• 2015.05.31
  •   言葉の暴力! ヘイトスピーチを許さない 島根県民集会




    昨日は、「ヘイトスピーチを許さない 島根県民集会」に参加。



    ポスター01



    ヘイトスピーチ03



    予想していたより多くの人が集まり、
    中には現職市議や県議、
    アムネスティ代表の方々の姿も。



    今回、基調講演をされたのは
    衆議院議員であり、ジャーナリストの有田芳生氏。


    ヘイトスピーチ01



    話を始められる前に、
    日本の各地で行われている
    ヘイトスピーチの様子を撮影した
    10分少々のビデオを流された。



    日頃、松江に住んでいると
    まず目にしない光景がそこにあった。



    日本人が、在日の方々に対し、
    憎悪に満ちた言葉を浴びせている。


    「死ね」「殺せ」・・・・・・在日だというだけで、
    ここまで人を憎むことができるとは。



    映像の中には、わずか14歳の女の子もいた。


    警察を相手に、在日コリアンを
    大虐殺すると叫んでいる。



    観るのも聴くのも嫌悪感でいっぱいになり、
    途中で耳をふさぎたくなった。



    水を打ったように静まり返った会場のあちこちで、
    何度もすすり泣いている人たちの姿があった。



    これが現状なのか。



    これほどまでに、今の日本には
    人種差別がはびこっているのか。



    在日の方々は、我が子がこうしたヘイトスピーチの
    現場に遭遇しないように、常々ネットなどでデモの日程を調べて、
    何とか子どもたちを傷つけないようにしているのだという。




    「ヘイトスピーチは、「憎悪表現」ではないのです。
    それは、「差別・扇動表現」と訳されるべきです。

    ヘイトスピーチは暴力そのものです。
    心に突き刺さるものです。

    言葉によって、人間の尊厳を損ない、
    社会的地位を損なわせるものなのです。」


    と、有田氏。



    国連は1965年に人種差別撤廃条約を制定。


    そして、日本はそこからはるかに年月を経た
    1995年になってやっと、加盟をした。


    しかしその後の現在に至るまでの20年間、
    日本は何もやってこなかったのだと。



    国や、各種団体が、ヘイトスピーチなど
    すぐに下火になるであろうと
    真剣に取り組んでこなかった結果、
    今、諸外国も懸念を表しているほどの
    人種差別国家となっている日本。




    この日、在日の立場からということで、
    韓国民団の権 清志(クォン チョンジ)氏からも
    お話を聞かせていただいた。


    ヘイトスピーチ04



    長年、差別と闘い続けてこられた権氏のお話は、
    ここでは書ききれないけれど、
    当事者にしか分からない痛み、怒り、悔しさ、
    それでも差別と闘い続ける強いエネルギーが
    ストレートに胸に響いた。



    私自身は長年アメリカで生活しながらも、
    あからさまな人種差別を受けたことはない。


    メキシコ国境を越えてティファナの町を歩いていると、

    「中国人! 中国人!」

    と、冷やかされるようなことはあったものの、
    身の危険を感じるほどの差別は受けなかった。



    人生で一度だけ、屈辱的な差別を身をもって経験した。


    それは、仕事でドイツへ行ったときのこと。

    ケルン市の駅のプラットフォームで電車を待っている際、
    フォームから今まさに出発し始めた電車に乗っていた、
    ドイツ人の若者が電車から私に向かって唾を吐きかけてきた。



    あまりにも突然のことだったけれど、
    私の顔を見据え、侮蔑の表情をたたえていた
    少年の顔は今でも忘れることはできない。



    日本にいたらまず、唾を吐きかけられるなんて経験は
    ないであろうし、それはドラマや映画の世界で、
    警察に楯突いた犯人が腹いせ紛れにやるようなことで、
    まさか自分がそんな目に遭うなど、想像だにしていなかった。


    電車が通り過ぎた後、やっと我に返り、
    屈辱と怒りで身体が硬直した。


    ネオナチ思想の若者だったのだろうか。



    人生でたった一度だけの経験。



    差別され続けて来た人たちの痛みを
    わかるなどと偉そうにいうことはできない。


    少し前にも、少年法や裁判員裁判についての
    勉強会に参加する機会があった。



    自分にはあまりにも知らないことが多すぎる。



    死刑制度にしても、
    原発問題にしても、
    憲法改悪にしても、
    何もきちんとわかっちゃいない。



    50歳という、人生の大きな節目が過ぎ、
    残りの人生をどう生きるべきか、
    そして、子どもたちに何を伝えておくべきか、
    自分自身に問うている今日この頃。



    ヘイトスピーチ02








    スポンサーサイト

  • 2015.05.29
  •   うんうん



    用事があって、K1の通うサポート校に問い合わせをした時の話。




    このサポート校の母体は全国組織の
    大手教育関連会社。



    フリーダイアルにかけたところ、
    若い女の子が対応してきた。



    電話をした要件を伝えたところ、




    「うん、うん」



    なんと!



    私の話を聞きながら、



    「うん、うん」



    と、相槌を打ってきた。



    ついつい口を出たのかなと思い、



    「うん、うんって・・・・・・」



    と、やんわりと笑いながら釘を刺したけれど、
    当の本人、何を注意されているのかわからないようで、




    「ん?」



    その後も、私がしゃべるたびに、




    「うん、うん」


    どうも鼻につくので、



    「あのね、うん、うんって返事はないでしょう?」



    ようやく分かったのか、



    「あ、はい。」



    それでも、



    「大変失礼しました」



    「すみません」


    そんな言葉もない。



    コールセンターで働くアルバイトだろうから、
    K1の通うサポート校の職員でなはく、
    注意をしたところで、どれだけ改善されるかわからない。



    よっぽど、



    「あなたの上司に代わって」



    と言おうと思ったけど、
    側でK1が聞き耳を立てていたのでやめた。



    以前、同じような状況で、あまりにも態度が悪い
    オペレーターの若僧に注意をして、



    「上司を出しなさい」


    と言ったところ、逆切れされてとんでもないことになった。




    そのアホな若僧は、電話口で注意されたことにブチ切れ、
    その翌日の朝まで、嫌がらせの電話をかけて来た。



    この、「うん、うん」の相槌は、
    実は2か月くらい前にも、
    とある病院の事務職の年輩女性にもやられた。



    こちらが丁寧に敬語で話しているにも関わらず、



    「うん、うん」


    と言ってきたものだから、
    その時も私は不快感をあらわにして



    「うん、うんはないんじゃないですか?」



    と、注意した。



    さすがに年輩の方らしき声だったので、
    すぐにこちらの不快感を察知して
    その後は丁寧な口調に変わられた。



    こうしたことは、病院ではよくありがちのように思う。



    私の父は、末期がんで入院していた時、
    看護師たちが、父に対してまるで
    子どもをあやすような言葉で話しかけるのを
    非常に憤慨していた。



    病院や介護施設でよく見られる光景だけど、
    高齢者に対して、ため口や子どもに
    話しかけるように話す看護師の姿を見るにつけ、
    なんかおかしいんじゃないの?と思ってきた。



    「タメ口」と「思いやり」はなんの関係もない。



    多くの人には気にならないことなのかもしれないけど。



    私は、そもそも「タメ口」というのが大嫌い。


    敬語の中にも、時々軽い口調を織り交ぜることはあるけど。



    「タメ口」は、親近感の表れだとは思ってない。



    誰に対しても一本調子で、「タメ口」をきく人は、
    実は、相手や状況にによって話し方を変えるという
    言葉をあやつるセンスのない人だと思う。


    ま、これは勝手な私の持論だけど。




    ともかく、


    「うん、うん」


    はよろしくない。





  • 2015.05.28
  •   Best ships are friendships





    現在、スカパーでシーズン2が放送中の
    ブラックリストの中のセリフから。


    images.jpg





    ”There are good ships and wood ships,
    ships that sail the sea,
    but the best ships are friendships,
    may they always be!”




    「海にはよい船もいれば、木の船もいる。
    だが最高の船は・・・”友情の船”だ。
    友情よ永遠なれ」



    元々はアイルランドのことわざらしい。



    ちなみにこのブラックリストの主人公役、
    ジェームズ・スペーダーは、
    年齢を重ねてますます色香の出て来た俳優。


    1986年に公開された映画、
    「プリティ・イン・ピンク」では、
    鼻持ちならない金持ちの
    高校生役で、強烈な印象を与えた。



    あの映画の中で、主人公の女の子が
    ピンク色のカルマンギアに乗っていたのが
    めちゃかわいくて、その後私も
    カルマンギアを愛車にして乗り回していた。




    20091113103126a24_20150530002953907.jpg


    ああ懐かしい。






  • 2015.05.27
  •   「ヘイトスピーチ」を規制する法律制定に向けて国会への意見書提出を求める 島根県民集会





    いよいよ明後日にせまった、
    島根県民集会。



    基調講演は有田芳生



    絶対行かねば。



    ポスター01


  • 2015.05.25
  •   ご縁




    暑くなってきたので毎日、
    夕方の水遣りが欠かせない。



    で、水遣りをしていると毎日、近所の喫茶店の
    常連さんが通りかかり、一言二言ことばを交わす。



    この常連さんのことは数年前にもブログに書いた。



    この借家へ引っ越してきた3年前。



    うちの斜め前にある喫茶店のママさんが、



    「Mさんがね、あなたのことを一目みて、
    あれは美穂ちゃんに違いないって言うんだけど、
    あなたの下の名前は美穂さん?」



    突然そんなことを言われて驚いた。



    その男性と私は、中学生頃に会っている。



    私の母が心臓の大手術をしたとき、
    病院へ駆けつけて輸血に協力してくれた命の恩人。




    30年以上たち、バッタリと再会したけれど、
    中学生の時に出会った私を覚えてくださっていて、
    そして引っ越しで荷物を運ぶ私を見てすぐに
    私だとわかったということに驚いた。



    いつも笑顔でジョークをいうMというおじさん。



    こうして夕方になると、他愛もない話を
    一言二言交わして会釈をして別れる。



    何気ない日々の光景。



    ガーデニング04


    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード