• 2017.09.23
  •   友との再会






    *22日ブログ、更新しました。




    高校時代を共に過ごした友人と、
    30数年ぶりに再会。




    年賀状のやりとりは続いていたものの、
    県外に嫁いで行った彼女とは
    会うことがなかった。


    ちなみに、彼女は高校時代の友人の中で、
    我が家に泊まりに来たことがある唯一の人。



    今年、お母さんが亡くなり、
    何度も帰省していた。



    30数年ぶりとはいえ、彼女からの年賀状は
    毎年家族の集合写真だったので、
    先に座って待っていた彼女はすぐにわかった。




    中学や高校の友人というのは不思議なもので、
    どれだけ長い間会っていなくても、
    その時間を感じさせることなく急速に打ち解ける。




    短い時間ながらも、今の生活、家族、
    これまでの人生を一気に語り合う。




    年賀状写真からはとうてい想像できない、
    彼女の波乱万丈な人生の語りを聞いているうち、
    自分の今、抱えている悩みなんて
    何とちっぽけだろうと思えてしまう。




    陽気に、面白おかしく話してくれるけれど、
    渦中はさぞかし大変だったであろうと想像する。




    今回会えるまでには何度か
    彼女から連絡があった。



    けれど、その度に予定が会わず、
    ずっと会えずに今日まできた。




    今回、どうしても会いたかったという彼女が
    その理由を話してくれた。



    「病気をしてからね、人生、いつなにが
    起こるかわからないなって。

    だから、会いたい!って思った時には
    何が何でも会っておかなきゃって思ったんだわ。」





    本当にそうだ。




    またね



    今度是非、



    近いうちに・・・




    そんな口約束をして、
    あっという間に年月が
    過ぎてしまわないように。




                  お知らせ               



    台風の夜、ハートランドでお隣同士になった
    ミュージシャンの方たちのライブ。

    渋い歌声を聴かせてくれます。


    チラシ10



    スポンサーサイト

  • 2017.09.21
  •   意志が弱いのです






    9時過ぎ。




    ウォーキングから戻り、
    乾いた喉を潤すのに・・・




    やっぱり飲んでしまい・・・



    飲み物05



    夜食に息子がカップヌードルを食べるのを
    見ていたら、思わず自分もと・・・・・・


    たべもの01





    せっかくウォーキングしたのに、



    ジャンクを補給。




    いかんいかん。




  • 2017.09.20
  •   パナソニック LEDネックライト






    1年ぶりにお酒を解禁したのはいいけれど。




    晩酌をすると、ウォーキングに行けない。




    ウォーキングに行くと、晩酌ができない。




    どっちを取るか。




    ここはまぁ、ウォーキング、ということで。





    終わった後で飲めばいいし。




    夕方から夜にかけてのウォーキング、
    反射タスキをかけて歩いたこともあるけど、
    すぐに肩からずり落ちる。




    小さな懐中電灯を片手に持ちながら
    歩いたこともあるけれど、これまた面倒。




    最近、いいモノを見つけた。





    パナソニックのLEDネックライト



    ウォーキング11




    首から掛けるので両手が自由で歩きやすい。

    1時間もウォーキングするので、この
    「両手が自由」
    というのはかなり重要ポイント。



    このライト、こんなに小さいのに侮れない。
    しっかりと足元を照らしてくれる。


    そして、前方から来る車や自転車に
    しっかりと自分の存在を知らせることもできる。




    しかもしかも、大好きなターコイズ色。


    ウォーキングがますます楽しくなる。






  • 2017.09.15
  •   Jアラートで飛び起きた






    朝の眠気が一気に吹き飛んだ。




    Jアラート。




    観るとはなしに毎朝ついているテレビ、
    直後から座り込んで観ていた。



    リアリティがあるのかないのか。




    地下へ避難してください、
    頑丈な建物に入ってくださいと
    アナウンサーが叫ぶが、
    かといってビジネスマンの足取りは変わらず、
    学生たちは自転車で学校へと急ぐ。




    戦争は・・・こんな風にある日突然、
    日常が一変してしまうということを
    頭ではわかっていても、
    私たちがいま、まさにその状況に
    いるのだという実感がわかない。



    早朝、庭師さんが来て、
    木の手入れをしてくれている。



    部屋の中ではニュースが流れ続ける。




    目の前の、庭師さんの、のんびりと
    木を剪定する姿と、テレビの中の
    緊迫した状況で頭の中が混乱する。




    ホーキング博士は以前、


    「人類の未来はあと1000年で終焉を迎える」



    と語っていたけれど、今年6月に
    それを大幅修正し、


    「人類に残された時間は、せいぜい100年しかない」



    と、6月にイギリスBBC放送が制作した
    ドキュメンタリーで語っていて、
    世界で大きな反響を呼んだのだという。




    1,000年から100年に・・・。


    温暖化や各地で起こっている戦争や核開発・・・。



    気持ちが沈むわ。









  • 2017.09.08
  •   マレフィセント





    友人が、ディズニーショップで見た途端、
    私の顔が浮かんだと言って買ってきてくれた。



    プレゼント16



    プレゼント17




    光栄です。





    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード