• 2016.01.31
  •   バイマー・ヤンジンさん再び






    今日は予定通り、松江市PTA連合会主催の研修会へ。


    ヤンジン01



    今日のメインの講話はチベットの声楽家、
    バイマー・ヤンジンさん。



    ヤンジン02



    そう。一昨年の日本PTA連合の中国ブロック研修会で、
    岡山でお会いして、そのお話と素晴らしい歌声に
    感動して涙したあのバイマー・ヤンジンさん。

    ☆バイマー・ヤンジンさんについての過去ブログはこちら



    お話の内容は過去ブログにある通り、
    彼女の生い立ちから今に至るまでのお話。


    また同じ話に涙してしまった。



    そしてあの歌。


    あの、チベットの大地に響き渡るような歌。



    ずっと欲しかった子どもを、結婚12年目にやっと授かり、
    その後の子育てで悩むこともたくさんあったという。


    息子さんが生まれた直後、なかなか泣き止まない息子に
    困り果てていたヤンジンさん。そこへ看護師さんがやってきて
    息子をあやした途端、泣き止んだ。


    あれだけ泣いていた息子が、どうして
    看護師さんが抱っこした途端、
    泣き止んだのかと尋ねたところ、


    「産んだだけでは母親にはなれませんよ。」



    その時はその言葉に腹が立ったのだと。


    でもその後、子育てをしながら気づいたこと。



    人間は、日々の経験を通して、
    少しずつ親になっていくのだと。



    どんな人も、急に親になるわけじゃない。



    いろんな葛藤があり、反省し、学び、
    毎日、少しずつ、少しずつ親になるのだと。


    ヤンジン03


    スポンサーサイト

  • 2016.01.30
  •   死神の精度  伊坂幸太郎





    伊坂幸太郎好きのK1から、面白いから
    読んでみろと渡された本。


    死神の精度  文芸春秋出版
    伊坂幸太郎


    本07



    主人公は、人間の姿をして、人々の前に現れる死神。


    彼の仕事は、上司から指定された人物の元へ行き、
    1週間、その人物を「調査」したのち、可否を下す。


    死神も階級社会だというのが面白い。



    「可」はつまり、予定通り8日目に死が訪れる。

    死神の報告書が「否」であれば、死は免れる。



    物語は6つの異なる時代と場所の6人の
    ストーリーで構成されている。
    (ネタバレになるのであまり書かないことにする)



    よくまあこんな発想を思いついて小説にしたもんだ。


    ある日、知らないうちに人間の姿をした死神が
    側にやってきて、こっそりと、私が1週間後に
    死ぬべき人間か否かを査定するなんぞ・・・ああ恐ろしい。




    これ、映画になったら面白いだろうなぁと、
    それぞれの主人公を頭に思い描いていたら、
    とっくに映画化されていたようだ。
    邦画を観ないから知らなかった。



    余談だけど、以前出会った外国人から、
    その方のお母さんが亡くなる前の
    家族の集合写真だ・・・と言って
    写真を見せてもらった時の事。



    ニコニコ笑う家族たちの真ん中に
    そのお母さんが写っていたけれど・・・




    写真を見て背筋が凍った。



    そのお母さんの身体の中心にはくっきりと
    しゃれこうべが写っていた。 





    見た瞬間、「死神だ!」と感じたけれど、
    写真を見せてくれた本人は全く気づいていない・・・・・




    私にしか見えてないのか・・・?  




    怖すぎて言葉も出ず、しかし周りを見ると
    その場に一緒にいた友人たちは普通に談笑している。




    恐る恐る、一緒にいた、その方面
    パワーを持っている友人に聞いてみた。




    「あの写真・・・写ってませんでした・・・?ガイコツが・・・」




    「うん。写ってたね。」




    なんで~!そんなにさらっと言える~?! 




    私なんて恐怖で写真から目をそらしたのに。




    本のレビューとは全く関係ない話になってしまった。





    私の死神体験。




  • 2016.01.29
  •   復刻版 フラワーモチーフのショートネックレス






    久々に目にしたら、また作りたくなったので、
    もう6,7年前に作っていたフラワーモチーフの
    ショートネックレスを再度制作。



    カラフル。




    何年たってもカラフルで。


    ネックレス31



              本日のスィーツ            


    K2の誕生日➡クリスマス➡K1の誕生日➡夫の誕生日・・・

    冬にケーキの出番が多い我が家。
    今回はこじんまりとクロードのフルーツタルトで。



    スィーツ51



  • 2016.01.28
  •   行ってきました の・ような似顔絵店・3





    仕事が終わったその足で、初日の今日、
    楽しみにしていた鐘築さんの似顔絵展示会へ。



    似顔絵03



    似顔絵02


    数年ぶりにお会いする鐘築氏は、
    以前と全くお変わりなく、ダンディーな方。


    似顔絵01



    鐘築氏は自己流で似顔絵を始められ、
    そのため型にはまることなく、
    それぞれの有名人の特徴をつかみ、
    いろいろなタッチで描かれている。



    面白いのが、似顔絵が切り絵になっているということ。
    よく見ると、細かい切り絵が何層にも重なっている。



    そして、何より私が好きなのは、その色使い。
    2人で色彩談義で盛り上がった。



    普通ならあまり合わせないかな・・・という色を
    インスピレーションで重ねていくとのこと。



    似顔絵04



    似顔絵05




    以前お会いしたときには、
    まだ公務員をされていて、
    去年、退職されたとのこと。


    今後はさらに似顔絵制作の範囲を広げ、
    結婚式のウェルカム・ボードや
    似顔絵ゴム印なども受注制作される。



    ご興味のある方はご一報を。



  • 2016.01.27
  •   の・ような似顔絵店3 鐘築 等





    今日はお知らせをひとつ。


    明日28日から31日まで、中電ふれあいホールにて
    似顔絵師・鐘築 等氏の作品展が開催されます。




    鐘築氏との出会いは2009年。

    その時のことは、過去ブログで。

    ☆鐘築氏との出会い



    今回、鐘築氏のことを自分のブログ内で検索していたら、
    なんと、鐘築氏は5回もこのブログの記事に。


    ブログの検索フォーム欄に、「鐘築 等」と入力すると、
    過去記事がたくさん出てくる。



    とても優しいお人柄で、過去記事にあるように、
    私の作品展にも来てくださった。


    彼の作品はDMを見てもわかる通り、
    本人たちとソックリ。見事としか言いようがない。



    どなたでも自由に入場できます。
    是非、原画を見る機会をお見逃しなく。



    DM01.jpg




    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード