーの
    コレクションを引き出しに並べていて、
    時々それを眺めているのが幸せなんだって。」




    ジンときた。




    たとえ会えなくても、
    私が昔作ったアクセサリーが
    Yさんの引き出しにきれいに並べられ、
    夜、ほっとそれを見て幸せになると。




    ものづくりの幸せとはここにあるのだと思う。



    だから、思いを込めて作りたい。



    自分の手から、相手の手に渡り、
    それが大事にされているということ。



    誰かの一日の終わりに、
    ぼ~っと眺めて、
    多少の癒しになれる
    そんなアクセサリーを
    作り続けていきたい。



    ピアス11




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード