• 2016.11.30
  •   友人に救われた今朝のスタート






    久しぶりにやらかした。




    スマートフォンの目覚ましを
    セットしていたのに、
    二度寝をしてしまい・・・・・・



    完璧な夢心地の中、
    友人からのLINEが入り、
    その音で飛び起きた。




    「朝早くからごめ~ん!」




    友人からのLINEメッセージ。
    時計を見ると、朝7時



    ゲゲッ!30分も寝過ごしたっ!



    ゴメンどころか、友人に感謝だわ。
    彼女からのLINEが入らなければ、
    あのまま爆睡し、息子たちは学校に遅刻、
    私も講義をすっぽかしていたかも・・・・・・



    ああ恐ろしい。





    その、私の救世主となった友人と
    たまたま、とある中学の部活の熱血顧問の話になり。



    その部活顧問は竹刀を振り回して指導をしていたと。



    いや、昔は当たり前にいたんだよ、そういうの。



    私のブログの読者さんたちは大体、同世代。
    先生に叩かれる・・・なんてのが当たり前にあった時代。




    で、竹刀というキーワードで思い出したことがある。






    中1の頃。



    先輩に戦いを挑むために。




    剣道の試合じゃなくて。





    中学入学と同時に、先輩女子たちから
    すでに目を付けられていた私。



    元々、髪の毛がかなり明るく、
    小学校の頃なんて、ハーフだとか、
    合いの子・・・と言われたり。


    この言葉、今は差別用語か。




    とにかく、群れない、髪が茶色くて目立っていて、
    先輩に挨拶しない私を、なんとかしていじめてやろうと、
    気の強い中2の数人の女子たち
    あの手この手を使い、姑息な手段をとってきた。




    ある時などは、掃除時間に中庭を掃除していた
    私の頭上から、パラパラと2階の教室からチョークが降ってきた。


    次から次へと。



    犯人はわかっている。




    そんなことで悲しむ私ではない。





    私は小さい頃から相当な負けず嫌いで、
    群れて気が大きくなる奴が大嫌い、
    集団でしかモノが言えないヤツも嫌い。

    何より嫌いなのは、いじめをするヤツ。




    そこで、私が何をしたかというと、1つ1つ、
    私の頭上に落とされたチョークを拾い集め、
    それを持って先輩のいる教室まで行き、



    「拾っとけぇ~い!」



    と、怒鳴りながら、撒かれたチョークを全部、
    その教室に投げ返した。




    パラ、パラパラパラ~と飛び散るチョーク。




    その後も、悪質な嫌がらせは続く。



    トイレの壁に、根も葉もない
    中傷を落書きされたこともあった。




    そんな中、ついに私もブチ切れた




    下校時、上履きから外履きに
    履き替えようとしたところ、なんと、




    靴に水を入れられていた。




    これにはもう我慢ならず、
    この、根性の悪い先輩女子
    対決してやろうと、竹刀を持って、
    昇降口で待ち伏せた。




    あの竹刀・・・どこから持ってきたんだろう。
    竹刀じゃなくて、棒だったのかしら。



    今ではそのあたりは定かではないけれど、
    怒り爆発したその出来事はよく覚えている。




    当然、中1の女子が一人で竹刀を持って、
    恐らくすごい形相で昇降口に立っていたら、
    何事かと中学生たちが集まってくる。




    あっという間に人だかりができ、
    ちょっとした騒ぎになってしまった。




    これでは先輩と対決なんてできやしない。



    ヤツはどこにいるんだ。





    そのうち、騒ぎを聞きつけて、担任がやってきて、
    回りを囲んでいた子どもたちはバラバラに解散させられ、
    私はその先生に連行された。




    腹が立ってしょうがないので、
    何故私がそのようなことをしていたのか話した。



    その後、先生はその主犯格と
    思われる先輩も呼びつけ、
    2人してこっぴどく怒られた。




    私は憤懣やるかたない。




    担任の先生は、このままではまずいと思ったのか、
    なんと、その根性の悪い先輩と私を一緒に
    自分の車の後部座席に乗せ、家に連れ帰られた。




    その後はどうなったのかあまり覚えていないけれど、
    あからさまな嫌がらせは減ったのではないかと思う。




    いじめを受けて、悲しくはなかった。


    悲しいのではなく、そうしたくだらない連中と
    窮屈な中学生活を送らなければならないことが、
    嫌で嫌でしょうがなかった。



    早く、こんな程度の低い世界から出たい、
    早く、こんな日本にはおさらばして、
    海外に移住してやる!と当時から思っていた。



    私が穏やかな性格だったら、
    もっと違う解決法があったかもしれないし、
    あるいは引きこもっていたかもしれない。



    怒りや悔しさを原動力として、
    「今に見てろよ」と、へこたれなかったから、
    今の私があるのかもしれない。




    後日談があり、随分と大人になってから、
    その主犯格の女子と、ある場所でバッタリ出会った。




    何事もなかったかのように、
    愛想笑いで「お久しぶり~」
    と、能天気に近づいてくる彼女に、



    「バカか」


    と思った。



    中学時代に悪行を重ねたカルマなのか、
    彼女は大人になってからもまあ、
    人を裏切り、よそ様の家庭を壊し・・・と
    やらかしていたらしい。




    こうした人間は、高校に入った時にもいた。


    高校は高校で、中学時代の私の噂を聞きつけ、
    どうやら入学してくるらしい・・・とマークしていたそうな。



    今でも覚えている。



    入学間もない頃、下校時のこれまた昇降口で、
    教室の窓から2年生の先輩から



    「死ね!」



    と怒鳴られた。




    まあ、どいつもこいつも・・・ねぇ。



    不思議なことに、中学でも女子高校でも、
    1つ上の先輩には煙たがられたけれど、
    2つ上・・・3年生の先輩からは好かれていた。




    高校ではねぇ・・・


    積み木崩しの時代だから・・・



    高1のある時、数人の高2の先輩が集団で
    私の教室までやってきて、いわゆる、
    「しめる」ってやつをしようとしたのか、
    廊下に呼び出され、態度がなってないわ、
    服装がどうたらこうたらと文句を言い始めた。



    何を言われても動じない私に先輩の方があきらめた。





    大体さ、情けないと思いなさい。


    年下の子ひとりに、寄ってたかって
    年上の女子たちが威嚇するなんてね。



    バカバカしい。



    私はというと、後輩たちから慕われていた。


    反面教師で、そうした先輩たちからは
    しっかりと学ばせてもらったからね。





    私はよく、学生たちに自分の失敗談を話す。
    高校の数学で、成績評価で「1」を取ったことや、
    大学受験に失敗したことなど。



    レールに乗っからなくたって、
    夢を追い続ければ、いつかは実現すると。




    しかし、今日のこの話は・・・




    ドン引きされるかもなぁ。




    まあ、また機会があれば話そう。










    スポンサーサイト

  • 2016.11.29
  •   初めての大腸内視鏡検査・・・完結編





    さて。



    アミノインデックスのC判定という、
    恐れていた結果を受けて、ついに腹を括り、
    大腸内視鏡検査を受けることに。



    ポリープが見つかれば、その場で切除されるとのこと。

    恐らくC判定であれば、いくつもポリープが見つかると思う。


    それが悪性の可能性があれば、生検に出されるとのこと。



    財布にはしっかりと、ポリープ切除費用も入れてある。




    本当は、年内の検査日程はかなり詰まっていたけれど、
    麻酔を希望しての検査・・・ということで、
    なんだかわからないけど、優先的に隙間に入れてくれた。


    本来はこの病院では、月・木は内視鏡は行わないらしい。





    検査前日に食べることができるものには
    いろいろと制限があり、面倒なので
    私は1日を通して丸パン2個と塩おにぎりのみ。



    夕方7時までに食事を終え、
    9時にこの3種類の下剤を飲む。


    検査02



    これ以降は、検査まで水以外、口にしてはダメ。




    早朝、7時に病院へ到着。



    早速、またもや下剤スタート。



    検査03




    人の話を総合すると、これがなかなか大変らしい。



    この2リットルの下剤を、
    コップ1杯を15分かけて飲む。



    味は・・・なんとも形容しがたい。



    甘いのか、塩辛いのかわけがわからず。

    ポカリスエットを濃くした感じかしら。



    最初のうちはよかったんだけど、500ml、1リットル・・・
    と、飲んでいくうちに、だんだんと受け入れがたくなり・・・



    本当は飲み始めたらトイレに行きたくなるらしいけど、
    私は一向にその気配がない。


    時計を見ながらだんだんと焦ってきた。



    おかしい。



    普段、私はいたって腸の調子はいいんだけど。



    便秘・・・・・・のはずはないんだけど。



    7時に病院に到着してから、すでに3時間経過。


    持参していった英語の参考書を読んだり、
    看護師の方と時折話をしながら、その時を待つ。




    月曜日は内視鏡検査日ではないということで、
    待合室には誰もいない。ラッキーだ。



    だって・・・



    待合室は・・・・・・



    こんな感じで・・・・・・



    検査04



    ソファーのすぐ前に、4つほどトイレが並んでいる。



    大腸内視鏡検査を受ける人たちは、
    通常、このソファーに待機し、
    ただひたすら、トイレとソファーの往復をし、
    腸内から排泄されたものがほぼ、
    水のような状態になるまで、
    何度もトイレに行かされる。



    しかも!



    看護師に、自分の排泄物を見せて、



    「ん~、あともう少しですね~。」



    なんて、確認してもらうわけだ。




    4,5人は待機しているソファーの
    他の人たちを前に、恥をさらさなければならない。




    想像してほしい。





    数人の老若男女がひしめき合って
    4つのトイレを数分毎に出入りする姿を。





    もっと進化を遂げてくれよ、大腸内視鏡!



    なので、私はこの待合室に、本当に幸運にも
    たった一人でトイレとの往復。


    幸い、3時間半過ぎから、その時が訪れ、
    その後は・・・10回はトイレに行ったでしょかねぇ。



    ちなみに、待合室には内視鏡検査の手順の書かれた
    手引書のようなものが置いてあり、それを見せられる。



    これがまた・・・。



    写真入りなんだなぁ。



    他人さんの排泄物の。




    見たかないわいっ!




    「この写真のような状態だと、まだまだですよ~。」



    なんて、こともなげに指さしながら、
    看護師は説明するけれど・・・。



    ああもうやめよう、排泄物の話は。




    食事前にこのブログを読んだ人、申し訳ない。




    ともかく、お昼直前になんとか滑り込みセーフで、
    内視鏡検査をしてもらう準備が整った。



    看護師が、



    「ポリープ切除をされた後は、1~2週間は
    刺激物やお酒を飲まないでくださいね。

    温泉も入れませんし、重たいものを持ってもダメです。
    食べるものも消化の良いもので。ここにいろいろ書いてあります。」



    渡された紙を見ると、注意点が書き連ねてある。




    「あの~、明日の昼、焼き肉定食食べるんですけど。」



    そうなのだ。次の日に、肉食系女子たちと、
    焼き肉を食べに行く約束をしている。



    「・・・・・よ~く噛んで食べてください。」



    了解っす。



    検査準備スタート。


    右腕には太い点滴針を挿入。
    ここからあとで麻酔が入っていくらしい。


    検査06


    この時点で、腸の動きを抑える薬だといって、
    筋肉注射もされる。これも痛い。



    いよいよ、診察台へ行き、横になる。



    お尻の部分に穴の開いたへんなパンツを吐き、
    心の中で、さっさと麻酔入れてくれや~と呟く。



    医者とは顔を合わせたくないので、
    はっきりとは見ていないけど、
    どうやらイケメン若手医師ではなく、
    おっさん医師だった。




    「麻酔を入れていきますね~。」




    と、看護師。



    鼻には酸素吸入器を付けられる。




    「じゃ、頑張りましょうね~。」



    と、医者が言ったかと思うと、すぐに
    内視鏡が入っていく感触。



    ゲッ。


    入ってきた。




    麻酔・・・効くんか?



    と、一瞬不安がよぎり・・・次の瞬間、




    「はい、終わりました~。」




    は?




    へ?





    えぇぇ~?






    なになに?終わったって何よ?



    「もう終わったんですか?覚えてないんですけど?
    何分たったんですか?ほんとに、終わったの?」




    10分くらいですかね~。」



    な、な、なんと、なんと!




    麻酔が入っていくと同時に、
    あっという間に眠った私。



    嘘でしょう。な~んも覚えてない。




    「10分って・・・あの・・・ポリープ切除は?」





    「あ、ポリープね、なかったですよ~。
    腸も、きれいな腸でね~。医師が、
    次回は麻酔しなくても大丈夫だろうと言ってましたよ。」



    ポリープが無いですと?



    しかも、腸がきれいですと?



    予想外の展開に、ぼ~っと立ち尽くす。





    眠りに落ちてる私には、そんな会話は聞こえていない。



    腸の形状が長かったり、グルグルだと
    カメラを通すときに相当痛いらしいので、
    私の腸は単純なつくりなのか。



    悔しい。



    麻酔でウトウトしながら
    モニターを観るつもりだったのに、
    そのチャンスを逃してしまった。




    それにしてもアミノ・インデックス。




    何だったんだ?C判定




    詳しいことは、2週間後にあのイケメン若手医師の
    診察予約が入れてあるので、そこで説明される予定。




    ともあれ、何だか拍子抜けしたけれど、
    C判定が出なければ、おそらく内視鏡はやっていない。



    いい機会だった・・・と、
    なんでもいいように取る私は思う。




    麻酔を使ったので、2時間ほどベッドに横になり点滴を受け、


    検査05




    その後、迎えに来てくれた友人の車で帰宅。



    夕方、気になったのか帰宅前に電話をしてきた夫。
    ポリープも無かったことを告げると、



    「俺が夕飯なんか考えるわ。」



    そう言って、隠岐牛を手に帰ってきた。



    「よかったですなぁ。今日はすき焼きだ。」




    すき焼きに焼き肉定食。




    大腸さん、いい仕事してくれて感謝。





  • 2016.11.28
  •   初めての大腸内視鏡・・・・・・





    以前、このブログに書いた、
    アミノインデックスなんだけど・・・

    ☆過去記事はこちらから


    結果が出てから、かなり日数が経っているので、




    「あれ、どうなったのかしら」



    と、気になっていらっしゃった方もおられるかと・・・



    ん?いない?



    いや、毎日ブログを読んでくださっている方たちは、
    きっと、その結果も知りたいはず・・・。




    実は。



    衝撃の判定結果が出てしまい・・・




    その衝撃故に、書けなかったという。



    ぶっちゃけて言えば、なんと、
    大腸がんリスク判定が、
    高いリスクである、C判定に



    思い出していただきたい。



    この結果を予測したかのように、ブログは、



    ず~っと避けている、大腸がん検診、
    C判定が出たら行こうと思う。





    で、締めくくられている。




    出ちゃったのよねぇ。




    その日はため息ばかり。



    「私が癌で死んだらどうする?」


    と、しつこく家族に聞き、嫌がられた




    が、立ち直りが早い私。



    すぐに行動に移す。



    個人クリニックでもらった検査データを持って、
    かかりつけの総合病院へ。



    状況説明をすると、医師は




    「私も詳しくはアミノインデックスを知りませんが、
    この結果が出たのであれば、やはり内視鏡を
    されたほうがいいと思います。」



    そんな風に、若きイケメン医師が言う。




    そう。よりによって、イケメンの若手医師




    マジ、ヤダわ~。



    すぐに内視鏡検査の日程を決める。



    心の中で、




    「どうか、当日は別のおっさん医師でありますように。」



    と、願いつつ。




    内視鏡検査を受けるにあたっての
    手順やら、注意点の説明を受ける。



    ま、大体聞いていた通り。



    「痛いのは嫌だ・・・と言う方には、
    麻酔を使うこともできます。」




    うん、うん、これも聞いていた通り。



    夫は、前回検査をした際、甘く見ていて、



    「麻酔はいりません。」



    と言ってしまい、検査があまりに痛くて、
    後悔したと言っていた。



    私の友人にも何人か検査を受けているのがいて、
    麻酔を打たず、まるで出産と同じ痛みだったという人もいる。





    冗談じゃないわ。




    私は長男出産の時、あまりの痛さに、助産師に向かい、





    「もういいです。(お産を)やめましょう



    と、真顔で言い、夫は助産師に廊下に呼ばれ、


    「奥さんを説得してください。
    もうここまで来て、やめることはできません!」


    と言われた。



    あんな痛み、二度とヤダわ。


    一方、麻酔を選択した友人は、寝ている間に終わったらしい。



    当然、即決で麻酔をお願いする。



    麻酔を選択する人はどのくらいの
    割合でいるんですかと訊くと、


    麻酔を希望する人はあまりいないのだと。



    「どうしてですか?」



    なんでも知りたがりの私はさらに質問する。



    1つには、当然、副作用というリスクも起こりうる。
    そして、麻酔をするのであれば、車での来院は禁止。
    検査後も、2時間くらいベッドに休んで帰らなければならない。
    なにやら、お酒に酔ったような状態になる場合があると。


    麻酔をプラスしても、殆ど料金は変わらない。
    けれど、時間が掛かるのと運転ができない、
    という手間が、希望者が少ない理由。




    ぜ~んぜん、平気だもんね。そんなの。



    出産の際も、無痛分娩にしてくれと医者に言ったら、


    「日本では無痛分娩はまず、やりません。」


    と、断られたっけなぁ。





    てなわけで。




    本日、大腸内視鏡検査に行ってきた。



    長くなったので続きはまた、明日のブログにて、詳細を公開。





    つづく。






  • 2016.11.26
  •   サプライズ訪問とソワソワちゃん



    *24、25日のブログも更新しました。



    夕方、隠岐在住の若い友人が自宅にやってきて、
    サプライズ・プレゼントをしてくれた。



    プレゼント01


    私の大好きな人形、ソワソワちゃん。



    入院中、見舞いに来れなかったから・・・と、
    わざわざディオの写真を作家の方に見せて、
    オーダーして作ってくれたらしい。



    プレゼント02



    しかも、作家の方からのお見舞いメッセージ付き。




    この若い友人からは以前にも
    同じ作家さんの人形をプレゼントされた。


    プレゼント03



    ブログにも書いたけれど、この人形、
    普段は全く人形なんて関心のない夫が、




    「なんかかわいくて、どうも気になる人形」



    と、夜に一人で棚から出して、
    掌に乗せてみたらしい。



    決して、かわいいもの好きの夫ではない。



    なにか、不思議なエネルギーを感じるらしい。



    私も同感。



    もらった時から感じている。




    若い友人のやさしさと、作家さんのエネルギー、
    2人からの愛情エネルギーをもらった。




    感謝。



  • 2016.11.25
  •   カレー専門店 スパイス






    先日・・・と言っても先月だけど。



    数年ぶりに行ったお店、スパイス


    カフェ61


    カフェ62


    カフェ63



    毎週、土曜日になるとブラタモリが放送され、
    1週間が過ぎたと実感するんだけど、
    1週間が過ぎるのがあまりに早くて恐ろしくなる。



    ブラタモリを観ると、怖くなる。



    1週間・・・早すぎだよ。




    スパイスも・・・・・・。



    数年間もご無沙汰していたなんで。




    店の店主はすごい。




    「お久しぶりですね~、アクセサリーを
    作っておられる方ですよね?

    数年前にも、新聞に出てましたよね?」




    すごい記憶力。客商売の鑑だわ。



    ここの店主も息子さんも、いつも陽気。
    2人を見ていると、ホンワカとしてくる。




    久々のカレー、やっぱり美味しい。



    カフェ64




    そしてこの、巨大な手作りナン。



    カフェ65




    デザートもかなり種類が豊富で、
    ランチセットを頼むと、お得な値段で
    プラスすることができる。



    今回は、チャイとともに、チーズケーキ。

    カフェ66




    このカレーは、やっぱり自宅では作れないおいしさ。




    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード