• 2010.10.31
  •   YODAの教え






    ここのところ、英語フレーズの紹介をしていなかったので一つ。


    スターウォーズ好きの方はよく知っている台詞。


    マスター・オブ・ジェダイであるヨーダの言葉。


     "Attachment leads to jelousy.
    Train yourself to let go of
    everything you fear to lose." 
     




    「執着は嫉妬を生む。自らの心を鍛え、
    失うことへの恐れを捨てろ」



    う~ん。深い。



    IMG_0980_convert_20101031214651.jpg


    スポンサーサイト

  • 2010.10.30
  •   ドイツからの旅人 ・・・その後






    6月のブログで、ひょんなことから
    ドイツ人の旅行者と出会った話、
    覚えていますか?


    Lost in Japan の過去記事はこちら


    そう。バイクで世界一周の途中で立ち寄った日本、
    その最初の場所である境港でとんだトラブルに
    巻き込まれた、定年退職したドイツ人英語教師の男性。



    その彼から、メールが届きました。



    あれから無事アメリカに行き、
    バイクによる36000キロの世界旅行を終え、
    無事にドイツに帰国されたそうです。



    どうしているかなとは思っていたものの、
    まあ、たった数時間お世話をしてあげただけなので、
    連絡がなくても不思議ではない・・・と思っていたのに、
    帰国の知らせをしてくれたのです。



    人と人との出会いというのは不思議なものですね。



    縁のある人とはこうして再び繋がっていく。



    散々な目に遭った初めての日本だけれど、
    彼はそのアクシデントを受け止めて、
    松江でいい思い出ができたと
    感謝の言葉が綴られていたメール。



    もう一度、交番のおまわりさんたちにも
    ありがとうといいたい・・・と書かれていました。


    数時間だけ共に過ごしたドイツ人旅行者。


    こうして今、メールを書いてくれている。


    それだけで、私も幸せな気持ちになれる。


    不思議なものです。

  • 2010.10.29
  •   島大蔵書フェア






    学生たちが帰ったあとの、私の教室。



    IMG_5456_convert_20101029221312.jpg


    1クラス18名ほどの学生なのにこの広さ。
    教室の3分の2は空席状態。


    前期のときは、1クラスあたり36人平均だったのに、
    恐ろしく狭い教室での講義でした。

    学期が終わると学生が我々講師の授業について
    アンケート評価するという怖い
    システムがあるのですが、


    「もっと広い教室で講義すべきだ。」


    なんて書いていた学生もいました。


    私のせいじゃない、っての。


    私の担当する講義はどれも男子学生が殆どで、
    今年の夏の暑い日には、狭い教室に入った途端、


    ウッ・・・



    となったもんでした。


    今は・・・寒い。  


    学生会館では今日明日、大学恒例の

    蔵書フェア

    が開かれていたので、ちょっと寄ってみることに。



    5000冊の本を破格の値段で販売するとあって、
    すでに沢山の学生や講師でにぎわっていました。


    同じ英語講師の男性は、すでに厚さ10センチはあろうかと
    思われるようなオックスフォード・英英辞典やら、
    その他貴重で高価な本を20冊くらいまとめてお買い上げでした。



    販売といっても、ホントに安い。
    本により、100円、200円、500円の3つの価格帯。


    丁度、本を物色していた法律の先生、H美さんを発見。


    見ると、すでに数十冊の専門書を確保してました。


    「神田あたりの本屋でこの本を探そうと思っても、
    もう今は手に入らないんですよ。これなんて、多分、
    1万円くらいはする本なの。」


    といって、見せてくれた小さな専門書、大学では100円。




    他の講師の方たちが目をキラキラさせて
    本を選んでいるのをみたら、何だか私も
    買って帰らねば・・・と、この3冊を選びました。



    IMG_9360_convert_20101029221332.jpg


    中でも気に入ったのが、真ん中の、


    英語語法大辞典 第4集
    A Dictionary of Current English Usage IV


    これ、英語の語法を質疑応答形式で解説したもので、
    品詞・文法事項・表現等の項目別に、1072項目の質疑・応答が
    収録されています。


    一見、ハードカバーで1500ページにものぼる
    この本、とっつきにくそうですが、中身を見ると、


    'Star Wars'の war は何故複数か

    a lettuce か lettuce か

    「決勝戦」は1つの試合でも finals か

    Teacher Hara には皮肉なニュアンスがあるか

    housekeeper に「主婦」の意味はあるのか


    などなど、ちょっとした質問に学者が
    理論立てて解説をしています。

    読み物としても面白い。



    ちなみにこの本、現在も書店では1万4000円弱で販売されている本。


    私は100円で購入しました。



    重たい本を抱えながらキャンパスを後に、
    次に向かったのはラパン。


    ブログのコメントでおススメしていただいた
    オメガ系油を買いに行ってきました。


    今日買ってみたのはこちら


    IMG_0974_convert_20101029221203.jpg


    油についてはあまり知識がないので、
    これを機会に勉強してみたいと思います。


    気学をやっている友人男性によると、魚油は
    子どものIQを高めるそうな。


    大人は・・・だめか?


    ラパンのお次は、敷地横にオープンした
    キッチンおかだの2号店で、
    ハード系天然酵母パンを購入。


    右は普通のカンパーニュ。
    左はニンジンたっぷりのカンパーニュ。


    IMG_9454_convert_20101029221350.jpg


    IMG_0976_convert_20101029221225.jpg


    金曜日の夜は気持ちがゆったりしますね。


    慌ただしい1週間がやっと終わり。
    明日の朝はのんびりと朝食を食べよう。



  • 2010.10.27
  •   マカロニ&チーズ






    ときどき無性に食べたくなる
    ジャンク・フードの一つがこれ。


    マカロニ&チーズ



    アメリカの食卓ではおなじみの軽食。


    箱の中にはマカロニと粉チーズが入っていて、
    ゆでたマカロニにバターと牛乳、粉チーズを
    加えて軽く炒めて終わり。


    IMG_0040_convert_20101027205805.jpg


    こんな、シンプルな食べ物です。


    年に数回、無性に食べたくなり
    アメリカの食材を販売するネット・ショップで購入します。


    他にもチキン・スープや
    マッシュド・ポテト、七面鳥には欠かせない
    クランベリー・ゼリーやエッグ・ノッグなどなど、


    10月から12月にかけては、
    ハロウィンや感謝祭、そしてクリスマスと、
    アメリカの家庭料理が懐かしくなる季節です。

    七面鳥、食べたいなぁ。

  • 2010.10.25
  •   咳コンコン






    この2週間くらい、咳が止まらず
    夜中も毎晩咳き込んで起きていました。


    どうやら喘息の兆候が出始めたようで、
    さすがに昨晩はしんどくなり、今朝は
    重い腰を上げて呼吸器科のあるクリニックに行きました。


    3年前にも突然喘息の発作が起こり、
    このクリニックを受診したのですが、
    3日後に来なさい・・・と言われていたのに
    姿をくらました私。



    カルテにはしっかりとその時のことが
    書かれているのだからゼッタイそのことを
    言われると覚悟を決めて受診しました。



    「今日はどうしました?」


    「あの~、この2週間くらい、どうも
    喘息気味のようで・・・」


    「2週間?はい、じゃあちょっと診せて」


    と、聴診器をあてる先生。


    「吸って~。はい、大きく吐いて~。
    ・・・・・・もう一度、吸って~・・・」


    音はそんなに悪くないです・・・と言われるのを
    期待していた私に先生は、


    「・・・あのね、喘息気味じゃないよ。
    こりゃ相当重症だわ。
    あなたまた、よく2週間も我慢できたね。」


    毎晩、咳き込んで目が覚めていたと話すと、


    「あのね~、人間、熟睡できないってのは
    どれだけ身体に負担がかかるかわかる?」



    「あ、はい。反省してます。」 



    「あなた、のんきな性格でしょ?
    じゃなかったら、こんなになるまで放っておかないよ。」



    「はい。反省してます。」 (のんきじゃなくて、短気なんだけど)



    「年間、喘息でどれだけの人が亡くなってるか分かる?」


    「あ、いえ。」 (前回も同じこと質問されて、2000人だって知ってんだけど、知ってますって言えない空気)


    「2000人だよ。それを僕らはね、
    1000人になるように頑張ってるんだよ。」



    「はあぁぁ・・」 (でも1000人は死んじゃうんだ・・・)



    「自分で症状を心配する人はいいんですよ。
    一生懸命、治療しようと真面目に通院するなら、
    こちらも治療できる。前回もすぐ来なくなったね。」



    「はい。反省してます。」 (いや、実は別の病院に変えたんだけど)


    「今回は、明日も明後日も来なさいよ。
    はい、じゃ今日は点滴しますからね。」



    「はい。必ず来ます。」 (マジで通院します。今度こそ。)



    というわけでしばらくは通院が続きそう。

    次男K2もここ数カ月、耳鼻科通いが続いているし・・・。

    いやいや、時間がないなどとは言っておれないこの状況。

    真面目に通院します。

    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード