• 2015.05.02
  •   植物に語る




    暖かくなってきて、時間が空くと
    ホームセンターで植物を探す。



    玄関前に何かシンボルになるような
    涼しそうな木が欲しくて、
    先日いないホームセンターへ。



    普段、気に入った植物を見つけると、
    その場でネットで検索し、情報収集。



    今回は、



    「植物に詳しい店員さんを呼んでください」



    と、お願いし、若い男の子が登場。



    親切になんでも答えてくれる。
    こんなホームセンターにも、
    植物の専門家がいるのだと感心。



    どこで学んだんだろう。


    就職してから?
    大学で?



    いずれにしても、私の矢継ぎ早の質問に
    嬉しそうに答える彼だった。



    「車まで運びますよ」



    と、さほど重くもなのに、
    これまた親切に一緒に車まで歩いてくれた。



    その後は、その木、シマトネリコに合う
    テラコッタの植木鉢を買うために、別のホームセンターへ。



    このお店、店の外に無造作にあらゆるサイズの
    イタリアから輸入したテラコッタ・ポットが置いてある。



    これが、かなり安い。



    他のホームセンターと比べ、破格の値段。



    なので我が家はいつもここで購入している。




    今回は、かなり大きい鉢を買い、レジに持っていく。



    店員のお兄さんがバーコードを通し、




    店員: 「あれ?」



    「どうしたんです?」



    店員: 「表示価格とバーコードが違うんですよ。」



    見ると、1480円と書かれていたのに、
    バーコードを通すと980円と表示される。
    セールになっているわけでもない。



    店員: 「時々あるんですよ、こういう間違い。」




    「あら、じゃあ、どちらが正しいの?」




    店員: 「バーコードで980円って出てるから、
          こっちでいいっすよ。別に僕は構わないんで。」



    笑いながらそう言う。



    「あら、ウレシイ。じゃ、もう一個買うわ。」



    と、調子にのって2個購入。




    帰宅後すぐに植え替えた。



    ガーデニング07



    植え替えながら、シマトネリコに
    話しかけている自分に気づいて可笑しくなった。



    「元気に育ってね。ようこそ我が家へ。」



    もう十数年前、観葉植物の大好きな母が、
    自分は毎日植物に話しかけるのだと、
    そして、植物も返事をするのだというような
    ことを言ったことがあり、


    「フン」と、鼻であしらったのを思いだした。



    自分が植物を育てるようになり、
    今、同じように植物に語り掛けている。



    枯れそうになると詫び、
    水遣りをすれば、それらが
    活き活きと水を浴びる姿に、
    生命を感じる。



    不思議なものだ。



    バラたちもまた、活き活きと
    毎年どんどんと成長してくれている。



    ガーデニング09



    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード