• 2010.04.30
  • ロング・ネックレス

    夏に向けてカジュアルなTシャツに合うロングネックレスができました。



    IMG_0073_convert_20100502134400.jpg


    2,3つ重ね付けしても面白いかも。


    IMG_0074_convert_20100502134437.jpg



    スポンサーサイト

  • 2010.04.29
  • Wikileaks ウィキリークス

    Collateral Murder in Iraq

    ウィキリークス(Wikileaks)が、文字通りleak(リーク)した、
    上記のタイトルが付けられた米軍の極秘映像を観た。


    ウィキリークスは、国家・政府、企業の隠蔽する極秘情報を
    暴き、ネットで全世界に公開し情報共有する目的で
    使命感を持つ、ジャーナリストや反政府運動者、
    コンピュータ技師などにより、
    2006年12月に設立された。


    これまでにも多くのリーク映像や文書を公開している。

    情報提供者の匿名性は厳重に守られていて、
    いまだかつて情報提供者の身元が
    知られてしまったことはないという。



    そのウィキリークスが、4月7日にネット上で公開したのが
    米軍のヘリコプターによる、イラク民間人への
    無差別攻撃の様子をヘリコプター内から記録撮影されていた
    極秘フィルムだった。


    イラク郊外を歩いていて殺害された民間人の中には、
    ロイター通信の記者もいたため、ロイター側は事件の真相を
    究明するために米軍にこの映像の提供を求めたが、
    米軍は一切情報公開をしなかった。


    映像を見れば、米軍が無防備なイラク人を
    砲撃しているのは、明白である。


    音声も残っている。
    兵士たちは戦場で洗脳されつくしているのか、
    まるでゲームのように、軽口をたたきながら
    砲弾を浴びせ、異様なほど陽気に喜びあっていた。


    たまたまた子供を学校へ迎えに行った帰りに、
    車で通りかかった近所の住民も、路上に倒れていた
    ロイターの記者を救助しようとして、犠牲となった。


    砲撃された車の中には小さな子供が二人。


    二人はかろうじで一命を取り留めたものの、重傷を負った。

    父親は子供たちの目の前で無残にも
    ヘリコプターからの機関砲で掃射された。


    瀕死の重傷を負った男性を救助しようとしただけなのに。



    戦車は散乱する死体の上を走行する。
    音声からは、それすらもジョークにする兵士の声。



    言葉もない。



    こうした映像を見て、どんな感想を述べられるというのか。


    どんな言葉もむなしい。
    軽い言葉にしかならない。

    映像を見ながら胸の奥がキリキリと痛くてたまらなくなっても、

    涙があふれ続けて、嗚咽にかわっても、

    どんなに戦争反対・・・と、テレビの前で憤っても、



    むなしい。



    どんな言葉も、重みのないものとなってしまう。


    これが戦争の現実。
    不条理に、罪もない人間が殺され続けている。

    この地球上で。


    劣化ウラン弾によって、幼い子供たちは次々と亡くなり、
    生まれてくる子供たちにも放射能の影響があとをたたない。



    同じ「人間」が、イルカやクジラを殺すなと、
    命がけのパフォーマンスをする。


    子犬が下水管に落ちて閉じ込められたと、
    徹夜の救出作業をする。



    映像の中で、瀕死の子供たちを運び出し救助した兵士は
    上官からその行為をとがめられ、女々しいとなじられ、
    その後、追われるように軍を退役した。


    こうした機密映像や文書を、身の危険も顧みずに入手し、
    ウィキリークスを通じて全世界に知らせ続けているのもまた、
    「人間」である。



    YOU TUBE映像はこちら

    ウィキリークスHP


  • 2010.04.28
  • ハーブの恵み 

    「ハーブの恵み」         


    養命酒製造株式会社から新発売されたリキュールです。

    ハーブ酒1


    中にはこんなに沢山のハーブが入ってます↓
    ハーブ酒2


    口に入れると、フワ~っとハーブの香りが漂います。
    お風呂上りに、身体が温まったときに飲むといいかも。


    食前酒としてもおススメ。

  • 2010.04.27
  • 結婚記念日

    朝起きてすぐに、

    「おお、今日は結婚記念日だったな。」

    と、夫。

    「あ~、結婚して何年になるんだっけ?」

    と夫に尋ねると、

    「13年目」

    と、すかさず答える。


    うちでは、日にちや年数をきちんと覚えているのは夫。
    私はというと・・・・・・こうした記念日にめっぽう弱い。


    というより、あまり気にしてないかも。


    随分昔、夫に


    「知り合ったのって、丁度一年前の今日だったなぁ」

    と言われて、ええ~っ!と、驚いたことがある。


    当然、記念日にこれを買って欲しいとか、
    ここに連れてって~なんていう、ロマンティックなことも
    ぜ~んぜん興味ないし、私からも特別何かをすることもない。


    大体、そんな風に甘える方法を知らん。


    子供たちの星座が何か、とか  
    干支とか、生まれた月の宝石や花言葉、 
    こうしたことはことごとく、覚えるのが苦手である。


    息子たちの生まれた年さえ、何度も夫に確認したこともあるし。

    数字や日付にまつわるものとはどうも相性の悪い私。



    まあ、そうは言いながらも、今日は結婚記念日。
    食事くらいは外で食べよう、
    ということになり、今晩は我が家から
    歩いて1分のところに先週オープンした、
    ファミリータイプのハンバーグ屋へ向かった。


    けん1

    何でも、フランチャイズ・チェーンらしく、
    メジャーなテレビ番組でも何度も紹介されているらしい。


    早速それぞれがステーキやハンバーグを注文し、
    ブログ用に・・・とiPhoneを取り出すと・・・


    動きがおかしいじゃないの。


    充電してきたばかりなのに、
    カメラ撮影しようとすると、フリーズしてしまう。


    何度試みても、フリーズを繰り返すので、
    諦めて食事を終えて帰ろうとした途端、
    iPhoneが動き出した。


    なので上の写真はお店を出るときの、真っ暗な外観。


    そして、料理の写真もないので、一応店の内装を。
    あ、でもここはかなり広い店でこれはほんの一角↓

    けん2

    この店の名前。我が家にとっては親しみを感じる名前↓

    けん3


    ここは、日本ではなかなか食べられないという、
    ベルギーの有名なアイスクリームのバーがあり、
    食事をしたらプラス200円でアイスクリームが食べ放題。

    15,6種類のフレーバーがあった。


    これ、美味しかったですね。


  • 2010.04.26
  • 安眠

    夜、7時半から始まった、PTAの代表委員会。
    9時半を過ぎて帰宅してみると・・・。

    部屋の中は真っ暗。


    ・・・それにやけに静かだし。


    みんな寝てる


    私が出かけて行ってから、
    夫が夕飯の片付けをして、子供たちを風呂に入れ、
    すぐに就寝したみたい。


    次男K2の寝顔をしばらく見つめる。


    赤ちゃんのときと変わらないような、
    お兄ちゃんっぽくなったような。


    すやすや寝ている子供の寝顔は、
    しばらく見つめていても飽きない。


    昨日は久々に激しい兄弟げんかをしていた。
    二人でつかみ合い、転げ周り、
    髪を引っ張り、突き倒し。

    息子たちは生傷がたえない。
    二人とも、顔にくっきりと勲章がある。


    本気でぶつかり合い、罵り合う。
    昨日は家の中のものもたくさんひっくり返った。



    それでも喧嘩が終わって5分もすると、
    どちらともなく歩み寄っていき、
    クスクス笑いながら一緒に何かをしている。


    こういうのが、子供の素晴らしいところなんだろうな。


    子供がスヤスヤと安心して眠ることができる
    世界がずっとずっと続いて欲しい。



    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード