• 2016.03.31
  •   おもかげ復元師  笹原 留似子





    K2との古本屋巡り。



    今日で5日連続。



    今日のK2、マンガ本に加えて、
    北朝鮮に関する本を2冊、



    「お母さん、これ買って。」


    と持ってきた。



    北朝鮮駐在体験記だったかな。



    K2の関心事・・・・・・よくわからん。




    私はと言えば、脚立にのらないと
    手が届かない場所にあった、
    笹原留似子の本、


    おもかげ復元師を購入。



    本11



    一昨年、この方の書いた別の本、


    おもかげ復元師の震災絵日記を読んだ。

    ☆過去記事はこちら



    絵日記の方は文字通り、
    絵を中心に亡くなられた方への思いが
    短い文章で書かれている。



    こちらの本はさらに詳しく、亡くなった方々への思い、
    復元師として出会った遺族の方々との繋がりも書かれている。



    亡くなった後の遺体・・・それがどんな状態で
    亡くなられたものであろうと、生前の姿に戻し、
    遺族の方々とともに送り出すこと。



    その意味を考えさせられる本だった。





    父が亡くなった時。




    私は納得した送り方をしただろうかと、
    この本を読んで初めて深く考えた。




    棺の中の父に、




    私は触れることすらなく、
    さよならを告げた気がする。




    笹原留似子さんのような
    復元師の方の手で
    送りだせていたらと思う。



    スポンサーサイト

  • 2016.03.29
  •   おうちカフェというやつ。






    今日は友人のスティーブンと、
    外でランチ・・・ではなく、
    我が家でおうちカフェ風ランチ



    食べ物01



    作ったのは、キッチンおかだのサンドイッチを
    真似て作ったササミのシソドレッシング風味。


    サラダはアボカドとサーモンのダイスに、
    パクチーソースをかけて。


    食べ物03



    ヨーグルトにはたっぷりのフローズン・フルーツ。


    旨かった~。




  • 2016.03.28
  •   春休みの過ごし方






    K1は春休み中も個人授業を毎日受けている。



    K2はというと、春休み中で、
    いろいろあって部活をやめているので、
    毎日自宅でゴロゴロ。



    時間差でお昼ご飯を食べるので、
    お弁当を用意しておくことも多い。


    3人分のお弁当。

    中身は・・・しょぼいので写真なし。

    食べ物23


    部活もなく、友人たちと出かけることもないので、
    春休みに入り、毎日のようにK2と古本屋めぐり。



    買うのはマンガだけど。




    私もあちこちの古本屋へ行っては本を物色。



    今日は久しぶりに2人でオフハウスを覗いてみた。


    激安の古着の中から、好みの服を発見。



    服03


    しかも、216円。



    服04


    ミシェル・クランだから、数千円はしただろうに。




    こちらはもっと激安。


    服01



    なんと108円。


    服02



    鮮やかな光沢のあるターコイズ色。


    着る人あまりいなさそうで安くなったのか。



    でも、これだけ目立つ色なので、
    着て歩いたら、古着として処分した
    ご本人さんにすぐわかってしまうだろうなぁ。












  • 2016.03.27
  •   青春18きっぷ





    旅好きの夫、少し前に、
    青春18きっぷなるものを購入したらしく、



    「早く使ってしまわないと、有効期限が過ぎる」



    と、先週末、今週末と一人旅にお出かけに。



    元々大学時代はバックパッカーとして、
    アジア中を回ったほど旅好きで、
    シルクロードではぶっ倒れて現地の
    病院へ救急搬送されたこともあるらしい。


    そしてまた、日程や公共交通機関の
    時間を調べてプランを立てるのも大好きらしく、
    2年前まで毎年アジアに家族旅行に行っていた時も、




    「この人は現地人か?!」




    と思うほど、初めての町でもすでに
    公共交通機関を把握し、
    わきめもふらず、さっさと地下鉄やら
    バスやらフェリーやら、先頭を軽快に歩いて行く。



    私とは真逆。



    ずぼらで出不精な私は、乗り継ぎの電車が
    どうのこうのと考えるだけでストレス。



    なので、青春18きっぷが何なのかもよく知らず。



    なんで55歳のおっさんが青春?と。




    もともとは若い人たちに長距離で電車を使った
    旅をしてもらいたいと、JRが格安な切符を
    使用期間限定で販売しているものらしい。



    しかも、その名と違い、年齢制限はないとのこと。



    普通列車料金で乗れる列車に、一日乗り放題。

    5回(人)分がセットで\11,850。


    かなり安い。


    長男を誘うも行く気はないようで、
    一人で行くことにした夫。



    夫の不在中、義父から電話が入る。


    青春18きっぷで旅行中と告げると、




    「青春だと?いい歳して青春も何も・・・」




    と、私と同じようなリアクション。





    先週末は津和野までの日帰り。



    そして、昨日は香川までの一泊の旅。



    普通列車に揺られて数時間・・・・・・


    好きな人にしかわからないんだろうなぁ、楽しさは。



    旅の途中、電話があった。




    「オリーブ油の化粧水と乳液、どっちが欲しいや?」




    「買ってくれるかね?う~ん。どっちもだな。」



    ダメだ。高いからひとつにして。」



    チッ。 




    まあいいや。



    基本、髪の毛ですら固形石鹸で洗い、
    風呂上りにも化粧水すら一切つけない私だし。





    今晩帰ってきた夫、早速カバンから取り出す。




    お土産02



    風呂上りにつけてみると、
    これがなんともしっとり。



    これからは真面目にお手入れしようかしら。うん。





  • 2016.03.25
  •   ケリー・クラークソン Piece by Piece






    アメリカン・アイドルもこのシーズン15が
    ファイナル・シーズンとなるらしい。


    そこでゲストとして、シーズン1の優勝者、
    ケリー・クラークソンが久しぶりにステージへ。


    現在妊娠中の彼女、6歳の頃に両親が離婚し、
    父親に見捨てられた思いと、今の夫、子どもたちへの
    愛を歌った曲、「ピース・バイ・ピース」を披露。



    途中、感極まって涙で歌えなくなり、
    審査員のジェニファー・ロペスも
    キース・アーバンも涙・涙。



    子どもの頃に深い心の傷を負い、
    結婚し、家族を持ち、少しずつ「ピース・バイ・ピース」、
    心の傷が癒えていく・・・



    わかるなぁ。






    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード