• 2014.10.31
  •   島球







    先日、前から気になっていたお店、
    沖縄料理の島球へ。




    しまたま01



    もとフィラメンツというバーだったこの場所。

    若い頃はよく飲みに行っていたなぁ。



    お店のメニューはかなり豊富。


    泡盛、焼酎は勿論のこと、
    料理も郷土料理がたくさん。


    みんなお酒好きということで、
    まずはオリオンビールで乾杯をした後は、
    古酒を飲み比べしていく。


    マスターにお薦めの古酒をどんどん持ってきてもらう。

    しまたま04


    料理は定番のゴーヤチャンプルーも、
    アグー豚の角煮も、どれも美味しかった。


    昔は苦手だった豆腐ようも美味。


    しまたま02


    もずくの天ぷら、これがまた美味しい。
    沖縄のもずくを使用。


    しまたま03



    程よくお酒が回り、マスターに借りたサンシンで、
    楽譜をみながら弾きはじめる2人。


    しまたま05


    その後は、イタガキ君の


    「カラオケ行ってツェッペリン歌おうぜ~」


    の号令で、みんなでカラオケのドロシーへ。



    大体同年代の4人なので、
    ツェッペリンやディープ・パープル、
    ボブ・ディラン、ビートルズ、アバ、
    カーペンターズ、ベイシティ・ローラーズ、
    アース・ウインド・アンド・ファイヤー、
    ビリー・ジョエル、スティービー・ワンダー、
    ボンジョビ、エリック・クラプトン
    などなど、
    ひたすら洋楽を歌いまくり・・・


    しまたま06


    歌い過ぎたせいか、
    翌朝は空腹で目覚めた。




    スポンサーサイト

  • 2014.10.30
  •   花のラリエット






    久しぶりに花のラリエット完成。


    またも冬色ではありませんが・・・。



    フラワーラリエット01


  • 2014.10.28
  •   ブレスレット




    フラワー・ブレスレットのシリーズ、
    新作が完成しました。


    秋らしい色味ではないですが・・・。


    ブレスレット01



  • 2014.10.27
  •   ドーナツの穴





    今月からスカパーのAXNでスタートした、
    ゼロ・アワー 禁断の刻限

    ☆ストーリー詳細はこちら


    エピソード2では、
    FBIに気づかれないように、ヨーロッパへ渡り、
    独自に誘拐された妻を探そうとする主人公。

    協力を申し出る部下に対して、
    決して自分の行き先をFBIに知らせるな・・・と
    念押しをするシーンで面白い表現を発見。



    ゼロアワー01



    字幕では、


    「僕がどこへ向かうか
    FBIには絶対に話すな」





    一見、主人公のセリフとジェスチャーには
    何の関連もなさそうだけど、
    この部分、英語で何と言っているかというと、



    "You tell them exactly nothing about
    where I am going. Inside a donut, got it?"



    この指で丸を作って目で除き込むジェスチャーの部分が、
    上のセリフの、


    "Inside a donut"



    の部分。直訳すると、ドーナツの中・・・つまり穴。




    何を言わんとするかはわかるけど、聞いたことない表現。
    一般的に使われているんだろうか?

    一応調べてみよう・・・と、辞書をひも解いても出て来ない。



    アメリカのヤフー!サイトで検索すると、
    このドラマのシーンを観た、アメリカ人からも
    全く同じ質問がヤフー!知恵袋のようなサイトに出ていた。



    「こんな表現聞いたことないけど、
    これはドラマの内容に関係しているの?
    何かのジョークなの?

    シーンとは何の関係もないように思えるんだけど。
    これって、脚本家の造語?」



    それに対して、何人かの回答が、



    「ドーナツの穴はゼロの形だから、
    それに引っかけて『何も言うな』ってことじゃない?」



    「ゼロの形というより、空洞・・・何もないってことだと思う。」



    言葉はナマモノで、こうして次から次へと
    新しい表現が出てくるので、ネイティブでも
    分からないこともある。


    だから面白いんだな。


  • 2014.10.26
  •   しまねの日本酒まつり




    「日本酒の大きなイベントがあるんだけどね、
    一緒に日本酒飲むってったら美穂の顔が浮かんだのよ~。」



    と、とみ姐さんに誘われて、ホテル一畑へいざ出陣。


    地酒11




    地酒01



    パーティ会場には溝口県知事のお姿も。


    地酒02


    会場は立食式となっていて、
    両サイドには地酒蔵元ブースがズラリ。


    私たちはステージ真正面、
    溝口県知事さんたちの来賓席のお隣。


    地酒04


    地酒03



    さすが日本酒好きのみなさんの集まり、
    会がスタートするやいなや、お気に入りの
    日本酒を求め、杯を持ってブースからブースへ。



    ステージ・パフォーマンスではなんと、
    同じ地区の重鎮の皆さまの姿が。



    地酒05


    地酒06




    同じテーブルの男性に勧められて
    呑んだ奥出雲の日本酒。


    地酒12


    有名な七冠馬。


    地酒13


    地酒14



    とみ姐さんも私も、「これは旨い!」と、
    絶賛したのが、こちら。


    地酒15


    が、この後はもうほろ酔いで、
    どれを呑んでもよくわからなくなり・・・。



    きき酒・・・というより、ただの飲兵衛の集まり。


    地酒10



    地酒09



    地酒17




    地酒07



    パーティの終わりには整理券番号による大抽選会。

    20名くらいの出席者に各蔵元の地酒が当たったけど、
    残念ながら私たちはみんな外れ。


    が、出席者全員へのおみやげも用意されていた。



    地酒16



    4時からスタートしたパーティ。
    お開きになってもまだ夕方。


    その後、2次会、3次会へと続いたのであった。


    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード