• 2017.06.19
  •   後輩





    日曜日。




    あまり商業ベースに乗せられるのは
    好きではないけれど、世間は父の日一色。



    夫の父には以前から準備していた焼酎を。


    夫も・・・私にとっては父じゃないが、
    どうせ息子たちは何もしないから、
    夫の好きな梅酒でも買いに行くか・・・と、
    普段は行かない、橋北にある大型酒販店へ。




    梅酒のコーナーは結構充実していて、
    日本一に輝いたものから、レアなものまである。



    どれにしようかと、しばらく梅酒の棚の前で
    じ~っとしていたら、横に並んだ女性が、



    「あの~、この梅酒のリキュールって
    甘いんでしょうか?」



    振り向いて、女性の手にしているボトルを見て、
    アルコール度数などを説明しようとすると、





    「・・・・・・!先・・・輩?」


    その女性が、ものすごく驚いて訊いてきた。




    ん?
    誰だっけ?




    「あの・・・私のこと覚えてますか?」




    ん~。




    私の苦手なシチュエーション。



    なんたって、少し前だって、
    毎週顔を合わせている事務職員さんに
    スーパーで出会っても、一瞬誰だか
    思い出せなかったくらいボケてるのに、
    先輩・・・って言われてもなぁ・・・




    が、梅酒の棚の前で話を聞いているうちに、
    高校時代の2つ下の後輩だったことを思い出した。




    しかしまあ、よくも私のことがすぐに分かったもんだ。




    35年ぶりだよ?




    彼女の口から思い出話が出るわ出るわ。



    中でも爆笑したのが、




    「先輩と私って、遅刻常習者でしたよね?」




    私たちが通っていた女子高は当時、
    非常に交通の便が悪く、バスの便も少なかった。



    で、彼女はよくバスに乗り遅れていたと。



    遅刻確定となり、バス停でうなだれていると大抵、
    しばらくしてやって来たバスに
    私が悠々と乗っていた・・・らしい。



    「先輩って、学校へ着いてからも
    遅刻してるのに平然と歩いてましたよね。

    私なんて、いかに先生に見つからないように
    教室に入れるかってコソコソしてたのに。」




    確かにねぇ。





    たまに、学校へ行く前に駅の喫茶店でひとり、モーニング食べて、
    それからボチボチ、出勤・・・じゃなくて登校したりして。



    何を考えていたんだろうかね。



    「それにしてもよく私のことを覚えてましたね。」



    そう声をかけると、



    「憧れの先輩でしたから!」



    なんて、ありがたいことを言ってくれる。




    後輩たちからは慕われていたけれど、
    先輩たちからは相当煙たがられてた高校時代。



    中学もだけど。



    昨日の思春期の話じゃないけど、
    まさにシナプスがくっつきまくって、
    前頭前野は未発達で、
    人類の進化を体感していたんだな~これが。




    美味しそうな梅酒を2本購入し、
    「無料ラッピングいたします」
    のサインを見て、お願いすることに。




    しかしだな。



    これをラッピングというのかしら。


    手を抜きすぎじゃない?


    プレゼント16



    特に右のボトル。


    せめて紙のサイズくらいボトルに合わせてって話。





    ディオ11











    スポンサーサイト

  • 2017.06.13
  •   造語誕生

    朝。



    二度寝をしてしまい、
    またも遅刻しそうになり。



    猛スピードで準備をして出掛けたら、
    あら、余裕でキャンパスに到着。




    講師室で同僚たちに、



    「行きますか。」



    と、声をかけると、



    「あら、めずらしくあなた、早いじゃない」



    と。



    いつもギリギリだからねぇ。



    で、仲良く連れだって講師室を出て、
    それぞれの教室へと別れた。



    教室へ入ると、さすがに授業10分前で
    まだ学生は誰もいない。



    一番乗りだわと、皆を待つ。






    授業開始の2分前。






    おかしい。




    なんで誰も来ない?





    教室は静まり返っている。




    クラス01






    ハッ! 




    まさか? 





    またやっちまったか。 






    エレベーターで降りる階を間違った。





    何も考えずに開いたドアを降り。






    結局、自分の教室には
    時間ギリギリで到着。




    なんか・・・つい先日も
    似たような記事をアップしたはず・・・




    こうした注意散漫なミスをすることを、




    「アズキザワる」




    と、同僚のT女史に新語を作られた。





     本日のスィーツ 


    キッチンおかだのアーモンドとクルミのクロッカン。
    (商品名は違うかも)



    スィーツ44




    クロッカンが大好きで、川津のパードレが
    閉店するまでは、あそこのナッツのクロッカンが
    一番のお気に入りで、いつも買いにいっていたんだけど。

    閉店しちゃったもんね。


    最近、キッチンおかだの定番になっているようで、
    大学帰りにいつも購入。


    1個160円と、お値段も手ごろ。



  • 2017.06.12
  •   カンボジア・バンテアイスレイ小学校教育を支援する会





    昨日は、高校時代の
    英語の恩師とご主人が
    立ち上げた支援団体、


    カンボジア・バンテアイスレイ小学校教育を
    支援する会
    の総会に参加。



    イベント36




    恩師、松本先生には高校時代、叱られたものだった。




    英語が好きなくせに、試験勉強を全くしないで、
    いい加減な点ばかり取っていたある日、



    「あなたは実力を出し切ってないっ!」



    と、ひどく怒られたことがある。
    今でも覚えているくらいだから、
    痛いところを突かれて、ギクッとしたんだろう。




    そんな私が、その後留学をし、
    アメリカで仕事をしていたこと、
    現在では大学で英語を教えていることを
    松本先生は大変喜んでくださっていた。




    その松本先生とご主人が、2011年に
    旅行でカンボジアを訪れた際、
    現地の状況・・・特に教育環境の
    整っていないことに衝撃を受けられ、
    そこから現在の支援活動をスタート。



    イベント37



    イベント38



    イベント39


    イベント41



    会員の年会費や、バザー、寄付金をやりくりしながら、
    昨年なども、1年間に7回、95箱もの支援物資を
    小学校へ送っている。



    イベント42



    5年間では、39回、472箱にものぼる。



    物資を輸送しても、実際に小学校のある村へ
    届くのは、2か月かかるのだという。



    この支援の会では、物資を送るだけでなく、
    有志が毎年現地を訪れ、交流をしている。



    イベント40



    その多くが、60代から70代の方たち。




    定年を迎える60代、
    残りの人生をどう過ごすか。




    そんなに先のことではない将来。




    精力的に活動している年輩の方々の
    話を聞き、その姿を目の当たりにし、
    生きるとは何かと考えさせられる。




    自分は老いて、どう生きたいのか。




    総会で、現地での活動報告をする
    人生の先輩方を見ながら、
    自分はどうありたいかと、問いかける日となった。



  • 2017.06.09
  •   コバちゃんリポート





    ここ数日、ブログの閲覧者数が普段より大幅に増えている。




    いたってローカルな話題ばかりのこのブログで、
    何故急に閲覧者が増えたかというと・・・・・・



    これはもう、矢沢の永ちゃんの娘さん、
    洋子さんと元ギター・ウルフのUG君の
    結婚の記事からこのブログに行きついたのだと。




    なんたって、洋子さんUG君結婚で検索すると、
    検索エンジンのトップに出てくるこのブログ。




    いつもならあり得ないでしょ。




    ブログを書いた時点ではほとんどネットで
    書き込みがなかったけれど、結婚披露宴以降、
    ボチボチと結婚話が話題になっているみたい。



    ビッグな永ちゃんの娘さんの結婚、
    もっとテレビでも騒がれてもおかしくないのになぁ。




    先日、興奮冷めやらぬまま、
    東京から帰ってきたコバちゃんこと、
    小林先生から、披露宴の様子や
    その後の2次会での話を聞いた。




    それはそれは夢のような時間だったらしい。




    羨ましすぎることに、2次会では
    永ちゃんの生歌を聴くことができ、
    しかもしかも、コバちゃんは
    永ちゃんの唾が飛んでくるほど
    至近距離にいたのだと!



    聞いてるだけでクラクラするわ。




    結婚披露宴の会場は、
    さすが永ちゃんの家族ということで、
    会場となったホテルのエントランスには
    普通なら〇〇家・〇〇家結婚披露宴
    とかなんとかサインが出ているものだけど、
    一切、案内が出ていなかったと。



    で、ホテルの案内係に誘導されて、
    会場に近づくにつれて、セキュリティーの
    ための方々が会場の回りに配置され。




    さすがビッグな永ちゃん。



    こうして、披露宴の席次表や
    引き出物なんかも見せてもらったけど、
    未だに、コバちゃんがあの永ちゃんの
    娘の洋子さんとUG君の結婚式に
    出席したことが信じられない。



    そして私のアクセサリーが、
    洋子さんの元に届いたということも。



    人と人が繋がっていく、この
    縁というのは不思議なものよね。






     本日のスィーツ 


    コバちゃんからの東京土産の1つ、
    ゴディバのサブレ・チョコレート。




    スィーツ43




    この色合い!



    私が絶対気に入るだろうからと、
    選んでくださったとのこと。



    さすが、よくご存知。


  • 2017.06.07
  •   怒り指数 低下



    夕方、今回の件で病院から電話が。




    「途中経過をご報告いたしますので、
    病院へお越しいただけませんか。」



    苦情を提出したのが5日。



    その日と翌日には医師と衛生士に
    面談をされたとのことで、
    その報告をしたいのだと。



    5、6、7日とまあ、3日連続で
    病院へ足を運ぶなんて、
    我ながらいい加減、笑ってしまう。




    いやいや、内容はいたって真面目、
    改善をしてほしくて日参している。




    夕方1時間半、お2人の管理職と
    お話をさせていただいた。



    現時点では、この病院の迅速な対応に
    かなり私の気持ちも和らいだ。




    今後は患者へのインフォームド・コンセントを
    徹底させることや、医療従事者間の
    共通認識が欠けていたこと、
    今後の患者からのフィードバックを
    より多く集めるための新たな取り組み・・・
    などなど、誠実で前向きなお話をしていただいた。




    結局、この問題の一番根底にあるのは、
    コミュニケーションの欠落。




    反面教師として、私も今回の件で学ぶことができる。




    医者、教員、社長などなど、人は
    指導する立場になればなるほど、
    初心を忘れず、なぜ自分は現在の
    職に就いたのか、常に忘れないでいないと。




    講師と学生だってそう。




    自分の方が学生より知識も能力も上だと
    思いあがって、一方的に上から下に
    下ろすような授業をしていて、
    学生はついて来てくれるだろうか。



    双方から学ぶべきところはたくさんあるはず。




    人を助ける職業の最たるものである
    医療従事者が、いつのまにか初心を忘れ、
    「治療してやっているんだ」と驕りを持つと、
    結果、今回のような言動となっていく。




    その結果、何が残るのか。




    今月中旬に開かれる全体会議で
    私の提出した抗議文が全スタッフに公開されるらしい。




    普通なら、医者に対する抗議文を
    名指して出した本人だと知られてしまっては、
    この歯科で継続して治療をしてもらうことは
    恥ずかしいと思う人も多いかもしれない。




    けれど、私はあえて、通院するつもり。



    歯科の配慮で、担当医師と衛生士は交代となった。
    それでも今後も顔を合わせる機会はいくらでもある。



    気まずい思いをするのは私ではなく、
    当事者たちなのだろうな、と思っている。



    プロフィール

    My Serendipity

    Author:My Serendipity
    英語講師

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード