• 2015.01.25
  •   進展しない状況


    夜中に人質の1人、湯川さんが
    殺害されたニュースが飛び込んできた。


    恐れていた展開。



    日付が変わろうとする頃、ニュース速報を知り、
    その後眠れなくなり、ずっとパソコンに向かっていた。



    湯川遥菜さんが書いていたブログにも辿り着き、
    彼が書いていたことをずっと読んでいた。



    自分の人生を赤裸々に綴っている。


    経営していたミリタリー・ショップが倒産し、
    借金を抱えて夜逃げをしたり、奥さんの死。



    自殺未遂や、女性として生きようとしたこと。
    テレビで観る彼の顔がいつも高揚しているように
    赤く見えたことも、拘束中にもふっくらとしていたのが、
    彼の書いているように、その自殺未遂後の
    ホルモンバランスの変化によるものなのかもしれない。



    ブログには、本人不在のまま、いまもなお
    批判のコメントが書きこまれている。


    殺害されたことを知ったあとも、
    批判というよりは過激な言葉を使い、
    湯川さんの人格否定をし、
    容赦のない、ひどい言葉を浴びせている。




    ブログの表面には見えない、
    彼なりの苦しみがあっても、
    人は字面だけで判断をする。


    ブログの恐ろしいところだと思う。

     


    湯川さんは以前のブログで、
    自分の過去世についても書いている。



    自分はある歴史上の人物の生まれ変わりだと。




    その人物は処刑され、42歳で亡くなっている。




    今回のことに巻き込まれるよりずっと前に、
    ブログの中で、自分が短命であること、
    生まれ変わりであるその人物が亡くなった
    42歳で自分も死ぬのではないか、42歳を過ぎた
    自分の未来が全く見えない・・・というような
    ことを書いている。


    そして、それが現実となってしまった。





    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード