• 2015.01.22
  •   人質の朗読会




    正月に読んだ本。


    人質の朗読会

    小川 洋子

    人質の朗読会




    読みながら、ちょうど2年前の2013年1月21日、
    アルジェリアでテロに巻き込まれ、人質となって
    殺された、10人の日本人のことを想った。


    そして今、シリアで囚われている、
    後藤さんと湯川さんのことを想う。



    どうか、無事で日本に帰ってきてほしい。



    特定の神を信じない私だけれど、
    ただ、ただ、一個人として、
    無事に2人が帰ってくることを祈る。











    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    無事を祈る

    今日、外国人記者クラブで会見した後藤さんのお母さんが反戦反核を強く訴えた事で、ネット上では非難の嵐ですね。でも私はそうは思わない。あのお母さんの言おうとしている事が理解出来ます。
    世界中で起こっているつまらないいさかいなどもうやめよう、という願いが十分伝わりました。

    お母さんの会見

    くにさん、

    昨日はニュースを観ておらず、その会見のことを知りませんでしたが、くにさんのコメントを見て、検索してみました。

    お母さんの苗字や、孫の顔をみていないことなど、今回の事件とは全く関係のないことを面白おかしく批判しているものをたくさん目にしました。

    こうしたところに、日本の社会の幼さというか、立ち上がる人を引っ張り下ろそうとする卑怯さを感じます。

    お母さんの反核、反戦の部分、マスコミで全然流されませんね。隠しているのでしょうね。

    You Tubeで探してみます。

    東大の名誉教授だったかが、今日、阿部首相の軽はずみな訪問と発言を痛烈に批判していました。まさにその通りだと思いながら聴いていました。
    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード