• 2012.09.30
  •   島根県PTA連合 広報誌作製研修会






    県のPTA連合主催の広報誌作製研修会に
    参加するため、今日は大田市へ。



    研修会01





    電車の時間が合わず、早目に
    特急電車で向かい、研修会の1時間半前には
    会場となるアステラスへ到着。




    研修会02




    ロビーで時間つぶしに本を読んでいると、
    目の前に英語講座の元・生徒さんが。




    たまたま大田に用事があって
    松江から来ているのだという。





    狭い。







    時間になり、会場へと向かう。



    研修会07




    今回の研修会は写真撮影のノウハウと、
    PTA広報誌の作り方について、
    伝説のカリスマ元・広報部長 嶋女史のスピーチとあって、
    会場が遠方であるけれども、これは聞き逃すまいと参加を決めた。




    研修会03




    研修会04



    後半の小・中学校に分かれての意見交換では
    もう一人、私が敬意を表している方で、
    広報誌コンクール全国入賞を何度か経験している
    亀嵩小学校の若槻氏が進行役に。


    研修会06



    研修会05




    研修会09









    実は研修会が始まる直前、
    もうこのまま寝込んでしまいそうになる
    出来事があった・・・。







    隣に座っておられた、
    6月に行われた県の広報誌コンクール授賞式で
    ご一緒したある中学校の広報部長さんが開口一番、






    「島根県は全国コンクール入賞校、ゼロだったらしいですね。」





    ええ~っ!  





    ・・・・・・





    ・・・・・・





    ・・・・・・





    ・・・・・・まさか、
    こんな形でコンクールの結果を聞くことになるとは・・・。





    何でも、金曜日の夜に知ったらしい。






    あまりのショックに
    机につっぷしてしまった私を見て、





    「あ、聞かれてなかったですか?」





    聞いてないし、
    こんな形でサラッと言われるなんて・・・。





    何だか相手の方も私の動揺ぶりをみて
    申し訳なさそうにされたので、
    私も冷静を繕ったけれど・・・







    正直、脈はあるかな・・・と思ってた。






    県の関係者の方も、
    全国入賞できるだろうと
    褒めて頂いていたので、
    私自身も期待はあった。





    実際、今回の研修会の最初の挨拶でも
    事務局の偉い方が、



    「入賞するだろうと思っていた広報誌が
    入らなかったですし、今回は
    島根県は入賞ゼロで・・・」



    と説明されていた。




    亀嵩小学校の若槻氏も、




    「いやぁ・・・僕もこのニュースを聞いて、
    今日、どんな形で小豆澤さんに伝えようかと
    考えていたんです・・・」



    と、残念がっておられた。



    若槻氏は、私が全国入賞を目標に
    掲げていることをよく知っている。



    タイミング悪く、
    明日発行されるポストイン情報誌、
    ヴィビの表紙のインタビュー記事の中で、
    私が全国入賞を目指していることにも
    触れられている。




    発行前日に結果を知ることとなるとは・・・。 





    ま、いつまでもクヨクヨしていてもしょうがない。



    選択肢はふたつ。



    コンクール全国入賞への目標をここで諦めるか、
    さらにいいものを作って挑戦し続けるか。




    今年度始めに宣言したこと。




    「全国入賞できなければ、
    来年もまた、広報部長をやります!」





    どうやら現実になりそうである。
    スポンサーサイト

  • 2012.09.29
  •   トライスクール ビーズアクセサリー講座






    Y中で行われる年に一度のPTA主催のトライ・スクール。




    ビーズ・アクセサリー講座の講師を引き受けて、
    今年で4年目。



    ストラップに始まり、
    ブレスレット、
    昨年はネックレスときて、
    今年もネックレスを選んだ。




    アロマセラピーや
    ヨガ、クッキングと
    5つくらいの講座にわかれているけれど、
    私のアクセサリー講座は
    時間通りに終わったためしがない。




    それどころか、
    毎年1時間、2時間の延長。




    というわけで、
    今年こそは時間内に終われるようにと、
    比較的簡単なネックレスを選んだ。




    事前にハンドアウトを印刷し、
    全パック、カラー・バリエーションの
    違うパーツをセット。



    トライスクール02




    会場にはアクセサリーのサンプルとして
    自前のネックレスを展示。




    トライスクール01




    今年は20名以上の参加者で、過去最高。
    中には、昨年に引き続き参加して
    くださった保護者さんもチラホラ。



    「楽しかったからまたこの講座を選びました。」



    ありがたいことである。



    トライスクール03





    最初にビーズのウンチクを語り、
    その後材料の説明、そして制作開始。




    まさに真剣そのもので、
    皆さん、途端に無口に。



    トライスクール04




    初心者の方には、簡単なお題とはいえ、
    慣れないビーズの扱いに苦戦しておられる方も。




    それでも無事に時間内に終了し、
    みんなで記念撮影。




    トライスクール07




    作ったネックレスを早速つけて帰られたみなさん。

    トライスクール06




    綺麗なもの、カワイイものは、
    いくつになっても女性を魅了する。



    参加者の笑顔に囲まれて楽しい一日が終わった。

  • 2012.09.28
  •   ガーデニング エスケープ






    やらねばならないことが山積みで・・・





    そうなると、全く関係ないことに
    逃げてしまうのが私の悪しき習慣で・・・





    気が付けばいないのガーデニング・コーナーへ・・・





    次から次へと植物をカートに放り込み、
    気付けばこんなに。




    ガーデニング001



    馴染みのある花もあれば、
    今回初めて買った



    カルーナ・ガーデン・ガールズ
    エクセレントマム・ピコ
    ヘミグラフィス・レパンダ
    ホワイトソルト・ブッシュ
    アベリア・コンフェティ



    なんていう、聞きなれない名前のものも。




    早速寄せ植え開始。



    ガーデニング002



    ひたすら寄せて、



    ガーデニング003



    植えて、



    ガーデニング004



    また寄せて、


    ガーデニング005



    植えて・・・



    あっという間に時間が過ぎて行く。



    こんなことしてる場合じゃないんだけどなぁ・・・・・・

  • 2012.09.27
  •   フラワー・バッグチャーム





    久々に・・・ホントに久々に
    新作アクセサリーです。




    前回、作品をブログにアップしたのは
    いつだったのかしら・・・と
    確認してみると・・・




    8月6日! 




    それ以来、久しぶりの作品です。



    制作再スタート宣言したのに。 





    頭の中にアイディアは沢山あるのですよ。
    そして、パーツも問屋さんからたっくさん
    仕入れてあるのですよ。




    ただただ時間が・・・取れない
    8年近く制作を続けていて、
    今年ほど制作できなかったことはないのです。 




    やっぱり以前のような自分の制作部屋が欲しい。





    いやいや、逆境の中にあってこそ、
    工夫が生まれるもの。

    そのうち、サクサクっと作っていきます。
    何もないところから何かを
    作りあげていくのは得意ですから。





    今回はバッグチャーム。



    フランス製のタッセルと
    花モチーフを合わせました。



    このタッセル、どのカラーバリエーションも
    シックな色調ですが、光沢があり
    存在感たっぷりです。



    花バッグチャーム001







    花バッグチャーム002

  • 2012.09.26
  •   ブルース・バートンのことば






    今日の格言。




    自戒を込めて・・・。





    亡き父が教えてくれたことを思い出す。







    「物事を客観的にとらえられるようになりなさい。」





    まだまだ、行きつ戻りつ。




    It takes a real storm in the

    average person's life to make him

    realize how much worrying he as done
    over the squalls.



    普通の人がその生活の中で、
    にわか雨ほどのことに、
    どれくらい心配しているかを
    気付かせるためには、
    本当の嵐が必要だ。






    ブルース・バートン



    Bruce_Barton.jpg
    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード