• 2017.08.31
  •   英国アンティーク家具展





    今朝、昔のPTA仲間のS氏にバッタリ出会い、
    挨拶しようとして口をついて出た言葉が、



    「こんばんはー」




    もうね、我ながら心配だわ。



    朝の10時にこんばんは、なんて。




    回りが笑う中、




    「いやぁ~、僕らが会うのは
    いつも夜だもんね~!」



    と、慰めてくれたけど。






    さて、友人がアンティーク家具展を開催。


    イギリスに直接買い付けに行き、
    入手した素敵なアンティーク家具の数々が、
    築200年の古民家に展示販売中。




    金曜日から開催。


    チラシ06


    今月、来月の期間限定開催なので、
    ご興味のある方はお早めに。



    スポンサーサイト

  • 2017.08.30
  •   カフェ・ボンテンピ






    夏休みも終わり、中学校も月曜日からスタート。




    ということで、私の遅い夏休みが始まった。





    ということで、今日は久しぶりに会う友人と、
    カフェ・ボンテンピでモーニング。




    カフェ131





    このブログでも何度も登場するお店なので、
    特に説明することもないけれど、
    モーニングのコスパの良いお店。




    このお店と、Salonのモーニングはイチオシ。



    カフェ130






    お店の入り口のダッチ・コーヒーメーカーの横に
    置かれている看板。料理に使う食材は
    地産地消、そして無農薬、有機野菜。



    カフェ132




    モーニングの種類も5種類と豊富。




    まだの方は是非お試しあれ。







  • 2017.08.29
  •   ダイレックス、オープン






    松江で2店舗目のダイレックス、
    車で数分のところに先週オープン。




    そろそろ客足も落ち着いたかなと行ってみると、
    まだまだ駐車場はいっぱいで、あちこちに警備員が。




    中に入ってその広さにビックリ。



    噂には聞いていたけれど、確かに安い。
    おまけに田和山の1号店よりずっと広い。




    オープン特価ということで、
    こんなあり得ない価格で
    特上握りを買って帰った。




    食べ物64





    12貫で298円ですと。


    で、これがまた、結構旨い。




    当分、近隣のショップは大変だな。




  • 2017.08.28
  •   トルコ刺繍糸のカラフルピアス






    先日届いたトルコ刺繍糸で、
    早速新作ピアス。



    ピアス44


    ピアス45


    ピアス46





    素材: トルコ刺繍糸、チェコガラスビーズ、真鍮
    長さ: 約3センチ




  • 2017.08.27
  •   アイリス・アプフェル 94歳のニューヨーカー






    週末に観た、ドキュメンタリー映画、


    アイリス・アプフェル
    94歳のニューヨーカー



    アイリス・アプフェル01





    めちゃめちゃ元気がでる。



    若い頃からインテリア・デザイナーとして
    大成功をおさめ、夫とテキスタイルの会社を設立し、
    ホワイトハウスや美術館、富豪の邸宅など
    多くのインテリアを手掛けて来た彼女、
    94歳(2016年現在)にして、ニューヨークのファッションアイコン。



    アイリス・アプフェル02





    各界から絶賛され、リスペクトされる
    アイリス・アプフェルの日常を追った
    ドキュメンタリー映画。



    映画全編、カラフルでポップ。
    彼女が身に付けるファッションだけでなく、
    自宅の中もカラフルな色にあふれている。



    超・高級家具の中の至る所に
    お気に入りのおもちゃ屋や小物が並ぶ。
    それらすべてが彼女の大切なアイテム。



    アイリス・アプフェル04



    アイリス・アプフェル03





    彼女のセンスのすごいところって、
    どんなに高級なブランド服を着ていても、
    わずか数百円のアクセサリーと
    見事にコーディネートしているのだから。


    映画の中でもニューヨークの雑貨店で
    買い物をしているシーンがいくつか出てくる。
    そのシーンの1つで、こんなセリフが。



    「ハーリー・ウィンストンより、
    4ドル程度のアクセサリーに胸が躍るの。」




    今の世の中は断捨離、シンプル、
    ミニマム・スタイル・・・と、
    アイリス・アプフェルのスタイルとは
    真逆の方が好まれているかも。




    好きなもので家や自分自身を飾り、
    お気に入りを見つけたときに
    心躍るって、なんて豊かな生活だろうと思う。


    94歳のアイリスが、茶目っ気たっぷりに
    自分の大好きな小物を手にしている姿を見て、
    私もこんな風に歳を重ねていきたいなぁと再認識。



    ファッション好きな人だけでなく、
    多くの人に薦めたい映画。




    映画の中にはアイリスの粋なセリフがたくさん。



    「毎日無難な事を繰り返すぐらいなら、いっそ何もしなきゃいい。」


    「人と同じ格好をしないのは、自分の意見を持つということ。」








    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード