• 2017.12.03
  •   Atelier C. Palette X Serendipity 2人展、無事終了。






    土日に開催した、Atelier C. Palette
    曽田久美子さんとのコラボは無事終了。



    2日目の今日、開場前に準備に行くと、
    階下のCOCHICAから美味しそうな焼き菓子のニオイ。



    土日ともにお天気にも恵まれ、
    いつもの常連さんや、前回の一畑百貨店で
    初めてご購入いただいた方々が再度来てくださったり、
    数年ぶりに会う人たちも。



    そして今回もまた、ブログを読んでます・・・と、
    初対面の方々がきてくださったり。



    コチカ06





    今回、声をかけていただいた久美子さんとは
    笑いのツボが一緒で、開催期間中は
    なんだかしょっちゅう笑っていたし。




    夏からの制作に追われる怒涛の日々も
    ここで一旦リセットしてから来年に向けて
    新たに動き出そうといろいろ思案中。




    今回のコラボがきっかけで、
    カルトナージュという手法を知った。

    久美子さんの使う布地の多くが
    手の込んだ刺繍を施された上質なもの。



    平面だった布が、まるで工作をするように
    型紙を使って切り取られて、ボンドや
    特殊な両面テープなどを使い、
    見る見るうちに立体的になっていく。



    今日は好みの生地を使って、
    ウェットティッシュケースを作っていただいた。




    そのまま食卓に置いておくと、
    おしゃれでもなんでもなく、むしろ
    隠しておきたいプラスチックのケースが、
    久美子さんのカルトナージュで
    こんなに素敵なケースに早変わり。




    カルトナージュ01




    高価な上質生地を使っていただいたので、
    これがウェットティッシュケースだとは思えない美しさ。




    カルトナージュ02




    好きな生地を選んで、オーダーメイドで
    制作していただけるし、自分で作りたい、
    という方には講座も開かれている。



    あっという間の2日間。



    足を運んでいただいた皆さま、
    ありがとうございました。








    スポンサーサイト

  • 2017.12.02
  •   コチカキカクでの2人展、日曜日まで。






    作品展1日目は無事終わり。




    コチカ01




    ありがたいことにたくさんのアクセサリーが
    いろいろな年代の方の元へと旅立ちました。



    コチカ05



    コチカ04



    コチカ03



    コチカ02



    日曜日まで開催しています。
    (*11:00~16:00まで)


  • 2017.11.20
  •   【Serendipity × Atelier C. Palette】  ハンドメイドアクセサリーとカルトナージュ展






    先週までの体調不良から生還し、
    気持ちのよい週明けとなり、
    制作のスピードもどんどんアップ。



    野菜嫌いで肉ばかり食べていた生活を反省し、
    毎日飲み始めたスムージー。



    飲み物04



    苦手な青野菜も、これならジャンジャン摂れるし。





    元気を回復してきたところで、いよいよ
    開催まで2週間を切った、2人展の詳細です。




    【Serendipity × Atelier C. Palette】
    ハンドメイドアクセサリーとカルトナージュ展



    コチカ01




    日程: 2017年12月2日(土)、3日(日)
         11:00~18:00(3日のみ16:00まで)

    会場: コチカキカク(松江市西茶町103 COCHICA2階)
    電話:  0852-65-0488

    ***  Atelier C. Palette ***
    曽田 久美子

    『色々なクラフトを楽しみながら暮らしの中に彩りを…』
    をコンセプトにお教室を中心に活動しています。


    ・Brilliant Art School チャイナペイント本部講師
    ・Brilliant Art School ファブリックアート認定講師
    ・トールペイント教室主催
    ・アロマフレグランスストーン認定講師



    *** ハンドメイド・アクセサリー Serendipity ***
    小豆澤 美穂


    ガラスや布、糸などの異素材を組み合わせた、
    カラフルで個性的なアクセサリー。


    コンセプトは「Viva la Vida」。
    スペイン語で「人生万歳」「人生を生きる」という意味。

    色の持つエネルギッシュなパワーに魅せられ、
    身に着ける色によって自己表現をしてほしい・・・
    そんな思いで制作をしています。




     駐車場および会場までのアクセス 



    駐車場:

    松江市役所は土曜、日曜を「おもてなし駐車場」として
    解放していますので、そちらへ停めてください。


    アクセス:

    市役所から県庁方面へ歩き、
    不動産屋の角を右に曲がり、
    左側の2軒目にCOCHICAがあります。

    加島茶餔さんの斜め向かいとなります。



    皆様のお越しをお待ちしています。




  • 2017.11.01
  •   作品展示会無事終了 感謝・感謝の6日間




    今まで経験したことのない、
    6日間という長い開催期間だった、
    一畑百貨店・クラフト展が昨日、無事終了。




    一畑01



    一畑03




    長い開催期間中、本当にたくさんの
    方々にお越しいただいた。



    その多くがいつも私のアクセサリーを
    使ってくれている人たちやその知人、友人、
    そして私の大事な友人たち。



    他にも、新聞の広告を見て、
    カラフルなアクセサリーが欲しかったと、
    遠方から足を運んでくださった新規の方や、


    ここ数年お会いしていなかった方々、
    息子たちがお世話になった、
    小学校や中学校の先生たち、
    PTAの仲間やその家族。


    島大の現在の教え子。


    そして、今も付き合いの続く、
    かつての教え子のN君は、
    わざわざ関西の就職先から休みを取って
    地元へ戻り、その地元・鳥取から
    お母さんを連れて会いに来てくれた。


    一畑11



    長男の元担任の先生は、
    現在入院中の病院から
    一時帰宅の許可を取り、
    娘さんと会いに来てくれた。


    一畑06


    差し入れもたくさんいただき、
    疲れているだろうからと
    甘い物や栄養ドリンクを
    差し入れてくださった方も。



    一畑19



    一畑16


    一畑17


    一畑18



    下の階では陶芸家の舩木伸児氏の個展。
    21歳の頃知り合った舩木氏とは、
    なんとこの展示会をきっかけに
    30年以上ぶりに再会を喜び合った。



    一畑15



    連日、お客さんの切れ間がない中で、
    あまり言葉を交わせなかった方、
    一緒に写真を撮ることが
    できなかった方たちがほとんど。




    今回驚いたのが、全く面識のない、
    ブログの読者の方たちが、
    何人も会場に来てくださったこと。



    いつものことながら、初対面なのに
    私の日常をよくご存知なのが不思議な感覚。




    ポロが死んだことをブログに書いたので、
    わざわざウサギのぬいぐるみを
    プレゼントに下さった方がいた。



    接客に追われている私の代わりに
    弟がその方から預かったらしい。


    とっさに、「もしや、クロちゃんのときに、
    クロネコのぬいぐるみをプレゼントしてくれた、
    匿名の方と同じ方なのでは!」


    そう思って、弟にすぐ、後を追いかけるように
    頼んで、デパートの6階から1階まで
    探したけれど、時すでに遅し。



    どなたなのか、知るすべもないので、
    このブログを読んでいらっしゃると思うので、
    この場を借りてお礼を言わせてください。




    旧友との久しぶりの再会を喜び合い、
    気の合う仲間たちが集ってくれて、
    ブログの読者さんたちと初顔合わせ、


    若い頃のバイト先の店主や、
    いつも行くベーカリーの店主、
    職場の仲間、息子たちの先生たち・・・



    本当にたくさんの方たちが、
    忙しい中、時間を作って
    私とアクセサリーに会いに来てくれた。


    私のことを姉と慕ってくれる
    人形作家のツクハリこと、純也君は
    新作のぬいぐるみのプレゼントを
    携えてやってきた。彼とは来年、
    2人でコラボ展をする約束をしている。





    一畑04


    一畑07


    一畑08


    一畑05


    一畑09


    一畑10


    一畑14


    一畑13


    一畑12




    ただ、ただ、感謝の気持ちでいっぱい。



    ありがとうございました。


  • 2014.04.21
  •   個展報告・最終






    作品展当日、
    相変わらずケ・セラ・セラの私は、
    ギリギリになって会場到着。




    開場前から並んでいらっしゃるお客さんには、
    WATERWORKSのご夫妻が応対してくださり・・・。




    開場までわずか20分足らずの中、
    皆さんの協力を得てなんとかセッティング終了。




    お客さんたちが中へ入られる直前、
    安来氏にお願いして、
    会場の写真を撮影していただいた。



    アーティスティックな彼が撮ると、
    また違った写真になるから面白い。




    ということで、前後したけれど、
    作品展・最終章は、会場写真で締めくくり。





    レイアウト01


    レイアウト02


    レイアウト03


    レイアウト04


    レイアウト05


    レイアウト06


    レイアウト07


    レイアウト08


    レイアウト09


    レイアウト10


    レイアウト12


    レイアウト13


    レイアウト14


    レイアウト15


    レイアウト16


    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード