• 2018.02.18
  •   小泉今日子×浜田真理子  久世光彦が残した言葉と音楽



    17日ブログ更新しました。




    島根の誇る歌姫、浜田真理子さん。



    小泉今日子の朗読と、浜田真理子の歌で綴られる
    「マイ・ラスト・ソング」の公演、今年は
    久世光彦氏の13回忌にあたるということで、
    そのステージビルボードライブで
    行われることとなり、それを記念しての
    ふたりのインタビュー記事がこちら。



    ☆ビルボード・ジャパンHPはこちらから



    ふたりが出会ったのは、小泉今日子が
    知り合いのバーで浜田真理子の
    デビューアルバムを聴いて、
    その歌声に大ファンになったのがきっかけ。



    浜田真理子さん、精力的に全国で活動し、
    最近はランチをご一緒する時間もない。



    このビルボードの記事、写真を見ると、
    ん?なんか見たことある・・・と
    浜田真理子さんに昨日確認すると、


    私のネックレスを着けてくれていた。


    友人001
    (写真:ビルボードジャパン http://www.billboard-japan.com/special/detail/2254)



    懐かしい、2014年の作品。



    ガラスネックレス01



    こうして、自分のかつての作品を
    思いがけず目にするのって嬉しい。





    スポンサーサイト

  • 2018.02.15
  •   波乱の2月  パーキンソンの法則は・・・







    仕事帰り、先日オープンしたパン屋に
    また買いに行き、レジで会計をする際・・・




    財布がないっ!



    またやってしまった~。




    こうしたときにお金を忍ばせているスマホケースも





    そういや、前回財布を忘れた時に、
    緊急用の紙幣を使ったんだった・・・。




    幸い、先日のおしゃべりで顔を覚えてもらっていたので、
    後ほど代金を持っていくことにして、メロンパンを取り置き。




    今日は大学の成績評価提出の締めきりなのに、
    夫が車を使っているため、夕方まで動けない。




    なんだかなぁ。




    パーキンソンの法則・・・全然活かされてない。



    でもね。




    2月に入ってから、何とも落ち着かない日々が続き。




    長男K1の進学について。



    何度も夜中に語り合い。



    それもつい先日、先の光が見えてきた。
    詳細は次のブログで・・・・・・。



    スィーツ005





  • 2018.02.09
  •   イギリスから届いたエッセンシャル・オイルとオイル・バーナー






    インフルエンザ予防に最強のティー・トリー。



    自宅で使っていたオイルが無くなってしまったので、
    Amazonで検索していたところ、イギリスの会社で
    アロマ関係グッズが豊富なお店を見つけた。


    しかも、イギリスから直接届くというのに、


    なんと送料無料。



    しかもしかも、オイルがとても安い。



    気になったので、Googleでこの店舗を検索。
    すると、実店舗をイギリスに持ち、世界中へ
    アロマグッズを発送していることがわかり。



    イギリスでの実際の価格をみると、
    Amazonで販売されているものと
    あまり値段に差がない。


    なんてすばらしい。



    そして、この店舗のサイトから直接購入すると、
    海外発送の送料が結構かかることもわかり。



    ということは、Amazonを通して購入したほうが
    断然安いということなんだけど、不思議なからくりだ。



    早速、100ml入りのティー・トリーや
    定番のラベンダー、レモングラスなどなど購入。



    注文をすると、すぐに発送され、
    1週間から2週間で届く。



    今回、10日で商品が届いた。



    アロマ01




    いつもはディフューザーでオイルを噴霧するけれど、
    今回は久しぶりにアナログなオイル・バーナーも購入。


    アロマ03


    ソープ・ストーン(滑石)でできていて、
    重厚感のあるデザインが気に入った。


    特にこの、ろうそくを設置する場所が
    スライド式ドアで開閉できるところがいい。


    アロマ02



    癒される。



  • 2018.02.07
  •   猫も人間も丸くなる





    今週は期末試験。
    これが終われば後期も無事終了。



    大雪の中、早めに家を出る。


    大学に着くと、雪で駐車場の区画が全く分からない。



    何とか車を停めて、試験を終え、
    昼頃駐車場へ戻ると、どれがだれの
    車かわからない位、またも雪が積もってる。



    100均の雪かき棒は数回使っただけで
    ばらばらに壊れてしまい、泣く泣く
    カサで車に積もった雪を払いのけて、
    のろのろ運転で帰途につく。




    寒い中、帰宅。



    が。




    リビングが「吹き抜け」デザインの我が家、



    寒すぎて・・・。




    この借家を見つけたときには、
    この吹き抜けデザインと、
    庭のウッドデッキが一番の魅力だったけど、
    住んでみたらわかることは、
    冷暖房が用をなさないことと、
    ウッドデッキは単なる洗濯物干し場所。





    暖房を入れても全く暖まらない。



    結果、コタツから出られない。




    猫も人間もコタツで丸くなる。


    ディオ016




  • 2018.02.05
  •   第3回 白築組歌会






    雪が降りしきり、一面真っ白な中、
    予定通り、同級生が出演するライブ会場へ。




    ライブ05


    しかし外は真っ白。



    会場となるライブハウス、Mizへ時間通り
    到着すると、すでにライブは始まっていた。



    雪の影響を心配し、早めにスタートした模様。



    音楽教室に通う人たちの発表のこの夜、
    多くのアマチュアバンドが登場した。


    フライヤー04



    ステージと客席が近いので、ステージ上で
    パフォーマンスする人たちの緊張感が
    こちら側にも伝わってくる。



    緊張で声が震える人、ギター演奏を間違う人、
    グループ内での足並みがそろわない人・・・と、
    そりゃあアマチュアだもの、聴いてるこちら側も
    ちょっと冷や冷やする演奏もあったものの、
    やっぱりライブはいい。一緒に行ったミヤちゃんとも
    話していたけれど、音楽ってやっぱりいい。



    そして、聴く側より、演奏する側がいい。



    音楽が好きで、伝えたいことがあって・・・と、
    みんな一生懸命なのが伝わってくる。




    我らが同級生仲間のイタガキ君とタカミ君も
    ステージ上でカッコいいパフォーマンスを披露。



    若いヴォーカルとピアノの女の子たちと一緒に
    ドラムとギターで負けていない。カッコいい。



    ライブ01


    ライブ02




    数あるバンドの中で、飛びぬけてすごいバンドがいた。



    その名も、Syuji and The Jungle



    なんと、ガンズ・アンド・ローゼズのあの、
    ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルをやるとのこと、
    これはもうめちゃ楽しみじゃないか。




    しかし、あのアクセル・ローズの
    高音を出せるなんて、そんな甘いもんじゃ・・・



    演奏が始まる前から、すでに彼らの醸し出す
    雰囲気に、これはただもんじゃないなと思っていたけど、




    演奏が始まってぶっ飛んだ!





    ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルだ~!



    ライブ04




    歳の頃は私たちとさほど変わらないと
    思われるボーカルのSyujiという男性、
    半端ない。どえらい迫力!




    もうね、演奏終わったら隣のミヤケ君と一緒に
    スタンディング・オベーションしたわ。




    久々に聴いたロックの大音量。




    いやぁ~、スッキリした!




    Syujiさんとはステージ後もおしゃべりし、
    ライブ情報なども教えてもらった。





    これだけすごいステージのあとは
    他のアマチュアの方たちもやりにくいだろうけど、
    その後も胸にジンとくる歌の数々。



    還暦を過ぎたある女性の歌った、
    竹内まりやの人生の扉・・・・・・



    聴きながら涙が頬を流れてしまった。



    歌っている方の、その歌詞への思いが
    伝わったのもあったけれど、やはりこの歌詞、
    人生を振り返り、そしてこれから先に開かれる
    扉を想うと、自然と涙が出てしまう。




    ライブの最後は、島根にIターンし
    精力的にライブ活動をしている
    プロ・ミュージシャンの白築純さん。


    今回のライブ演奏者たちの
    ほとんどが、この白築さんの生徒さんたち。




    ガンを患い、そして最近また再発されたという
    白築さんもまた、竹内まりやの歌を歌われた。



    私は彼女の歌を始めて聴いたけれど、
    改めて、島根にはこんな素敵なミュージシャンが
    いるのだと知った。曲名は忘れたけれど、
    この曲もまた、人生で出会った出来事、
    人たちすべてにありがとう・・・という曲で、
    胸が熱くなり、不覚にもまた涙・・・・・・。




    音楽であれ、絵であれ、何かを作りだし、
    それを発信するエネルギーはすごい。
    伝えたいものをもつことの幸せ。


    ライブ06
    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード